2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【END SECTOR】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/19(月) 18:19:19 ID:gXTQMG5r

ここでの知名度はどのくらいなんだろう。
98年に発売した究極の隠れゲーム『END SECTOR』。
もしご存知の方いましたら、一緒に語りませんか。


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/19(月) 18:25:41 ID:dL2DIju0
しらん

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/19(月) 18:31:02 ID:gXTQMG5r
ガーン _| ̄|○
やっぱ知名度低いのか……

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/19(月) 23:04:01 ID:xfKT7koE
なんでスレタイがローマ字なんだ

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/20(火) 19:22:49 ID:lUK/V83J
そりゃ、エンドセクターでもいいけども、英語のほうがカッコイイじゃんww

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/20(火) 21:42:37 ID:j5W1iWCb
この板で英字だけのスレはないぞ
検索のしやすさとかも考えて立てろってことだ

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/20(火) 23:57:21 ID:lUK/V83J
>6
そうなのかorz
そいつは悪かった。オレの落ち度だ。スマン。でも、今更立て直したところで邪魔になるだけだよな?

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/21(水) 02:11:17 ID:JbaBMYx8
まあそう落ち込むな
てか、メル欄にsageと入れてくれ

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/21(水) 23:50:27 ID:eOMnpHet
懐かしいなぁ〜サウンドノベルズ+カードゲームってのが、よかた


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/22(木) 04:04:15 ID:u058NL1z
つーかまた落ちた?
もう諦めろ。需要無さ杉

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/22(木) 18:33:33 ID:yrRUn4BS
>10
ごめん。知ってる人がいたので、続けさせて。

>9
ご存知な方ですか! 良かった……なんか、純粋に嬉しい。


12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/23(金) 10:46:45 ID:TelEBjO3
今日でエンドセクターが発売されて七周年。まだ当時の想いが消えていません。なんとしても続編を希望してるんですが……どうにもならない。
自分で続編の内容を考えてたりするんですがw

13 :首領θ鳩 ◆qwTjjMLP.I :2005/09/29(木) 19:23:19 ID:ypaObM/r
>>1
相場とか分かります?
ちょっと興味あるんだけど

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/29(木) 23:46:08 ID:6u0hizTR
>13
価格相場ですか?
中古なら1000円以内で売ってるんじゃないしょうか? best版にもなってるんで、もしかしたらごく稀で新品も発見できるかも?

15 :首領θ鳩 ◆qwTjjMLP.I :2005/10/01(土) 22:38:36 ID:CHWBoBrq
>>14ありがd
1500円では発見出来たけど、もうちょい安めのを探しでみます

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 16:09:21 ID:Ms0CJjAa
1500円かぁ……んー、どうだろう。
1000円以下であるけど、1500円でも買うかもw

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/05(水) 12:10:09 ID:8m4LJFLW
ゲームの内容ちょっと教えて欲しい。
中でもカードゲームせなあかんの?

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/05(水) 16:48:48 ID:6Cc+oSbe
ストーリー上、敵と戦うってときは全部カードバトルだね。
正直、買った当初は普通のRPGだと思ってただけにショックあったなぁ。ゲームにハマッて行くうちに、その考えはあっという間に吹き飛んだけど。

19 :首領θ鳩 ◆qwTjjMLP.I :2005/10/06(木) 19:37:49 ID:DEbXt6Xw
>>14
今日ブックオフで買ったよ。まだ遊んでないけど

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/06(木) 23:57:41 ID:foDm9RmJ
>19
GJ!
今度遊びながら話をしましょw

21 :首領θ鳩 ◆qwTjjMLP.I :2005/10/08(土) 20:44:08 ID:VJ05H+ya
>>20
とりあえずは3章まで行ったよ。
しかし本当にノベル+カードだね


22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/09(日) 00:41:11 ID:L8v/4roA
いま四章かな?
どのタロットマスターと会いました?

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/11(火) 12:32:49 ID:Y3BtBfL+
105円で売ってたのでゲット。
まだ説明書読んだだけだが、イラストレーターがえらい豪華だなコレ。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/11(火) 20:46:35 ID:A8GNntwm
105円って安っ……。
イラストレーターは豪華ですよ、ホント。自分の場合、弘司さんだけで買いましたけどねw
でも、物語も負けてませんから

25 :23:2005/10/13(木) 00:26:44 ID:rMOomszZ
とりあえず1章だけプレイ。
全体魔法で仲魔3体を同時焼却してくる火の精霊の豪快さに惚れた。

このスレの過疎っぷりからしてあまり流行らなかったのかもしれないけど、かなり好印象。
たった105円でこんなゲームを授けてくれたブクオフに感謝。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/13(木) 15:24:43 ID:CRSoqb5Y
自分では売れなかったのは時期が悪かったと勝手に思ってます。
2000年過ぎてから売れば、もっと売れたんじゃないかなって思ってます。ぜひ、楽しんでください。まだ物語りははじまったばかりですから

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/14(金) 01:02:14 ID:keAcJvIt
2ってかまずリメイクすればいいんじゃないか
知名度低いんだし

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/14(金) 01:06:57 ID:keAcJvIt
ところでこれどうよ
http://contents.dwango.jp/games/culdcept/kokuti.htm
大宮・・・

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/14(金) 02:05:11 ID:xFlQIkrv
>クリーチャーを召喚し、スペルを詠唱し、アイテムを装備させ、
>敵セプターや敵が召喚したクリーチャーを撃破して勝利を目指します。

どこかで見たような戦闘画面に戦闘システムだなぁ。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/14(金) 21:22:43 ID:ysGhXMmt
リメイクして欲しいですね。でも、リメイクする箇所は非常に少ないし、効果が微妙w


31 :首領θ鳩 ◆qwTjjMLP.I :2005/10/15(土) 21:40:48 ID:50ulinmC
そーいや最近やってなかった…三章で止まったまま…

トレジャー箱最初から開けてないけど、ずっと開けてなかったらどうなんの??

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/15(土) 22:18:57 ID:DSYBZ1xv
箱は開けないでおくと、中身のグレードが確率的にUPするらしいです。まぁ、かといって最終的には開封時の運ですけどねw
開けないよりもたくさん開けた方が多分いいと思いますけどね^^;


33 :首領θ鳩 ◆qwTjjMLP.I :2005/10/16(日) 21:12:23 ID:opbk3SXz
>>32
なるほど。じゃあ、章終わった後位には開けた方がいいのか…損した…

それとこれって案外マイナーじゃないのかな?
昔、大会あったみたいだよ

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 13:30:43 ID:J5x6Drka
大会はありましたけど、小さなもので、やはりマイナーと言うべきでしょうね(苦笑
まぁ、自分は出場してませんけどもw

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 19:42:38 ID:1navO9cB
ネトゲにしてほしいね

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 22:52:08 ID:J5x6Drka
続編出すなら一億円必要だって話ですよ。ネトゲにするだけなら、いくらぐらい掛かるんだろう……。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 03:03:48 ID:Kmbl0f88
まじか
一億円ってどこから出てきたんだ
安くない?

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 12:00:27 ID:y0LxIRf7
PS2は開発費のみで最低3億はかかると聞いた事が。
大手だと今度出るローグギャラクシーが宣伝費のみで3億。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 20:26:43 ID:vLsS6kkG
言って良いのか解らないけど、製作会社の人に聞きました。
あ、でもPS2とは言ってないんで、多分ネットゲームで続編造るかと。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 20:27:37 ID:vLsS6kkG
あくまでも仮定の話ですよ。造るとしたら

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 23:52:24 ID:y0LxIRf7
メルヘンブレーカー公式hpの業務実績見てみた。

・・・そりゃあ、続編作りたくもなる罠。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 18:52:41 ID:chFEnsS1
もう10年以上前ですか
フタッフなんてちりぢりだろ普通

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 22:47:27 ID:YHl+40VM
問題は制作会社側が続編を強く希望してるってことじゃなくて、ファンであるリスナーが続編を強く期待してるってことですよ。
まぁ、自分もそのひとりなんですが^^;

内容的には実に現在向けだと思うんですけどねぇ。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 02:49:04 ID:LyzzNebX
ネトゲだとああいう「一人が勇者」みたいなストーリーは難しいでしょ。
だからっつって「カードバトルするだけ」だとちょっとエンドセクターっぽくないんじゃない?
シングルプレーだったとしても「ああいう」ストーリーはある意味究極だから
続編やりづらいと思うんよ。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 17:30:56 ID:29LudTsh
一説によれば、続編作るならEBっぽくするらしいです。まぁ、自分は良く解らないんで、どうなるのか先が全然見えないんですが^^;
ストーリー的には、エロゲーみたいな感じになるのかなぁ?


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 17:42:08 ID:lQJvcAiX
EBって?エナジーブレイカー?
ぐぐってもエンターブレインばかり引っ掛かるからわからん。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 18:21:35 ID:29LudTsh
多分、Endless Battleのことかと思います

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 23:23:59 ID:lQJvcAiX
ありがと、一種のネトゲか。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 23:52:48 ID:LyzzNebX
全然全くエンドセクターじゃないじゃん
どこの一説なんだ・・・
変に大作志向じゃない部分が逆に安心感あるけどな
ドット絵は堅持して欲しいけど難しいか・・

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 00:50:06 ID:dG/mRjem
>49
そこが問題なんですよんね。物語的に続編は厳しいので、新しいテーマの元にやるか、それか続編の形を崩さずに続けるかのどちらかしかないかと^^;
EBになると、完全にネトゲって感じですかね。自分的には物語が好きだったので、ストーリー性を感じたいですけれどもw

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 13:44:33 ID:ykZeKbV7
http://storyteller515.hp.infoseek.co.jp/a/endsector.html
コレを読んでプレイ当時を思い出すんだ

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 17:33:47 ID:x9JVxWzC
これ初めて見ました。こんなのあったんだ。
解りやすく解説してありますね。懐かしいな。


53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 19:05:50 ID:Qv1eYEHY
安かったのでエンドセクター買ってみた。

なかなかおもしろいな。
今のところ敵が弱いのでサクサク進んで、今「十ニ夜」が終わったトコ。

セレニア戦でも、あまりの弱さに仲魔3体と結託してフクロ叩き。
残りHP500程度のセレニアがゴッドボウガン(使用効果:オールリザレクト)を装備。
武器使用で自分を回復するのかと思いきや、主人公パーティに向けてオールリザレクト発動。

泣いた。

これって仕様?
主人公に好意持ってたし、HPが低くなると主人公に向けてオールリザレクト使うように設定されてるのかな?
まあ、勝負は勝負なので与一の弓で脳天ぶちぬいたけども。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 20:19:39 ID:BaoKnZ8f
>53
仕様というか、SPUはときたまバグって意味不明な行動を取ることがあります。
敵は確かに弱いですよね。でも、これまたバグなのか、ときたま糞強くなるときがありますので気をつけてw
あと、ラスボスは半端なく強いですよwww


55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 20:20:36 ID:BaoKnZ8f
SPUってCPUの間違いだしwww

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 08:02:26 ID:6wwe34R7
対戦の面白さを語るべきか

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 08:59:50 ID:jzRF1xuK
人体対戦すると、絶対両者黙りますよねw

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/27(木) 00:29:38 ID:XSxLNFcr
相手の手札が見えるカードバトルって本来ありえないよな。
リアルタイムならではというか。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/28(金) 22:11:14 ID:H1LqJPNu
慣れてくると余裕が出来て対戦相手のカード内容とか見て、戦術とか読めちゃいますけどね^^;
でも、それでフェイント入れたりしてやると結構レベルの高い戦いが出来ます。まぁ、自分は周りに闘える人がいないんでですがwww

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/29(土) 16:59:58 ID:je4vbPl9
バトル演出中も操作できたらいいのにと思った事があるよ
カード並び覚えてるから手札見られずに決定できるのにと

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 11:15:00 ID:VmtTgjb2
ついにカードコンプリート。
最後の方はランダムでカード手に入るところでひたすら
ロード繰り返しだった・・・

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 12:56:36 ID:uwHaDVmq
すげえ
俺半年かかっても無理だったな

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 18:42:47 ID:yWBV55EH
>60
それは結構いい案ですね♪
手札隠して操作できるような感じも欲しいですもんね。

>61
おめでとうございます。自分は何度もストーリーを繰り返してコンプした気がしますねぇ。物凄い気長にプレーしてましたw

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 18:11:05 ID:vYhlqC/X
似てるようで全く違うゲーム
http://game.coden.ntt.com/kingofwands/

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 17:45:07 ID:ZFIEQAXj
実際にやったことはないんですけど、見た感じ確かに似てますね……。
これを参考にして造られてたりしてw

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/12(土) 13:37:19 ID:7THD4j4F
保守

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/02(金) 22:36:38 ID:rW/dS+Wu
保守


68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/02(金) 23:52:54 ID:vNiVGyeL
保守してくれる人がいて、私は嬉しい

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/06(火) 00:56:19 ID:p82FPmOd
クソゲ

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/19(月) 01:55:20 ID:AI38DkcY
エーンドセクター!
(゚∀゚)
これ、トゥルーエンド見てないんだけど、結局主人公の親父って誰だったの?

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/20(火) 10:35:10 ID:qg2wXCn9
シナリオでヒロインが死んだところは
衝撃的だったなぁ(いい意味で)
何度か繰り返すゲームだけど
苦じゃなかった
良ゲーだと思う

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/20(火) 21:07:55 ID:yh6wrSKp
ここのスレみてたら
やりたくなってきた

こんなことなら手放すのではなかった…
今度めぐり合えるのは、いつのことやら

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/23(金) 16:54:44 ID:jNHt+5tU
>70
主人公は「運命の輪」の子にして、「愚者」の運命を司る者だったはず。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/23(金) 17:53:19 ID:By101SjI
エンドセクターのカードシステムは遊戯王より前だったんだぞ!
パクリパクリ言われてるが、遊戯王はパクってない。

同時期にカルドセプトが出たから売れなかっただけ。
メルヘンブレーカー、リメイクでもいいから作って欲しい。

倍の金出してでも続編orリメイクをやりたいゲームだ。
俺はこのゲームで色んなことを学んだ。

大袈裟だが、おかげで高校受験を乗り切れた気がする。(県内一の進学校)
俺は感謝しても仕切れない。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/23(金) 17:57:01 ID:By101SjI
訂正
仕切れない→しきれない

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/23(金) 18:02:15 ID:By101SjI
てゆーか、探すの苦労したんだから、次スレは必ずカタカナも入れろよ。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/23(金) 18:22:55 ID:By101SjI
次スレは何年後だろ………


78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/24(土) 01:48:36 ID:FnhWaR9T
開発者がキモすぎ

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/24(土) 21:32:15 ID:Frkf8xU7
エンドセクタースレ見っけ。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/24(土) 22:57:37 ID:rWyzE+v5
>>78
開発者は良く知らん。
キモいのか?

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/27(火) 21:17:25 ID:jLVpA4Go
現代話は蛇足のように思える
冒頭以外要らん。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 18:02:07 ID:iJ73oSp5
>>81
ネバーエンディングストーリー

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/30(金) 17:17:09 ID:B8v1CumD
>>81
最初は誰でもそう思うよな

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/30(金) 20:47:10 ID:IyiuJj+V
>>80
きもい。絵に描いたようなデブヲタ。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/30(金) 21:01:17 ID:eDuw6m5p
どうでもいいな。

極端な話「飯野賢治1年分」みたいなピザだろうが構わん。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/31(土) 10:36:04 ID:zK3tfDTe
ピザデブは関係無いだろ。
制作者がイケメンでもつまらないゲームはやるわけない。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/02(月) 16:21:52 ID:UIFrsmVl
あけまして あげ

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/02(月) 20:33:10 ID:+S2EoBe9
上げんなボケが。



そんな人生。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/03(火) 19:47:32 ID:vFHiQWXL
それがエンドセクター。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/06(金) 10:43:04 ID:XBw3X96h
ここのスレを見てやりたくなったので
中古にて500でゲットしてきた

ケットシー?がかわいい
リアルタイムで進行するバトルが
面白い

カードデザイン作家がすごい豪華
現在活躍中の人がいっぱいいる…
贅沢なゲームだなぁ
なんで売れなかったんだろう

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/06(金) 13:22:31 ID:zlvGm+sd
お〜、懐かしい
FOOL&LOVERSって奴だな

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 23:59:40 ID:pEcuy6mX
>>90
俺は電プレの体験版でやって即買いだった。

やっぱ、カルドセプトの影響かな。
ちなみに遊戯王のパクリって言う人いましたが、エンドセクターのシステムができたのは遊戯王より前ですよ。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 11:10:33 ID:PqMWWHQ3
神龍に完敗
ゲームの流れがドツボにはまった
敵のモンスターが強すぎるよ…
というよりこちらが弱すぎるのか…

ところでモンスターレベルって
上がるとモンスターの性能もUPするの?
説明書には成長するって書いてるけど
成長=性能UPでいいのかな?

あとクラスチェンジって必ずしたほうが
得なのかな?(性能が段違いにUPするとか)



94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 16:39:54 ID:4o82xTx3
>>93
試練場で簡単にレベルは上がる。
成長=性能UPでおk。確か、レベル16がMAX。
あと宝箱を開けない行為はほとんど意味無し。全部開けたほうがいい
クラスチェンジは弱くなることあり。(レベルが1になるし)
特にクラスチェンジしたカードが普通に宝箱とかで手に入った時はむかつく。
ちなみに俺が好きだったカードは
ホークマンハンター
ホークマンさすらい人
ドミニオンズ
ゴルゴン
ヘルハウンド
ヒノカグツチ
デカラビア

とか。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 20:01:20 ID:JkLdynkX
>>94
サンクス

現在の戦法は
ケットシーなどの動きの早いモンスターに
装備などで属性を変えて
速攻袋叩き作戦を展開中です

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 21:37:45 ID:E53pXR+5
>>95
属性とか考慮しつつ手数で圧倒するのは
有効な戦法だと思いますよん。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 22:33:09 ID:VzSbTTSW
ヒノカグヅチ俺も好き

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 02:09:00 ID:ULNZ/5Ey
火属性でいえばパワードナイトやサラマンダーの方が堅くて好きだなぁ。
風はホークマンの2種、ドミニオンズ、土はビャッコとか意外と使い勝手良くて○。
水は・・・何かいたかなぁ?ヒドラあたりかな?

あと、世界樹の種、お勧めですよ。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 10:38:17 ID:hH+n45wA
敵のモンスターって
やたら強く感じる…
みんなレベルがMAXなのかなぁ

ヴァルキリーが
あんなのにクラスチェンジするなんて…
カードの絵柄とのギャップにショック
クラスチェンジするんじゃなかった

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 16:09:40 ID:0182YkB0
>>99
あの魔神にはショックだったなww

あとファランクスもいい
土はミノタウロスとゴリアテ
無は鉄生る者。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 16:41:29 ID:5zz4Zq+9
とりあえず一週目クリア
悪魔たち強すぎ
結構リトライさせられた
いよいよ2週目突入だ〜

そういえば一度だけ
宝箱の中味が三枚全部ゲンブだった
ことがあった…嫌がらせか

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 17:41:17 ID:ywF3aVIF
>>101
ザノン懐かしい

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/10(火) 21:59:41 ID:AgKwpo5y
ヤコブUZEEEEEEEE!

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/11(水) 10:18:11 ID:17qHiP3F
試練場の一番難易度が高いのって
どうやったら入れるの

現在2週目中盤をプレイ中


105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/11(水) 12:59:15 ID:BaT89L7y
アドベンチャーパートの「戦車」と「死神」の両方をクリア。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/11(水) 13:12:18 ID:+4viAM16
>>105
情報提供に感謝

コストが高く、召還時間がかかっても
強いモンスターを組み込むか
弱くてもコストの安いモンスターを
レベルMAXにして組み込むか…

ゲームを進めるうちに
あれもこれも育てたくなって
気づけばデッキがモンスターだらけに…





107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/11(水) 23:26:20 ID:zD9rRczL
バールはコスト低いくせにかなり使える。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/12(木) 20:11:25 ID:LX8LApLG
エンドセクターのオープニングの曲カッコいいよね。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/12(木) 20:18:23 ID:GT5kedoK
やってしまった…
2週目も同じエンディング

森と湖の王国?で手助けするか
しないかで展開が変わるのかな?
おかげで試練場の一番難しいところが
使えない…

ムサシがニューマンになった
微妙に格好悪い

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/12(木) 20:28:09 ID:LX8LApLG
>>109
性格が大事。
天使と戦いたいなら悪魔にならなきゃ

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/12(木) 21:11:12 ID:GT5kedoK
>>110
情報提供に感謝

3週目突入します

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/12(木) 22:38:15 ID:M9fNzMXd
>>111
サラの館でビガロ(炎の精霊)に負けたりしたことある?

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/13(金) 01:38:33 ID:DzzVryjG
>110>112
ヒント出しすぎ。自分で探すのが楽しいわけで。
サラの館はサンダー・クラック、ニキータ・コロン、ジュエリー・フーア、
ファイアー・ピカロですね。


114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/13(金) 11:03:11 ID:WIyaUI99
>>112
それはないです

>>113
すみません
みなさまの好意に甘え
てしまいました


115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/13(金) 13:00:12 ID:4Yilur+k
メテオドライブ

116 :ニューマン ◆NEWMAN.knA :2006/01/13(金) 14:03:02 ID:f37nLUbp
ニューマン

117 :ニューマン ◆NEWMAN.knA :2006/01/14(土) 14:15:43 ID:LfrM0d9g
新しい人

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/15(日) 10:43:44 ID:V+3q2Cd8
自慢のデッキや戦術等を紹介してくれ

ちなみに俺は
コストの低いモンスターに
装備品を付属して強くする
戦法がメイン
レンジャー+白龍の牙
みたいな感じで…





119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/15(日) 13:26:27 ID:7uGhTiF2
ドミニオンズのラッパ最強。

120 :アルラウネ:2006/01/15(日) 18:01:32 ID:2VJx4WmY
ども。
最近俺は悪魔しか育てていないという・・・。
狽、ゎ 悲しい・・・;;。

実は私全クリしてますんで・・・。
主人公のお父様誰だかわかりますょ!
実ゎ、物語の格闘場みたいなところありますよね。
あそこで吟遊詩人が出てくんの覚えてますか?!
実ゎ・・・。その吟遊詩人がお父様なんですゎー!!
OK? お分かり?

そいで、最後ねー。
ザノン・ルキフェル・ティアマット・シェンロンが
いなくなる!!(俺そのとき死んだ。←半分ね。
全てを知りえし者さぁ、モンではフライングじゃないのにっ
マスターのときにフライングなんだょ?!
正直うざかった・・(怒
そいつに勝てなかったらさっきの4枚くれんのに、
終わりになくなるってどうよ?!
しかも!もらってない人(もう持ってる人)もなくなるの!
はぁぁぁ?!みたいなね。
でも、行かない方が正直いいよ。(ひどいなぁ;;
長くてすいません!お教えしたいことはこのくらいです!
乱文失礼しましたー!!(逃走

121 :アルラウネ:2006/01/15(日) 18:03:20 ID:2VJx4WmY
もっと知りたい方はメールを下さい!
教えられる範囲でなら教えられるんで!

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/15(日) 18:55:41 ID:lsWCxiZG
>118
私は属性の相性を考えつつ、少数精鋭派で。
ドミニオンズ2〜4枚、ホークマンさすらい人2〜4枚、ビャッコ2枚が主力で
あとは適当に火、水属性を各2枚(サラマンダー、エンジェルスとか)
マナ確保用に幻想と100倍を各2枚、プラス育てたいカード2〜3枚、
といった感じです。ストーリー進めるだけならこれで十分です。

カード収集率100%までいった人ってどれ位いるんでしょう?
私は攻略本等なしで半年程で98%まで集めましたが…今考えると自分、ある意味
馬鹿か?とか思ってしまいます。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/15(日) 23:27:30 ID:dpOnh6l5
>>122
ノシ
俺は攻略本無しでちまちま一年かけてコンプしますた。


124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/17(火) 20:55:44 ID:MmR0Ie59
ようやく2つめのエンディング
が見れた

神龍とか使い道ないなぁ
召還する前に
勝負が着いてる場合が多い
コストの高いモンスターって
使いどころが難しい

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/17(火) 23:00:33 ID:Z86zh5i4
>>124
早い内に引けば破棄してマナに、余裕ができてから引けば召喚する
という使い方も無くはないと思う。

126 :ニューマン ◆NEWMAN.knA :2006/01/18(水) 09:47:48 ID:Fi6c6Cvp
ドワーフクラフトマン

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/18(水) 10:54:47 ID:DDYYwhB+
伝説のコウメイ…
使い道がわからん



128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/18(水) 11:45:47 ID:/rPAmGK0
>>127
敵マスターを前に持ってくる。
それだけ。正直アイツは使えんとオモタ。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/18(水) 12:01:15 ID:2RpYgUnp
みんなが、ぐっときたセリフやシチュはなに?
漏れ『僕はボク!…ボクは僕…! そしてデッキマスター!!』
全米が震えた

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/18(水) 14:49:59 ID:VJPCjxxf
理由なき存在………貴様だ!!

こんなの出てたんですね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005OV1X/babylonsgate-22/250-6088702-8701837?creative=1615&camp=243&link_code=as1

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/18(水) 15:53:57 ID:C919dtH4
いかにもポッと出のアイデアでござい、って感じだな。
アスキーはそんなジャケで売れると思ったのかな?

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/18(水) 16:47:16 ID:5D8OFABL
どっかにボス戦のMIDIないかな…

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/18(水) 18:41:04 ID:g0n5XS//
ボスって誰?

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/18(水) 19:08:45 ID:gPItdx/k
World?

135 :ニューマン ◆NEWMAN.knA :2006/01/18(水) 19:41:39 ID:qq50NRAN
私のことか?

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/18(水) 19:49:35 ID:WPStMDAa
戦闘音楽はいいのは
ダッダッダッダッダダダダッバンバン!
で始まるやつだけ

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/19(木) 09:56:21 ID:PNpQWVSt
http://www.st.rim.or.jp/%7Eh-mizu/endsop16.mp3
http://www.st.rim.or.jp/%7Eh-mizu/endsend16.mp3


138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 12:54:00 ID:3EOcbnyo
ボスってアレよ、ジュウベイとかガラとか、ふつーのボスさんたちの音
あれが一番好きだ

139 :ニューマン ◆NEWMAN.knA :2006/01/23(月) 07:33:48 ID:BcEHUW3L
ゴリアテ

140 :ニューマン ◆NEWMAN.knA :2006/01/25(水) 06:11:59 ID:zEnDZyCf
鉄生ル者

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/26(木) 11:04:54 ID:qg46cxZw
↑最初テッセルジャと読んでしまった自分が懐かしい

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/26(木) 17:39:55 ID:8w4DCRFe
またまたやってしまった…
同じエンディング(天使サイド)×3

真のエンディングが見れん
さすがに5週目突入するには
ストーリーにも飽きてきた…

しばらく放置するかな

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/26(木) 17:57:13 ID:sRtwSoV3
>>142
根っからの善人ですな。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/26(木) 19:39:08 ID:ABY7f6B+
>>142
ピエールを殺せ

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/26(木) 21:51:53 ID:a68tds3b
>>144
了解しました

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/27(金) 07:23:16 ID:Ug6eNJ2t
ピエール殺して(゚д゚)ウマー

147 :ニューマン ◆NEWMAN.knA :2006/01/28(土) 10:02:46 ID:5m4q8Y/s
ルキフグス

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/28(土) 16:01:45 ID:ra1u1RrR
やっぱこのゲームは真ENDがネ申なので
5週やるほど気合はいってるんなら、是非挫けずに最後までやって欲しいところだ。

149 :ニューマン ◆NEWMAN.knA :2006/01/28(土) 17:01:46 ID:IY/KdIjB
ヒューマン戦闘奴隷

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/30(月) 13:08:45 ID:FhjYwJh+
ヒューマン戦闘奴隷→い、い…イシュタル→ル、ルキフグス→


151 :ニューマン ◆NEWMAN.knA :2006/01/30(月) 13:40:06 ID:rbJUYXo3
ルキフグス→ス、ス…スザク→

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/30(月) 17:54:05 ID:FhjYwJh+
(゜Д゜)ク、ク…黒帯

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/31(火) 23:21:54 ID:TQPOLgGN
ビッグボウガン……
糸冬 了 。。。。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/01(水) 01:16:21 ID:kurUyXeP
ビはビャッコしか無い。

155 :ニューマン ◆NEWMAN.knA :2006/02/01(水) 08:41:49 ID:SCQRtoyp
コウ・オナー →ナ

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/01(水) 12:08:06 ID:fMRMGkyd
>>120-121の基地外厨房のネタバレによってこのスレはクソスレと化した。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/01(水) 16:15:14 ID:s5SQMTgN
このスレを見つけたんで久々に起動してみたんだが、
昔は気付かなかったパロディの山に思わず頭を抱えたよw
メルクリウス=ジャイアント馬場、マリクス=ウォーズマンで合ってるよな?

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/01(水) 19:21:05 ID:RFadUGDg
ミティタン…(*゜∀゜)=3

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/01(水) 19:32:30 ID:ccbIe2ia
須藤真澄の長い長い散歩読んで、久し振りにエンドセクタープレイ中

…ケットシー…

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/03(金) 21:32:58 ID:eAI7RcPL
>>153
志村ー、ゴッド、ゴッド!

タマ(*´Д`)ハァハァ

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/04(土) 23:35:58 ID:GhyeJ6aG
タンデリック・マクホミンって結局のところ何世?

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/05(日) 12:31:29 ID:T6CKVHtp
うおおおおおおおおおおおお、すまん、スレ立てたの俺なんだが、PC初期化してずっと忘れてたw
まさかこんなに盛り上がってくれてるとは思わんかったw
すまん、今日から復帰しまつ

163 :ニューマン ◆NEWMAN.knA :2006/02/05(日) 12:34:09 ID:H1a3+zv4
ベルゼバブ

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/06(月) 14:54:02 ID:g2uFdM+2
>161
一世ずつ増えていくんで、自分でも把握してないんじゃないかなw?

165 :ニューマン ◆NEWMAN.knA :2006/02/09(木) 17:54:09 ID:FnRhS3Bn
ノームスカラー

166 :ニューマン ◆NEWMAN.knA :2006/02/11(土) 10:31:48 ID:ZHZaG9Lq
メルクリウス

167 :ニューマン ◆NEWMAN.knA :2006/02/13(月) 14:54:24 ID:cgi8SkGA
アバドン

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/13(月) 18:12:11 ID:SUZqydrc
オンライン対戦したいよ

169 :ニューマン ◆NEWMAN.knA :2006/02/15(水) 11:32:18 ID:XTjr7sSU
サラマンダー

170 :ニューマン ◆NEWMAN.knA :2006/02/16(木) 15:22:16 ID:NxCeVnfZ
キリン

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/17(金) 13:48:01 ID:qgPF7Z35
なにこの対戦型カード召喚リアルタイム戦略シミュレーションサウンドノベル

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/17(金) 18:08:10 ID:AV/AgXhk
ジュエリーフーアの絵って、どうみてもプロテクションあたりの流用だよなあ

173 :ニューマン ◆NEWMAN.knA :2006/02/17(金) 20:45:17 ID:hsDIbDVW
ヒューマンベガー

174 :ニューマン ◆NEWMAN.knA :2006/02/20(月) 11:12:15 ID:QqvBZZVg
ホルス

175 :ニューマン ◆NEWMAN.knA :2006/02/21(火) 18:14:07 ID:+ELcQZf8
シャリート

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/22(水) 06:39:02 ID:3VDOfp96
スレ見て懐かしくなって、ゲームと攻略本引っ張り出してみた
これ、ネット対戦できたら絶対面白いよね

177 :ニューマン ◆NEWMAN.knA :2006/02/24(金) 17:29:39 ID:P24aO2Jo
バール

178 :ニューマン ◆NEWMAN.knA :2006/02/25(土) 12:46:22 ID:V2RzWBHs
ウリエル

179 :ニューマン ◆NEWMAN.knA :2006/02/27(月) 23:29:52 ID:MJ4UUEI/
バフォメッド

180 :ニューマン ◆NEWMAN.knA :2006/03/07(火) 08:20:22 ID:HUHiUJn0
ミカエル

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 11:55:20 ID:ozDrPNb4
僕は僕

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/13(月) 19:06:58 ID:9i5/4Iq5
安かったので買ってきたぞ。
厨房レベルのテキストには萎えるが、
そこを気にしなければストレスレスでサクサク進んでいいな。
メモカの容量食わなければ尚良かった。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/13(月) 22:49:24 ID:RxpOfo4+
ジュヴナイルノベルにいい大人がケチつけてるのって空気読めてなくてカッコ悪いな

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/14(火) 01:15:33 ID:BRR4lSQs
いや、あれは無いよう云々以前に、禁則処理他をしてないのがだめぽ

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/14(火) 07:59:32 ID:rnf510+5
ジュヴナイルwww

186 :ニューマン ◆NEWMAN.knA :2006/03/14(火) 22:50:47 ID:ZiYHOD1u
雷王の剣

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/15(水) 01:53:43 ID:FO3JI63V
この作品のテキストを厨房レベルと言う人はゲームとかするべきじゃないと思うんだ。

たしかに文学作品と言えるようなレベルじゃ全くないが、
ゲーム・エンタメ小説の一般的テキストのレベルから見たら
普通に中の上以上のレベルだから。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/15(水) 02:11:13 ID:nbVFE/oF
いや、だから禁則処理(ry

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/15(水) 23:11:48 ID:7BKZCpqI
禁則処理されてないのはさほど気にしなかったが、文字の大きさは鬱陶しかったな。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/16(木) 09:01:37 ID:MhCgw+QB
描写をもっと細かくして欲しかった。感受性豊かだったころは大してきにしなかったけど、今読むと表現や動きの少なさがちょっと…
せっかくプロットや名台詞は神なのに…
小野不由美にリメイク頼みたいw

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/18(土) 00:29:25 ID:nfTEXdZX
禁則処理って横書きでも関係あんの?


192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/18(土) 01:09:58 ID:2H0K3r8n
あるよ

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/18(土) 11:33:19 ID:quZjLixB
今真エンドルート終盤まで来たところだが、
ワールドが 尊厳撤回 という耳慣れない謎単語を2度も使ってて、俺失笑。
…誰か突っ込んでやれよ。
ただ主人公の記憶障害や初対面の知り合いなんかに比べれば瑣末事かもしれん。

それにしても、メインのライターさん、色々とヒドス
サブでまともに書けてる人がいるんだから、全部そっちに任せればよかったのに。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/19(日) 09:54:08 ID:cqHqd9Rq
ヤコブ くろがねなるものでググれ

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/20(月) 23:37:07 ID:gYpJXvDf
アニメなったらどんな声優がいいかな?

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/21(火) 07:38:54 ID:bcw4bLx2
ルキフグスはあの声で是非w

197 :ニューマン ◆NEWMAN.knA :2006/03/22(水) 07:48:31 ID:qZC0XKjz
ザノン

198 :ニューマン ◆NEWMAN.knA :2006/03/25(土) 22:48:51 ID:xVrFpDCr
サジタリウスアロー

199 :せがた七四郎:2006/03/27(月) 16:58:49 ID:au4btLFR
主人公 そのままでいい。瞬殺!!

ミティ かがずゆみ
サラ 久川綾

200 :せがた七四郎:2006/03/28(火) 15:05:37 ID:bBmFf4W+
これちょっと興味あるんだけど、カードバトル+サウンドノベルで
ジャンルはRPGっていうのがよくわからない。
マップ移動やランダムエンカウントはないの?

201 :せがた七四郎:2006/03/28(火) 15:17:54 ID:vNGQVgeI
ジャンル、RPGなのかこれ。知らなかった。
テキスト読んで選択肢選びつつイベントバトル挟むだけだから、
マップもランダムエンカウントも無いよ。

主人公役やるからロールプレイっちゃロールプレイだけど、
そんなこと言ったら大概のゲームがRPGになるしなぁ。

まあ、一般にRPGとされるジャンルのゲームでは無いかと。

202 :200:2006/03/28(火) 15:18:34 ID:bBmFf4W+
あ、>>94に試練場でレベル上げって書いてあった。すいません。
懸賞でこのゲームのタロットカードが当たった縁もあるので買ってみます。

203 :200:2006/03/28(火) 15:21:15 ID:bBmFf4W+
カブったw >>201さんdくす。

204 :せがた七四郎:2006/03/29(水) 01:32:12 ID:DtdlKvIl
>>202
エンセクのタロットって、作中に出て来る絵柄なのか?
商品化希望だな

205 :せがた七四郎:2006/03/29(水) 05:37:08 ID:zemXf4Kf
通常ボス戦音のMIDIほしいなあ。

206 :ニューマン ◆NEWMAN.knA :2006/03/29(水) 09:36:44 ID:STyXJDJu
ハルス

207 :せがた七四郎:2006/03/29(水) 17:49:30 ID:HJlLilYU
成長するカードのゲームなのでRPGなのか

208 :せがた七四郎:2006/03/32(土) 02:03:27 ID:NhpNcy/x
カードのレベルMAXにしなくてもクリア出来るのかコレ

209 :せがた七四郎:2006/04/05(水) 01:16:30 ID:M+OlB4rm
どっかに全カードがのってるとこ無いかな?

210 :せがた七四郎:2006/04/05(水) 05:23:11 ID:UFUgcxhn
>>209
薄っぺらいガイドブックは存在する。
¥1300+税だけど・・・・

211 :せがた七四郎:2006/04/07(金) 16:34:03 ID:KK/e2zGm
ニューマンがデッキ開いたの見たことある奴居ないか。あの1枚の正体は一体。

212 :ニューマン ◆NEWMAN.knA :2006/04/09(日) 18:52:23 ID:3JQhL6ke
>>211
なんだろうな

213 :せがた七四郎:2006/04/11(火) 09:56:32 ID:s/9/o3tt
しかもニューマンだけだもんな。なんかネタがあるに違いない。
でも、製作者としては新しい人間だからふつうとは違う秘密があるもんだとか言いそうですが^^;

214 :せがた七四郎:2006/04/11(火) 15:40:03 ID:mQ54P+Xy
どうしてニキータたんの2COLDがコロンになるのかわからない。ていうかニキータたん かわいいよ ニキータたん
あと、フーアのカード絵がプロテクションかなんかの没絵の使い回しにしか見えない件

215 :せがた七四郎:2006/04/12(水) 17:50:33 ID:huZ0MZY2
>>214
寒い…暖めて

216 :せがた七四郎:2006/04/12(水) 20:32:29 ID:lpLzxkG/
(*´Д`)ハァハァ あの震えた声が溜まらん

217 :せがた七四郎:2006/04/14(金) 22:37:51 ID:u7HE+Tr/
誰か小説書いて〜〜
 ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄
  チン☆ ∧_∧
 ___\(\・∀・)
 \_/⊂ ⊂_)
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
|愛媛みかん |/


218 :せがた七四郎:2006/04/21(金) 09:43:43 ID:LIWJOgnC
地震怖い…鳴動の大巨人が怒ったのか(´・ω・`)

219 :せがた七四郎:2006/04/22(土) 05:18:41 ID:5wGRNa9Y
なんかさっき唐突にこれ思い出した
個人的には神ゲーだったなぁ…
ボリュームがありすぎた

220 :せがた七四郎:2006/04/22(土) 15:20:48 ID:oEYcjZjy
えぇぇーんどせくたぁ

221 :せがた七四郎:2006/04/24(月) 09:10:32 ID:Gj1PV93x
>>220
こんてぇにゅー

222 :せがた七四郎:2006/04/26(水) 17:15:03 ID:VpqjWB4f
誰かAA張って〜〜
 ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄
  チン☆ ∧_∧
 ___\(\・∀・)
 \_/⊂ ⊂_)
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
|青森りんご |/

223 :せがた七四郎:2006/05/05(金) 00:45:27 ID:K4EAJbSh
やっと手に入れたぜ〜。

>>204
イラストはすべて弘司さんだから、ゲームのとは違うのかな?
そんな俺は黄昏のオードを定価で買った悪の手先だ!ヽ(`Д´)ノ

224 :せがた七四郎:2006/05/06(土) 17:21:05 ID:tpIubGX2
えーんどせくた〜

225 :せがた七四郎:2006/05/08(月) 09:29:42 ID:SzpFp11q
ググッても出なかったんで、あえて質問。
モンスターの進化(ランクアップ)はLV9の時点でやった方がいいの?
損得とかない?

226 :せがた七四郎:2006/05/08(月) 13:46:58 ID:vWtsWq45
使えるモンスターなら。
それか収集率上げるためなら、ランクアップはすべき

227 :せがた七四郎:2006/05/09(火) 05:19:11 ID:TP6ukuuH
あれってFEのCCみたいに最高レベルでランクアップした方がいいんじゃないの?

228 :せがた七四郎:2006/05/09(火) 11:57:27 ID:ZGywP+SA
まあ多少の差はあると思うけど、それが実用的かどうかと問えば、二束三文なワケで……

229 :せがた七四郎:2006/05/09(火) 18:47:18 ID:A4bXnnTJ
>>225>>227
クラスアップできるのはレベル9になった時のみなので、それ以外の時には出来ない。

宝箱から入手可能なモンスターならクラスアップする必要は全く無いと思われる。
敢えてクラスアップせず早めにレベル16まで上げてしまって、宝箱からのカードの
枚数を稼ぐ方が効率的に収集率を上げられるかも。
まして、それが使いやすいモンスターなら尚更。


230 :せがた七四郎:2006/05/09(火) 20:26:00 ID:JW+T0Irn
鉄ナル者のクラスチェンジはエンセク最大のトラップ

231 :せがた七四郎:2006/05/11(木) 10:52:26 ID:rPYrdOD5
あ、オレうそ教えてたw
そうだった。クラスアップできるのは一回きりだったんだった。スマソ

232 :せがた七四郎:2006/05/12(金) 23:31:20 ID:+hrq5A2x
強いとは限らないし
かっこいいカードだとは限らないorz

233 :せがた七四郎:2006/05/13(土) 02:55:14 ID:z01ZXQWa
おまいら一押しのカードって何よ
漏れはホークマンかね。飛んでて2で出せる。

234 :せがた七四郎:2006/05/13(土) 09:07:56 ID:3k2b6FhQ
ドミニオンズは当然外せないとして、あとはビャッコとか結構お勧め。
属性変えられるし、なかなか強いし。

235 :せがた七四郎:2006/05/13(土) 12:51:39 ID:IIZMWpO4
風系は基本的に使えるの多いよな。個人的には火と風の組み合わせか。水と風の組み合わせかな、¥

236 :せがた七四郎:2006/05/15(月) 01:28:45 ID:/0cqpyjI
ゆず

237 :せがた七四郎:2006/05/15(月) 20:00:22 ID:kyKenwKF
ちょwwwwwww
幻のキャラきたwww

238 :せがた七四郎:2006/05/15(月) 23:08:57 ID:TKqR8kSA
カードの絵柄的にはメフィストフェレス、台詞的にはロキ。

ところで
四大天使、魔界六皇子(呼び方違ったらスマソ)はモーツァルトのレクイエム
ルキフェル、ザノンはチャイコフスキーの白鳥の湖
ニューマン、ザインはベートーベンの運命
てな感じにクラシック曲が戦闘中のBGMに使われてると思ったんだが
他の戦闘でもクラシック曲から持ってきてたりするんかね?


239 :せがた七四郎:2006/05/16(火) 03:17:29 ID:gkrKDg5r
他はないはず
つか通常ボス戦のMP3かMIDIホスィ

240 :せがた七四郎:2006/05/17(水) 12:47:28 ID:9p3aRurx
タイフーン一号が着ましたよ、イブマヤさんw

241 :せがた七四郎:2006/05/18(木) 13:29:24 ID:SlFYATrD
非常食とロウソクを用意しろーーーーーーーーーーー

242 :せがた七四郎:2006/05/18(木) 14:26:32 ID:0E/r5Enq
コロッケもだ!

243 :せがた七四郎:2006/05/18(木) 21:31:50 ID:SlFYATrD
why?

244 :せがた七四郎:2006/05/19(金) 13:47:52 ID:lQSwjEkG
そいや「イブマヤ」「マケイヌ」て名前、元ネタあるの?
「マケイヌ」は「負け犬」かなぁとは思ってるんだが。しかし師匠が「負け犬」て。

245 :せがた七四郎:2006/05/19(金) 18:20:58 ID:ejetSGEI
オレも負け犬は最初ひどいと思ったw けど、今こうして考えると、結構気に入ってるから不思議。イブマヤは何でかなあ。

246 :せがた七四郎:2006/05/19(金) 18:46:07 ID:ZrIpjp+n
>>243
気象板で聞いてみるよろし

247 :せがた七四郎:2006/05/20(土) 00:28:33 ID:FuygXiSf
オレのケットシーがケットシーがビャッコにビャッコにビャッコに

248 :せがた七四郎:2006/05/21(日) 12:00:23 ID:vNlJHTmG
クラスアップおめw

249 :せがた七四郎:2006/05/22(月) 09:49:11 ID:8Ly7Owx5
攻撃が10回に1発も当たらないときあるんだけど、これは運?
それともなんか避けコマンドみたいなのあるの?

250 :せがた七四郎:2006/05/22(月) 11:03:14 ID:wQaVLpw5
5月25日にメテオがくるらしいんだけど、誰か受け止めてくれ!
つ 白紙のカード

251 :ゼン・ペニテンサー:2006/05/22(月) 17:12:58 ID:KpAS76fQ
おれに任せておきな

252 :せがた七四郎:2006/05/22(月) 18:28:34 ID:mV0Z8j/B
メテオドライブ希望wktk

253 :せがた七四郎:2006/05/23(火) 00:49:11 ID:Kpp75qQv
この一大計画をスターダストメモリーと呼んで怒られる件

254 :せがた七四郎:2006/05/23(火) 20:17:34 ID:u4n8ii8H
星屑の記憶って……実は和名にしただけw?

255 :せがた七四郎:2006/05/27(土) 21:45:52 ID:+4/xTk+i
続編が出ないかなぁ〜…
それが無理なら設定をいじってない書籍化で…

256 :せがた七四郎:2006/06/02(金) 23:13:12 ID:pipEuY1X
>255
よし、お前書け。
てかこの際このスレのみんなで書いちまおうぜ?

257 :せがた七四郎:2006/06/03(土) 11:52:59 ID:KaBanTTT
オレは乗った。

258 :せがた七四郎:2006/06/03(土) 12:10:25 ID:U76xOr+b
>257
関係ないけどIDオモシロw

>256
テキスト書き写すのか?

259 :せがた七四郎:2006/06/03(土) 16:00:54 ID:5nn6IwmW
、うしろクローンゲーきぼーぬ

260 :せがた七四郎:2006/06/04(日) 12:10:51 ID:/aJJ10Vt
それぞれに改稿したものを少しずつ書いていけばいいんじゃまいか?
それで話し合ったりして、地道に増やしていくとしか・・・・・

261 :せがた七四郎:2006/06/04(日) 20:44:37 ID:HohZYnIL
ttp://www.merubure.com/endsector/neko/index.html

こいつの詳細をみんなで妄想とか?

262 :せがた七四郎:2006/06/04(日) 21:14:46 ID:YjL2DaES
>>256
まるで関係ないがお前偉そうだな

263 :せがた七四郎:2006/06/05(月) 01:03:56 ID:93HT/JzQ
ピアツーピア対応のクローンキボンヌ

264 :せがた七四郎:2006/06/05(月) 12:22:15 ID:HPcMzau2
>>261
そのサイトの存在、あなたのお陰で今知りました!ありがとう!

>エンセク小説化
俺も参加したい!

>テキスト書き写す
ところで、このスレ何人居るのでしょう?

265 :せがた七四郎:2006/06/07(水) 13:04:24 ID:H4XuFjfC
正直、ここで書いてても埒が明かないかもね。
ページ作ってここで意見しあうのが一番いい方法かもw

266 :せがた七四郎:2006/06/07(水) 18:49:23 ID:ajL2G4IK
それでしたら、携帯からも見れるページを希望します…。

267 :せがた七四郎:2006/06/07(水) 21:27:19 ID:d2z41XKZ
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 クローン!クローン!
 ⊂彡

268 :せがた七四郎:2006/06/08(木) 09:13:12 ID:rntHCkvw
∧ ∧
(゜Д゜)地獄を見るにゃ!


269 :せがた七四郎:2006/06/08(木) 16:19:10 ID:wauu5gvs
エンセク3大神カード

ホークマン
ナパーム

タイムストップ(別の意味で)

270 :せがた七四郎:2006/06/09(金) 12:40:51 ID:zmhox7Pp
それとも章分けでもするw?
それぞれに担当を決めるとか


271 :テキストコピペマン:2006/06/10(土) 15:50:31 ID:zyUUOuBd
「どうして、ボクはこんなについてないんだ」
 文化祭の準備で帰りが遅れ、しだいに降りだした雨は、静かにボクの身体を濡らし始めていた。
 ボクは急いで走り出した。
 雪はまだ降ってなかったけど、秋の陽気は消え去って、日が落ちるとかなり寒かった。
「寒い。これじゃあ死んじゃうよ」
 雨は次第に激しさを増してきた。
 あたりの街灯もスモッグの中で、一つずつ点灯を始めていた。
 電気屋の店頭のテレビが、「ルナ三号が月の裏側の撮影に成功した」と、なりたてていた。
 ボクは、立ち止まって、そのテレビに見入る。
 雨脚はまた一段と強くなったような気がした。
 いつもの学校の帰り道、何日も通ってきた道のはずなのに、今日は特に遠く感じていた。
 目の前に中央公園の入り口がある。
 この公園をぬければ、ボクの家まで近道だ。
 でも、先生からは、この公園を通って帰る事は、禁止とされていた
 やっぱり、いけない事はいけないんだ。
 ボクは公園の前で、頭をふる。
 いつもの道を走って帰ろう。
 その時、雨脚が激しくなった。
「だ、だめだ!!」
 ボクは、罪悪感に後ろめたさを感じながら公園の門をくぐる。
「近道しちゃおう」
 先生からは「そこを通って帰っちゃいけない」と、いつも言われていた。
 けど、そんなことはクラスメイトの誰も守ってはいなかった。
 ボクを除いては。
 でも、今日は仕方がない。
 ルールを守る事は大切だけど、雨も強くなって、これ以上濡れたら風邪をひいてしまいそうだった。

272 :テキストコピペマン:2006/06/10(土) 15:51:32 ID:zyUUOuBd
 きっと先生たちだってボクの事を理解してくれるはずだ。
 ・・・・・・それがいけなかった。
 今、ボクはどこにいるかもわからない。
 背中を流れ落ちる水の冷たさが、下着にまで伝わってきた。
 そのときボクは、雨に濡れて変色した鞄に目をやって、思い出した。
 一つの腕輪と、一冊の革の本。
 昨日、僕が母さんに言われて、家の掃除を手伝っていた時に、物置の奥から出てきた、厳重に封がされたホコリまみれの一抱えの木箱。
 その木箱には、ボクが顔も知らない父さんのサインが掘り込まれていた。
 悪いと思ったけど、ボクは中身が知りたくて、その封を破って木箱を開けてしまった。
 その中には、一つの腕輪と一冊の革の本が入っていたんだ。
 多分、これがボクの知っている、ただ一つの父さんの匂いだった。
 母さんが一人のときにいつも眺めている、父さんがくれた銀のロケットの中で微笑んでいる父さんの匂い。
 ボクは、母さんにばれないように、そっとそれを自分の部屋に運び込んだ。
 そして今、その腕輪と本は、僕の鞄の中に入っている。
 理由はわからないけど、いつも肌身離さず持っていようと思ったからだ。
 父さんに逢いたいわけじゃないし、逢うことができないのはわかっている。
 父さんはもう戻れない遠い所に行ってしまったから。
 だから・・・・・・ボクと父さんをつなぐのは、この腕輪と本しかないんだ。
 ただ、この本は決して読む事ができなかった。
 普通の革張りの本なんだけど、どんなに力を込めても開かなかった。
 腕輪もまだボクには大きくて、はめるとブカブカだ。
 公園を急いで走りぬけていると、ふいに雨脚が強くなってきた。
 まずい。
 いくら鞄の中に入っているとはいえ、これでは本が濡れてしまう。
 革の表紙の本が濡れるのは、本の保存によくないって、司書の先生が言ってたはずだ。
 でも今ボクは、公園のどの辺を走っているのか、実はわからなくなっていた。
「どこか・・・・・・雨宿りできる所はないかな」
 公園の林の中に、その館はあった。
 周りをアイビーが覆い始めている古風な館。
 なんとなく・・・・・・そう、魔法使いの住人でいるような不気味な館。
 見覚えのあるような無いような・・・・・・なぜか警戒心はわかない。
 ・・・・・・こんなこと、のんびり考えている場合じゃない。
 このままじゃ、いろんな意味で大変なことになってしまう。
 門まで近づいて呼び鈴を鳴らすけど、返事は無い。


273 :テキストコピペマン:2006/06/10(土) 15:52:07 ID:zyUUOuBd
 そっと扉を押すと、鍵はかかっていない。
 どうしよう? 
 雨宿りさせてもらおうかな・・・・・・
 勝手に、入り込むなんてできない。
 中の人が返事をくれるまで、何度も呼び鈴を鳴らす。
 しょうがない、見つかったら、そのときに謝ろう。
 ボクはくぐり慣れたように、玄関に入っていく。
 中は薄暗く暖炉にはこうこうと火がともされていた。
 一つの円形のテーブルに三脚の椅子。
 電気も通っていないような昔じゃないのに、明かりはその暖炉とテーブルに置いてある燭台だけだった。
 壁には何だかわからない物が、ホルマリン漬けのビンに詰められて並んでいる。
 その横には、掌ほどの七色の鱗がかけてある。
 さらに奥にある備え付けの台の上には、ふかふかの繊毛に置かれてた透き通った水晶の滴があった。
それが妙に、目について気になった。
 ・・・・・・が、誰もいない。
 とりあえず、家の人が出てくるのを待とうと思って、鞄を机の上に置く。
 これで本は一安心だ。
 でもこんな所に、誰かが住んでいるんだろう。
「すいませーん。雨宿りさせてくださーい・・・・・・すいませーん」
 しかし、いくら声をかけても家の人は出てこない。
 濡れた服のせいで、あまりにも寒かったボクは、暖炉に近づくと上着を脱いで、椅子にかけて乾かすことにした。
 別の椅子に腰掛けて一息つく。
 暖かい暖炉の光の前で、外で降っている雨の音をなんだか遠くに聞いていた。
 つい、うとうとと眠くなる。
 僕のマブタの裏に、白い光が入り込んできた。
「家事?」
 その光でハッとして、眼をさます。
 家事じゃなかった。
 机の上に置いてある、鞄の中から怪しく光りだして、その光が鞄の隙間から溢れ出している。
「何? 何がおこったの?」
 鞄に近づき、鞄のフタをはねあげた。
 鞄の中で、何かが輝いている。


274 :テキストコピペマン:2006/06/10(土) 15:54:14 ID:zyUUOuBd
 フタが開放された事で、光はとめどなく溢れ出し、辺りに光の渦を広げていく。
 何が始まったんだろう・・・・・・恐い。
 でも、でもボクは、この中を見なくちゃいけない。
 なぜそんな事を思うのかはわからないけど、ボクは今、目の前で起こっていることを、確認しなくちゃいけない。
 恐る恐る中を見ると、光の主はあの本と腕輪から発せられている。
 そしてボクには、その理由がなぜかわかった。
 本と腕輪は、ボクを呼んでいたのだ。
 本と腕輪を手に取ると、輝きは静かに消えていた。
 その時、誰かの声が頭上から響き渡った。
「『運命の輪』の子にして、『愚者』の運命を司る者よ・・・・・・。再び、その腕輪を左腕にはめ、その本を開くのだ! そして新たに世界を紡ぐのだ、新たなる世界の創造を!」
 この腕輪を・・・・・・つけろって言うの?
「そんなこと、信じて・・・・・・信じて・・・・・・どうしろっていうんだよ!」
 いきなり光って、いきなり声がして、なんとかの輪の子とか愚者とか、どうとかって・・・・・・
 ボクに何をしろっていうんだ!!
 ・・・・・・でも。
 でも、ボクはこの声に従わなきゃいけない気がする。
 この腕輪をはめなければいけない気がする。
 ボクは、決心した。
 これが、ボクの使命だと思ったから。
 ボクは本とテーブルに置くと、腕輪は左腕につける。
 あれほどブカブカだった腕輪が、ぴったりと、まるでボクにあつらえたようにはまる。
「え? え?」
 吸い付いたような感触に驚いて、ボクはとっさに腕輪をむしりとろうとする。
 でも、腕輪は外れようとしない。
 腕輪の変化にあわせて、テーブルに置いてあった本のページの隙間から、赤い光が走りだす。
 次々と起こる不思議な事に呆然とするボクの前で、赤い光は次第に大きくなっていく。
 絶対に開かなかった本が今、開こうとしている。
「うで・・・・・・わ・・・・・・の・・・・・・せい・・・・・・か・・・・・・」
 ボクは引き込まれるように、本の方へ近づいていく。
 赤い光は、完全に本が開いたことでその輝きを増し、ついにはボクの身体を包み込んだ。




275 :第一話  「勇気は瞳に燈る」  タロット・マジシャン:2006/06/10(土) 15:56:22 ID:zyUUOuBd
 イルカのうぶ毛、ノミの心臓、ツユビオニトカゲ。
 ウィスプの隠れ毛、ケット・シーの深爪、エントの好奇心。
 名前だけは知っていても生まれて初めて見るものばかりが壁一面に並び、暖炉の光に照らされて静かに時を過ごしていた。
 そしてもう一方の壁には僕には理解すら出来ない物がならんでいた。
 古く鈍い音をたてる鎧、ぐるぐるまきの軟体質、小さい掌、少女の顔にみえるニンジン。
 でもその中に、シェンロンの鱗とペレの涙がある。
 他のものは、なんと形容していいかすらわからない。
 だけど、それだけはすぐに名前が出てきた。
 自分でも良くわからないけど。
 僕は、偉大なる魔術師、デッキマスターの最高峰とよばれる、サラの館にいた。
 中は薄暗く、奥にある暖炉だけが、この室内に暖を提供していた。
 一つの円形のテーブルに三脚の椅子。
 明かりはテーブルに置いてある燭台だけだった。
 その前には、一人の女性が座っていた。
 この女性が魔術師サラ。
 外の雷鳴が、ずいぶん遠くで鳴っているようだった。
「何だって坊や、デッキマスターになりたいだって?」
 サラは白く細い指を彩る、赤いリングをなで回しながらそう言った。
 外の雨はいつの間にか音を立てて降り始め、遠くで聞こえていた雷鳴も、だんだん大きくなってきた。
「坊や、名前は?」
「僕の名前は、ゆうらん・まさあき」
 僕はサラの冷ややかな視線に戸惑いながら、それでもはっきりと自分の名前を告げた。
「確かに、どんな者であろうと、証さえあればデッキマスターになれることはできる。ただね、坊や。デッキマスターになるって事は、この世界でどうなっても構わないって事。たとえ死ぬ事になってもね。その覚悟はあるの?」
 サラの視線は冷たいままだ。
 僕は父さんの形見の、デッキマスターの証である黄金の腕輪がついている左腕を押さえながら答えた。
「うん。覚悟はできてる。僕にデッキマスターの才能があるのかどうか、求めている物を探す資格があるのか、僕は、スグに知らなきゃいけないんだ」
 僕がそう言うと、サラは大きなため息をついて僕にこう言った。
「・・・・・・わかったわ。ただし、テストはさせてもらうよ。いくら証を持っていても、私の所で修行する資格があるか、試させてもらうわ」
 そう言って、サラは僕に袋を投げた。
*カードをもらった
「これは・・・・・・デッキカード!」
「そう、これを使って坊やには、私の指定した相手と闘ってもらいます」
「え? 闘う? ちょ、ちょっとまってよ!」
「何? 怖じ気づいたの?」
 そんな冗談じゃない! たしかに、僕はこのデッキマスターの証を持っている。
 でもそれは持っているだけで、デッキカードなんかは見た事も使った事もない。
 ・・・・・・いや、そう言えば村長さんの所で見たことがある。
 たった一枚、家宝だって言ってた。
「坊や、時間がないんだろ? ここで一から修行するかい? 一年かかるか、二年かかるか・・・・・・それならそれで、私は別にいいけどね。・・・・・・死ぬ覚悟、できているんだろ?」
「・・・・・・わかった。やってみるよ」
「よし、じゃあ行くよ、最初の相手は・・・・・・」
 サラが右手を上げる。
 すると、外で鳴っていた雷鳴がひときわ大きく唸り声を上げた。
 窓の外に気を取られていた僕が視線を戻すと、目の前に稲光をまとった人が現れていた。
 女の人だ。
「サラ様、お久しぶりです。この坊主が今回の俺の相手ですか? 俺の名はサンダークラック。よろしくな」


276 :第一話  「勇気は瞳に燈る」  タロット・マジシャン:2006/06/10(土) 15:59:39 ID:zyUUOuBd

「いきなり戦うなんて! 僕にはできないよ! 無茶だよサラさん! カードを使えなんて簡単に言うけどどうすればいいんだよ!」
「まったく情けない小僧だ。なぜこんな小僧にサラ様は・・・・・・おい!小僧! 泣き言いって他人に頼ってないで自分で生き残る手段を考えたらどうだ!」
「でもサンダー・・・・・・・クラックさん・・・・・・僕には・・・・・・いったい何ができるのかも解らないし」
「だったらできることから試していけばいいだろう!」
*サンダークラックと対戦
「意外に物覚えが良いじゃねえか小僧。でもまさか俺が負けるとは思わなかったぜ」
「サンダークラックさん、いろいろありがとう」
「へへ、いいってことよ。じゃあな小僧。ちょっと楽しかったぜ。・・・・・・ああそうだ、最後に一つ・・・・・・これだけは言っておく。
俺のことはサンダーさんって呼べ。そっちの方がしっくりくる。なぜかはわからんがな」

「まぁ、こんなところか・・・・・・ほら坊主、とっときな」
 僕の前にカードが現れる。
「え、そんな・・・・・・」
「それが、勝利者であるデッキマスターの正当な取り分ってやつだ」
 サンダークラックは僕の前にカードを置いて、雷鳴と共に閃光のゆらぎの中に消えていった。
*カードをもらった
「なるほど・・・・・・素質はあるようね。モンスターをカードの力で召喚して、相手にぶつける。聞いただけで、すぐそこまでできれば十分だわ」
「え、じゃあ・・・・・・」
「とりあえずは、合格よ」
 サラは今までの冷たい視線が嘘のように暖かく微笑んだ。
「あ、ありがとう。これ、返します」
 僕は、サラに借りたカードと、サンダークラックにもらったカードをサラに返そうとした。
「そのカードは返さなくてもいいわ。そのカードはあなたの物よ」
「そんな・・・・・・こんな高価な物」
「もうそのカードは、坊やと闘った盟友よ。モンスターはあなたと一緒に成長して強くなる。[レベル9]以上になれば、ランクアップすることだってある。
一度でも一緒に闘ったカードは、マスターと共に歩む、デッキマスターの武器。どんな時でも、そのカードを手放しちゃ駄目。もちろんデッキマスターシンボルも。
デッキマスターは、そこらじゅうの冒険者に狙われるわ。寝込みを襲ってカードとシンボルを手に入れれば、そいつは力を入れる。正面から、『いざ勝負!!』なんて誰も来ないものよ」
「・・・・・・わかりました。ありがとう。もらっておきます」
「じゃあ、あなたはこれで一人前のデッキマスターとして、カードを手に入れました。これから手に入れたカードは、あなた自身で、使用するためのデッキに組み込まなくてはいけません」
「うん、わかった」
「よろしい。じゃ、次の相手に行くわよ」
「え?」
「あなたは、カードの基礎を覚えたに過ぎないの。相手がただの冒険者だった場合は、今のままでも大丈夫。でも、相手がデッキマスターの場合はどうかしら? 召喚したモンスターは闘い傷ついてくる。
それを見極めてモンスターを守ってあげるのも、あなたの役目よ。モンスターはあなたの奴隷ではなくて、仲間なんだから」
 そう言って、サラはテーブルの水差しにしなやかに白い手を伸ばすと、中の水をコップに注いだ。
 そしてその水面に、うっとりするような唇から息を吹きかける。
 水は見る見るうちに凍り、氷の結晶となる。
 そしてその結晶は空中へと舞い上がり、人間の女性の形をかたどった。
「寒い……あなたが私を慰めてくれるの? 私の名前は、ニキータ。私を……抱いて……」

277 :第一話  「勇気は瞳に燈る」  タロット・マジシャン:2006/06/10(土) 16:01:35 ID:zyUUOuBd
*ニキータと対戦
「ホントに男の子ってすぐに強くなってしまうのね」
「ありがとうございました。ニキータさん」
「やっと名前で呼んでくれた。ふふふ……なぜかしら? 懐かしいわ」
「……気に入ったわ……あなたは……とっても激しくって……」
「二、ニキータさん!?」
「……はい、この子をあげる……。わたしだと思って……大切に……」
「は、はい」
 僕はまだひんやりと冷たいカードを受け取った。
*カードをもらった
「ありがとう。慰めてくれて……じゃ、またね」
 ニキータは、ゆっくりと消えていった。
 それは朝の霜が、日の光に消えてゆくようだった。
 それを眺めていたサラが口を開く。
「よろしい、かなりカードがわかってきたようね。もう、あなたも理解していると思いますが、確認しましょう。カードには四つの種類があります。
[スペルカード]魔法をカードより解き放ちます。[モンスターカード]モンスターをカードから召喚します。召喚したモンスターは特殊能力を使用できます。
[アイテムカード]アイテムをカードから召喚します。召喚したアイテムは使用することで、更に特別な効果を得ることができます。[フォーメーションカード]そしてまだ、あなたの知らない最後の一つです。
そしてすべてのカードには属性があります。[火・水・土・風]そして[無]。そしてもう一つ。二つの性格の対立を忘れてはなりません。[ロゴス(L)]と[パトス(P)]。
すべてのカードは、すべてこの形で表されるのです」
「むずかしいんだね」
「大丈夫、慣れてくれば、すべて体で理解できるようになるから」
「体で理解か……」
「生きるために必要なんだから、歩く事は忘れないでしょ?」
「そうだね」
「次は、これよ」
 サラは、左手につけている宝石をはずしてテーブルの上に置いた。
 宝石の光は輝きを増し、光の玉となった。
 その光がしぼんだ時、そこには一人の精霊が座っていた。
「きゃーははははは。サラさまぁ、おっひさしぶりぃー」
 どうも陽気な精霊らしい。
「そういえば、ともだちの、ぶらうにいずがよろしくっていってたよぉ」
「そう、よろしく言っておいてね」
「うーん」
 にこやかに受け答えするサラを見て、僕はあぜんとする。
 サラって、こんな表情もするんだ……。
 そんな僕の視線に気づいたサラは、慌てて咳払いをした。
「わかってるわね?」
「うん」

「じゃ、がむばろー」
「がむ……がんばるって……これって戦いじゃないの? それも命懸けの」
「そっだよー」
「そっ、そっですか……ああそうですか……じゃあいきますよフーア……さん」
「フーアでいいよー」


278 :第一話  「勇気は瞳に燈る」  タロット・マジシャン:2006/06/10(土) 16:03:36 ID:zyUUOuBd
*フーアと対戦
「えへへへへ、まけちった。きみつよいねー」
「ごめん大丈夫かい? フーア」
「うん! フーアだいじょーぶ! きみやさしーんだねー」
「うーん。もうちょっとあそびたいなぁ……」
 横目でサラを見るフーア。
「駄目です」
「ぶー。じゃあ、かえるー。あ、そーだ。これあげる」
 ひらひらとカードが舞う。
「『きゅあ』と『ふれっしゅ』と『すとーんなっこー』だよ。じょーずにつかってねー。そんじゃーねー」
 フーアは一瞬にして宝石に帰っていった。
*カードをもらった
「これで終わり?」
「ええ。カードの技術に関してはもう伝える事はないわ」
「よかった……これで一人前のデッキマスターになれたんだ」
 冒険者たちの憧れの的であるデッキマスターになれた喜びの中で、僕はここまでの道のりを思い出していた。
 母さんの遺品を整理している時、僕はそこに父さんのデッキマスターシンボルを見つけた。
 僕が子供の頃、だまって家を出ていった父さん。
 このシンボルを見つけた時、僕は父さんに会いたくなった。
 母さんが死んでしまった今、この村にいる理由は……ない。
 そして僕は、デッキマスターの最高峰として一目置かれている、火吹き山の魔法使いサラに師事する為に旅立ったんだ。
 つらかったけど、これで僕はデッキマスターになれたんだ。
 やっと父さんを捜しに旅立つ事ができる。
「ありがとうございました。サラさん」
「ちょっと待ちなさい。あなた、人をさがそうとしているんでしょう?」
 驚いた。
 たしかに。
 僕は父さんの行方を知る為に、デッキマスターになろうとしたんだ。
 でも、なんでその事を?
「知ってるわよ」
「え?」
「あなたのお父さん」
「ど、どうしてなにも聞かずに……」
「その腕輪……そのデッキマスターの証は、十年前にここを尋ねてきた男がしていた証。そう、あなたに雰囲気がとても良く似ていた……」
「それで、その男の人……父さんはどこに行ったんです!!」
「あなたのお父さんの事を教える前に、あなたへの最後のレッスンを行います。すべてのカードを使い、あなたはデッキマスターとしては一人前になりました。でも、一流のデッキマスターの前では、赤子同然です。
すべての局面を理解して、適正な行動を指示するのが、あなたのマスターとしての役割なのです。相手の行動を確認しなさい。相手が何をしようとしているか理解しなさい。相手の弱点を判断しなさい。カードの使い方は、一つじゃありません。
すべての動きを理解して、相手のスキをつくのが、一流のデッキマスターです。その[戦略]を使いこなせれば、あなたのお父さん捜しも楽になるでしょう」
「わかりました。[戦略]ですね……」


279 :第一話  「勇気は瞳に燈る」  タロット・マジシャン:2006/06/10(土) 16:04:37 ID:zyUUOuBd

「そう、そしてこれらが最後のテストです。[戦略]は本当に理解できたかしら?」
 サラは立ち上がり、右手の中指の赤いリングを暖炉の中に投げ入れた。
 サラの瞳は、さっきまでの冷酷な視線を取り戻し、リングは暖炉の中で激しく弾けた。
 火は炎となり暖炉の外にまで吹き上がると、そこで一人の女性の姿になった。
「最後に、この世界のことわりについて教えておくわ。『火は、土に従い、風を従え、水と相克す』『風は、火に従い、水を従え、土と相克す』『水は、風に従い、土を従え、火を相克す』『土は、水に従い、火を従え、風と相克す』。
これが世界の摂理。これを絶対忘れないで。忘れると、いくら強いカードでもただの紙切れになってしまうわ」
「うん」
「そしてあなたは今まで、『風の稲妻』『水の氷結晶』『土の宝石』と闘ってきました」
「そうか……じゃあ最後に……」
 サラの代わりに、その火の精霊が答えた。
「そう。私、『火の煉獄』ファイアー・ピカロと闘ってもらう。ボウヤ、私の業火でお眠りなさい。今までの三人のように、私は甘くないよ。すべての力でかかってきな!!」

「さぁ、我に隙があるなら、即! かかってくる! 黒焦げ確定! ここからは甘くない!!」
*ファイアー・ピカロと対戦

「何と強い男かぁー!! ……燃えたわー。私をここまで燃えさせるなんて悪い男ね。じゃあまた会いましょう」
「……あなたのお父さんはね」
 戦いに勝利し息を整える僕に、サラはリングをなで回しながら言った。
「西に向かっていったわ」
「西に?」
「ええ、何か大事なものを探しに行くといってね。だから、あなたがお父さんの証を手に現れたときは驚いたわ。そして、悲しかった……。どうする? それでも、お父さんを追いかける?」
「はい。そこに何があるのかわからないけど、父さんが見つからなければ、父さんが探していた物を僕は見つけてみせる」
「そう……わかったわ。西にブラックオニキスという街があるわ。『震える闇からの咆哮』という名の迷宮を持つ、変わった街。あなたのお父さんは、多分その迷宮の街に向かったはずよ」
 いつの間にか雨は止み、外は朝になっていた。
 僕は何度も何度も振り返って頭を下げながら、魔術師サラの館を後にした。


280 :第一話  「勇気は瞳に燈る」  タロット・マジシャン:2006/06/10(土) 16:05:23 ID:zyUUOuBd
 僕が本を読み終えると、腕輪と本から光が失せた。
 腕輪はゴトリと床へ落ち、本はパタンと音を立てて閉じた。

 ボクは呆然としていた。
 夢なのか何なのか理解できない。
 周りを見渡すと、全ては元のまま。
 ボクはまだ、あの古びた館の中にいた。
 違うのは床に転がる腕輪、机の上にある本。
 ボクは、たしかに本を読んでいた。
 でも、本を読んでいたというよりも、……体験していたんだ。
 暖炉の薪がパチッとはじける。
 初めての不思議な感覚に、呆然としている。
 ふいに背後に人の気配がした。
 フードを被ったお婆さんのようだった。
「どうしたね。ぼうっとしてから……」
 お婆さんはボクに話しかけてくる。
「すいません。勝手に雨宿りしてました」
 慌てて暖炉のそばで乾かしていた服を着た。
 服は、もうすっかり乾いている
 あんまり慌てていたものだから、足元に転がっていた腕輪を踏んでしまい転んでしまった。
 あまりにも見事に転んでしまったので、ボクは床に転がった腕輪を恨めしそうに見つめる。
 そんなボクの行動を、じいーっと見ていたお婆さんは、ゆっくりと口を開いた。
「坊や……その腕輪を大事にしておくんじゃ。いつも肌身離さず持っておれ……必ず本と一緒にな」
「お婆さん!この本のことを、腕輪のことを知っているの! これは……これは、ボクの父さんの形見らしいんです」
「知っている……とも、知らんとも言えるのう」
 指のリングを回しながら、お婆さんはぽつりぽつりと言葉を続ける。
「ボクの父さんのこと、もしかして知っているんですか!」
「それも……知っているとも、知らんとも言える。ただ、今言えるのは、おぬしはその本を読まなければならないという事、そしてその本はここでしか読めんという事じゃ」
「そんな……そんな馬鹿な話、あるわけが……」
「その馬鹿な話を、一番良く理解しているのは坊やじゃろう?」
「それは……」
 ボクは本を開こうとするが、今はぴくりとも開く気配を見せない。
「また明晩、ここにくるがええ。全てはその本が語ってくるじゃろう。坊やが知りたいこと、知らなければならないことを……」
 ボクは釈然としないまま、そのお婆さんに雨宿りの礼と無断で入った非礼を告げ、館を後にした。
 雨はもうすっかり上がっていた。


281 :テキストコピペマン:2006/06/10(土) 16:06:14 ID:zyUUOuBd
ここまでしていまさらなんですが、著作権とか大丈夫なのだろうかと気づいたw

282 :せがた七四郎:2006/06/11(日) 12:21:15 ID:3zjrnieG
神の視点で書き直せば無問題

283 :せがた七四郎:2006/06/11(日) 16:39:14 ID:msfzBh8p
さっそくやらしてもらう。

284 :せがた七四郎:2006/06/11(日) 17:07:40 ID:msfzBh8p
「どうして、ボクはこんなについてないんだ」
 文化祭の準備で帰りが遅れ、しだいに降りだした雨は、静かにボクの身体を濡らし始めていた。
 予報では夜になってから本格的に雨が降るといっていた。朝の時点では、こんなに文化祭の準備が長引かないと思っていたのが甘かった。
 ボクは急いで走り出した。
 雪はまだ降ってなかったけど、秋の陽気は消え去って、日が落ちるとかなり寒かった。
「寒い。これじゃあ死んじゃうよ」
 雨は次第に激しさを増し、ボクの服を蝕んでいく。夕闇に乗った風が冷たさを倍増させ、身体は凍えて固まっていた。


285 :せがた七四郎:2006/06/14(水) 11:46:31 ID:x2DS1DDG
やり直すw

286 :せがた七四郎:2006/06/19(月) 02:39:30 ID:ZGxiAmVs
これPS2で動かないの俺だけ?

287 :せがた七四郎:2006/06/19(月) 10:48:21 ID:m0b0yO5H
>>286
貴方だけ…ソフトに傷が付いているのでは?

288 :せがた七四郎:2006/06/19(月) 16:48:34 ID:PKWy+XuX
クローン製作神降臨キボンヌ

289 :せがた七四郎:2006/06/20(火) 09:07:49 ID:7Fxa2Dmd
久し振りにやってたんだが、
敵のシヴァ強いな。死ぬとこだった。
遥か昔も何回もやられた記憶がある。

ムービーを綺麗にしてPS2に移植キボン。
あ、ティフェレトの絵は直してもらおう。
このゲーム一番の謎。

290 :せがた七四郎:2006/06/20(火) 11:35:05 ID:3W9Q31Tm
>>289
いや、テキストを絵に合わせて変える方が現実的。

291 :せがた七四郎:2006/06/20(火) 14:43:19 ID:hRyCDG2V
ていうかイヴリース(ry

292 :これがおれの限界w:2006/06/20(火) 17:46:42 ID:oWzyzMyJ

 夕暮れになると、すでに秋の陽気は完全に失われていた。
 あたりはうっすらと暗くなり、太陽と引き換えに降り出した雨が人影を飲み、静かにボクの身体をぬらし始めていた。
「どうして、ボクはこんなについてないんだ」
 朝の予報では雨が降るのは夜更けになるだろうと報じていた。いくら文化祭の準備で帰りが遅れたとしても大丈夫だろう、と勝手に皮算用したことが甘かったのか。
 元はといえば、文化祭の準備に手間取ったボクの貧乏くじ。運のなさは最初からだったのだろう。不運は続くものだと自分に言い聞かせる。
 雨は次第に激しさを増し、ボクは急いで走り出した。
「寒い。これじゃあ死んじゃうよ」
 まだ雪は降っていなかったけれど、陽が落ちていっそう厳しくなった寒風が、ぬれた身体を凍えさせた。
 不気味に広がるスモッグの中で、近くの街灯もひとつずつ点灯をはじめている。いつもの学校の帰り道。何日も通ってきた道のはずなのに、今日は特に遠く感じていた。
 電気屋の店頭のテレビが「ルナ三号が月の裏側の撮影に成功した」と声高に中継していることに身体が反応した。


293 :せがた七四郎:2006/06/22(木) 00:28:29 ID:z4UR5buu
>>292
GJ!

しかしPS2とかでリメイクしてくれないかな…
・テキストを書き替え(せめて上級ラノベくらい)
・戦闘ボイスを変更(殺しちゃうもんねーは可)
・あきらかに使えないカードを削除
・モンスターをカードなしでリアルタイム移動させて欲しい。攻撃射程も…
・ハメをなくす(ケットシ+ファランクス=凍結凍結凍結)
・ネット対戦+トレード+大会
……妄想スマソorz

294 :ロゴスルート:2006/06/25(日) 09:38:34 ID:l94Pf0nu
「こんなスモッグと雨の中で、月の姿も何もあったもんじゃないよ」
自分とあまりにもかけ離れた情報がばかばかしくて、ボクは通り様に文句を吐き捨てた。そんなボクをあざ笑ってか、雨脚がまた一段と強くなったような気がした。本当についていない。
 明かりの少なくなった商店街を抜けると、目の前に中央公園の入り口がある。普段から人影の少ないひっそりとした公園。こんな大雨の中だ、当然のように公園には誰の姿もない。
 実はこの公園を通れば、ボクの家までの近道だったりする。
 規模としては大きな公園だ。それでも普段から人目には付かない理由からか、先生からはこの公園を通って帰ることは禁止とされていた。
 公園の入り口の前で、雨に打たれながら、ボクは考える。こんな状況で、誰も見ていないのは明らかだ。それでもボクが躊躇ってしまうのは、誰も見ていなくても、少なくともボク自身が見ているという理由だった。
「やっぱり、いけないことはいけないんだ」
 こんな状況になっても、意思に反せないボクは、本当に馬鹿な性格だと思ってしまう。
 ボクは頭を振って、いつもの道を走って帰ろうと、公園の入り口から目を離したそのとき。
雷のすごい爆音が、さながらすぐ傍で起こったような衝撃波を起こし、鼓膜を揺るがした。
 あまりの突然さに、ボクは目を閉じてしまった。もしかして公園に落ちたのだろうかと思うも、あいにく稲光は見損じていた。おかげで遠くに落ちたか、近くに落ちたかも解らない。
 だが、決定的に心は変わっていた。
「近道しちゃおう」
 ボクは罪悪感に後ろめたさを抱きながら、公園の門をくぐる。
 いくら禁止とされていても、これ以上濡れたら風邪を引いてしまうかもしれなかった。ルールを守ることは大切だけれど、本末転倒では意味がない。この豪雨と雷鳴の中では仕方のない選択だったと、きっと先生も解ってくれるだろう。
 ……それがいけなかった。
 めったに行くことのなかった公園の構図を、ボクはあまりにも知らなさすぎた。今、ボクはどこにいるかも解らない。一向に降り止まない雨の強さに、背中を流れ落ちる水の冷たさが、下着にまで伝わってきた。
 もう服の中も靴の中も、ずぶ濡れだ。
 そのときになってようやくボクは雨に濡れて変色したカバンに目をやった。
 ひとつの腕輪と、一冊の革の本。


295 :せがた七四郎:2006/06/26(月) 06:13:11 ID:M5KW5YzI
いいね

296 :ロゴスルート:2006/06/26(月) 11:49:37 ID:EatS4rmw
 それは昨日の話だ。
 ボクが母さんに言われて、家の掃除を手伝っていたときに、物置の奥から出てきた、厳重に封がされたホコリまみれの一抱えの木箱。
 その箱には、ボクが顔も知らない父さんのサインが掘り込まれていた。
 悪いとは思いつつも、突然の展開にドキドキしながらボクは中身が知りたくなって、その封を破って木箱を開けてしまった。
 その中に入っていたのは、宝石の埋め込まれたひとつの腕輪とこげ茶にくすんだ革の本一冊だけだった。
 多分、これがボクの知っている、ただひとつの父さんのにおいだった。
 母さんがひとりでいるときにいつも眺めている、父さんのほほ笑む写真。昔は良く見せてくれたけど、最近は父さんが残した銀のロケットに詰め込んでいることが多い。
 理由は解らないけれど、ボクにつらい思いをさせたくない母さんなりの配慮かも知れないが、ボク自身に何も残していない父さんを恨んでなんかいない。いまさら逢いたいわけでもないし、逢うことができないことも解っている。
 父さんはもう戻れない遠いところに行ってしまったのだから。
 残っていた父さんのにおいを、ボクは母さんにばれないように、そっと自分の部屋に運び込んだ。
 そして今、その腕輪と本は、ボクのカバンの中に入っている。
 ……ボクと父さんをつなぐのは、この腕輪と本しかない。だからいつも肌身離さず持っていようと思ったんだ。
 ただ、この本は決して読むことができなかった。
 茶色にくすんでいるのは年期のせいだろうけど、見ても触っても普通の革張りの本。だけど、どんなに力を込めても開いてくれる気配はなかった。不思議な光沢を放つ宝石の埋め込まれた腕輪も、まだボクには大きくてはめてみてもブカブカだった。
「どこか……雨宿りできるところはないかな」
 雨脚はさらに勢いを増している。いくらカバンの中に入っているとはいえ、このままでは本が濡れてしまう。革の表紙の本が濡れるのは、本の保存によくないと司書の先生が言っていた気がする。
 まずい。
 ボクはあせっていた。実のところ、ボクはもう公演のどのあたりを走っているのか解らなくなっていたのだ。風邪を引くのはもはや構わない。それでも唯一ボクと父さんを結ぶ存在を傷物にしてしまうのはとても納得できそうになかった。
 公園を抜けることよりも、まずは雨宿りを優先するほうが懸命だと思い、一呼吸落ち着ける場所をボクは必死に探す。こんな状況だ。一時しのぎでも構わない。
 すると……公園の林の中に、その館はあった。


297 :ロゴスルート:2006/06/26(月) 16:23:57 ID:EatS4rmw
 周りをアイビーが覆い始めている古風な赤レンガで造られた館。
 なんとなく……そう、魔法使いが住んでいるような不気味な雰囲気。そんなに大きくはないんだけれど、時代錯誤してしまいそうな、それでいて場違いさを思わせる建物だ。
どことなく見覚えがあるようなないような……なぜか警戒心は沸かない。
「こんな館があったんだ」
 公園には広場と遊具くらいしか置いてないと思っていた……ってそんなこと、のんびり考えている場合じゃない。
 このままじゃ、いろんな意味で大変なことになってしまう。
 嵐のような大雨が打ち付ける中、ボクはカバンを守るように覆いかぶさり、扉までの距離を走った。公園自体が忘れ去れているようなものだ。館を利用している人なんて、とても考えられなかった。
 近くまで寄ったけれど、中に人がいる気配はない。これも公園の一部なのだろうか、と考える。もしそうならボクにも使用する権利はあることになるが、公園の一部にしては館そのものの造りがしっかりしていることが気になった。
公園と一緒にほうっておくには、ちょっともったいない。念のため、ボクは呼び鈴を鳴らした。
 ……………………。
 一向に返事はない。そっと扉を押すと、どうやら鍵は掛かっていないようだった。やはり公園の一部であって、個人が預かり住まう場所ではないのだろうか。
 どうしよう?
 雨宿りさせてもらおうかな……
 それでも勝手に入り込むのは、かなり気が引けることだった。中の人が返事をくれるまで、ボクは何度も呼び鈴を鳴らしてみる。
 しょうがない。見つかったら、そのときに謝ろう。
 濡れた身体を確かめて、ボクは中に入る決意をした。くぐりなれたように、玄関に入っていく。
 ボクの予想は間違っていた。
 中は薄暗く、すでに暖炉にはこうこうと火が灯されていたのだ。思っていた以上に、部屋は狭かった。円形のテーブルひとつと三脚の椅子が置いてあり、壁には何だか表現の解らない物が、ホルマリン漬けのビンに詰められて並んでいる。
 電気も通っていないような昔じゃないのに、明かりはその暖炉とテーブルの上に置いてある燭台だけだった。いよいよ魔法使いの住んでいそうな部屋である。
火の灯った暖炉といい、これだけ部屋が整っていることを考えると、やはりこの館は公園の一部ではなさそうだ。後で勝手に雨宿りさせてもらったことを詫びよう。
「…………」
 改めて室内を見渡してみると、壁の横に掌ほどの七色の鱗と、奥にある備え付けの台にはふかふかの絨毛が敷かれ、その上には透き通った水晶のしずくが置かれていた。
 それが妙に、目について離れなかった。
 いったいこの館はなんだろう。置いてある不可思議な道具、明らかにこの公園には場違いと言えた。
 とりあえず一時的な雨宿りする立場として、ボクがとやかく言えることはない。濡れてしまったカバンの中から本を取り出して、机の上に並べて置く。
 これで本は一安心だ。
「すいませーん。雨宿りさせてくださーい……すいませーん」
 こんなところに、いったい誰が住んでいるんだろう。いくら呼びかけても、家の人は出てこない。
 本の安全が確保できると、次は濡れた服のことが気になった。暖炉に火が灯っているのは、ひどく都合のいいことだった。濡れて温度の冷め切った身体も暖められる。
 先ほどから服の裾から落ちるしずくで、床を汚してしまっている。誰もいないことをいいことに、暖炉に近づいて椅子に上着をかけて乾かすことにした。
 別の椅子に腰掛けて一息つく。
 穏やかな暖炉の光の前で、外で降り続けている雨の音が何だか遠くに感じていた。すべての対処を終えたからか、ついうとうとと眠くなる。
 不意にボクのまぶたの裏に白い光が飛び込んできた。
「火事?」


298 :ロゴスルート:2006/06/26(月) 17:21:50 ID:EatS4rmw
 ハッと危険を感じて、眠気と一緒に目が覚める。
 火事ではなかった。
 机の上に置いてある本と、一緒に横に並べていたカバンの隙間から怪しい光が溢れ出していたのだ。
「何? 何が起こったの?」
 あるまじき現実にボクは取り乱した。当たり前だ。本とカバンの中の何かが光り輝いているのだ。
 何がはじまったというのだろう……恐い。
 ボクはそれでも勇気を出して、カバンに近づきフタを跳ね上げた。
 何か爆発するかもしれないと恐れたボクは、カバンの端を持ち上げてさかさまにし、目をつぶりながら中身をテーブルにぶちまけた。
 ……爆発はなかった。それどころか、ゴトリと重たいものがテーブルに落ちた音がしただけだった。
 ゆっくり閉じた目を開けると、カバンの中の光は腕輪が主だったことが解った。
 革の本と腕輪が、テーブルの上で今もなお光っている。
 まともに考えてもありえない事態だけれど、なぜかボクにはふたつのものが光り輝く理由が解った。
 本と腕輪は、ボクを呼んでいるのだ。
 何者かに操られるように、無意識にボクが本と腕輪を手に取ると、輝きは静かに消えていった。
 そして、ボクの脳に直接語りかける声がしたのだ!
「『運命の輪』の子にして、『愚者』の運命をつかさどる者よ……再び、その腕輪を左腕にはめ、その本を開くのだ! そして新たに世界をつむぐのだ、新たなる世界の創造を!」
 この腕輪を……つけろって言うの?
「そんな馬鹿な。ハハハ、何? 何とかの輪とか運命とか、どうとかって……」
 いきなり本と腕輪が光ったり、ボクに何をしろって言うんだ。腕輪をはめてみたところで、ブカブカだったことはもう承知のことだ。いまさら何が変わるということもない。
 いったい何がボクの行動を後押ししたのかは解らない。でも、ボクは無意識のうちに腕輪を左腕につけようとしていた。
「うわっ!!」
 驚いて、ボクは思わず本をテーブルの上にほうり捨てた。だが、腕輪はまるで意志が宿っているかのように、ボクの腕から離れようとしない。いや、違う。あれほどブカブカだった腕輪が、ピッタリと、まるでボクにあつらえたもののように左腕に吸い付いた。
「え? え?」
 その奇怪な現象に、ボクはとっさに腕輪をむしりとろうとする。
 でも、腕輪は外れようとはしない。
 腕輪の変化に合わせて、テーブルに投げ捨てた本のページの隙間から、明かり光が走り出す。
 次々と起こる不思議なできごとに、ボクは声を出して冷静に対処することさえできない。狼狽するボクの前で赤い光は次第に強さを増し、広がるように大きくなっていく。
 絶対に開かなかった本が今、自らの力だけで開こうとしている。
「うで……わ……の……せい……か……」
 ボクは引き込まれるように、本のほうへ近づいていく。
 赤い光は、完全に本が開いたことで膨大し、ついにはボクの身体を包み込んだ。


299 :ロゴスルート:2006/06/26(月) 17:26:18 ID:EatS4rmw

第一章『Magician』勇気は瞳に燈る

BGM:とぅっとぅーるとぅとぅっとぅーるとぅ


300 :せがた七四郎:2006/06/27(火) 16:17:37 ID:hggo6O5v
>>299
ワロタw
でんでんででででん♪でででででぇてん♪

301 :ロゴスルート:2006/06/27(火) 16:52:04 ID:ibxu3Dj4
 イルカのうぶ毛、ノミの心臓、ツユビオニトカゲ。ウィスプの隠れ毛、ケット・シーの深爪、エントの好奇心。
 名前だけは知っていても、生まれてはじめて見るものばかりが壁一面に並び、暖炉の光に照らされて静かに時を過ごしていた。
 そしてもう一方の壁には、僕には理解すらできない物が並んでいた。古く鈍い音を立てる鎧、ぐるぐる巻きの軟体質、小さい掌、少女の顔に見えるニンジン。
 でもその中に、シェンロンの鱗とペレの涙がある。
 他の物は、何と形容すればいいのかさえ解らないが、それだけはすぐに名前が出てきた。理由は……自分でも良く解らない。
 僕は、偉大なる魔術師、デッキマスターの最高峰と呼ばれる、サラの館にいた。
 中は薄暗く、円形のテーブルに置いてある燭台と奥にある暖炉だけが、室内に明かりを提供していた。
 三脚にゆったり腰掛けて、肘にもたれるひとりの女性。流れるような長い黒髪のおかげで、どのような顔をしているのか解らないが、この女性が……魔術師サラ。
 雲行きの悪かった空が雷を落とし、窓の外から一筋の稲光が彼女の姿を誇張するように照らされた。
「何だって、坊や。デッキマスターになりたいだって?」
 サラは白く細い指を彩る赤いリングを、撫で回しながら冷ややかな視線を僕に向けていた。窓の外では、このタイミングを狙い済ましたように、音を立てて雨が降りはじめる。先ほど落ちた雷の音が、ずいぶん遠くのほうで鳴っているような気がした。
「坊や、名前は?」
「コウ・オナー」
 まるで興味がないと言わんばかりに言い捨てる語調に戸惑いながらも、それでもはっきりと僕は自分の名前を告げた。
「確かに、どんな者であろうと証さえあればカードを使うことはできる。ただね、坊や。デッキマスターになるってことは、この世界でどうなっても構わないってこと。五体満足でなんかいられやしないんだよ。それに死ぬことだって日常茶飯事。その覚悟、あるの?」
 まだ真剣でないまなざしも、冷酷さはかけらも失っていない。そして一部も隙のない姿勢が、単なる脅しではないことを如実に物語っていた。
 僕は父さんの形見でもあるデッキマスターの証、黄金の腕輪がついている左腕を押さえながら答えた。


302 :ロゴスルート:2006/06/27(火) 16:53:31 ID:ibxu3Dj4
「うん、覚悟はできてる。僕にデッキマスターの才能があるのかどうか、求めている物を探す資格があるのか、僕はすぐに知らなきゃいけないんだ」
 かたくなな態度でそう告げると、サラは大きなため息をついて僕にこう言った。
「……解ったわ。ただし、テストはさせてもらうよ。いくら証を持っていても、私のところで修行する資格があるか、ためさせてもらうわ」
 サラはリングをつけたほうの掌を宙で一回転させ、どうやって取り出したのか、小さな袋を僕に向かって放り投げた。
 中身を見て驚く。
「これは……デッキカード!」
「そう、これを使って坊やには、私の指定した相手と戦ってもらいます」
「え? 戦う? ちょ、ちょっと待ってよ!」
「何? 怖じ気づいたの?」
 そんな冗談じゃない! 確かに、僕はこのデッキマスターの証を持っている。でも、それはただ持っているだけで、デッキカードなんかは見たことも使ったこともない。
 ……いや、そういえば村長さんのところで見た覚えがある。たった一枚。家宝だって言ってた。
「坊や、時間がないんだろ? ここで一から修行するかい? 一年かかるか、二年かかるか……それならそれで、私は別にいいけどね……死ぬ覚悟、できているんだろう?」
 僕が単なる啖呵きりかどうかを試しているのだろう。サラはあざけった冷淡な笑みを浮かべている。
「……解った、やってみるよ」
「よし、じゃあ行くよ。最初の相手は……」
 サラはもう一度片手を挙げる。
 すると、外で鳴っていた雷鳴が、ひときわ大きなうねり声を上げ、瞬間的にひらめいた。
 窓の外に気を取られていた僕が視線を戻すと、目の前に稲光をまとった人が現れていた。
 人? いや、外見的に女の人であろうことは判断できるが、精霊か何かだろうか。
「サラ様、お久しぶりです。この坊主が今回の俺の相手ですか? 俺の名はサンダークラック。よろしくな」
 これがデッキマスターとしてのプレッシャーなのだろう。見ているだけでピリピリ電流が伝わってきそうな威圧を感じつつ、僕は背中に嫌な汗をかいていた。
 怖い……のだろう。背筋がゾクゾクし、足元がおぼつかない。対峙するプレッシャーに追い詰められ、何をすればいいのかさえ解らずに、僕はごく自然に助けを請っていた。
「いきなり戦うなんて、僕にはできないよ! 無茶だよサラさん! カードを使えなんて簡単に言うけど、どうすればいいんだよ!」
「情けない小僧だ。なぜこんな小僧にサラ様は……おい、小僧! 泣き言いって他人に頼ってないで、自分で生き残る手段を考えたらどうだ!」
「でも、サンダー……クラックさん……僕には……いったい何ができるのかも解らないし」
「だったら、できることから試していけばいいだろう!」


303 :ロゴスルート:2006/06/27(火) 17:04:29 ID:ibxu3Dj4


さて、ここで問題になってくるのが、戦闘描写。
やっぱり館の狭い部屋の中で戦うなんてありえないので、カードのフィールドが必要になってくるような気もするけど、そうしたらそうしたで、後々フィールド外でのカード使用シーンも出てくると思う。これが問題@。
問題Aはカードの戦闘シーン。モンスターをどこに召喚? やっぱり詠唱が必要? 魔法のダメージは? 単純攻撃で殴りかかるのか、それとも藁人形みたいな替え玉戦法で行くのか(その場合、リアリティがなくなるw)
リアルタイム制の戦闘時間はどうするのか。攻撃を代わりにかばうのはありとしても、真剣やつめが使う殺し合いの戦闘なら一撃ですでに致命傷w

でもタイムストップとかタイムスロウとか時間のスペルがあるんなら、戦闘フィールドにすべきかな……使う気ないけどw

304 :ロゴスルート:2006/06/29(木) 11:37:16 ID:f1BFnaZI
「意外に物覚えが良いじゃねえか小僧。でも、まさか俺が負けるとは思わなかったぜ」
「サンダークラックさん、色々ありがとう」
「へへ、いいってことよ。じゃあな小僧。ちょっと楽しかったぜ……ああ、そうだ。最後のひとつ……これだけは言っておく。俺のことはサンダーさんって呼べ。そっちのほうがしっくりくる。なぜかは解らんがな」
 
「まあ、こんなところか……ほら坊主、とっときな」
 サンダークラックは僕の前にカードを数枚置いた。
「え、そんな……」
「それが勝利者であるデッキマスターの正当な取り分ってやつだ」
 僕がでもも何もも付け足す前に、彼女は振り返ってサラに一礼すると、外の雷鳴と共に閃光の揺らぎの中に消えていった。
「なるほど……才能はあるみたいね。モンスターをカードの力で召喚して、相手にぶつける。聞いただけで、すぐそこまでできれば十分だわ」
 呆然と立ち尽くす僕に、サラは今までの冷たい視線がうそだったように暖かくほほ笑んだ。
「え、じゃあ……」
「とりあえずは、合格よ」
 当たり障りのない表現にもかかわらず、じわりじわりと喜びが胸の中で沸き立ってくる。突き放す態度をとっていた人からほめられた喜び、それが表に出て相手に悟られないように、
僕はあくまでも冷静なつもりで借りたカードとサンダークラックにもらったカードをサラに返そうとした。
「あ、ありがとう。これ、返します」
「カードは返さなくても良いわ。そのカードはあなたの物よ」
 その言葉は意外で、今の僕には理解が及ばなかった。
「そんな……こんな高価な物」
「もうそのカードは坊やと闘った盟友よ。モンスターはあなたと一緒に成長して強くなる。経験が実力にプラスされれば、ランクアップすることだってある。一度でも一緒に闘ったカードは、マスターと共に歩む、デッキマスターの武器。
どんなときでも、そのカードを手放しちゃ駄目。もちろんデッキマスターシンボルも。デッキマスターは、そこらじゅうの冒険者に狙われるわ。寝込みを襲ってカードとシンボルを手に入れれば、そいつは力を入れる。
正面から、『いざ勝負!!』なんて誰も来ないものよ」
 すぐに僕がカードを使えたことからも、それはうそじゃないことが良く解る。必要なのは精神力でも集中力でもない。カードとシンボルがお互いの力を共鳴しあうキッカケを与える、ただそれだけのこと。
「……解りました。ありがとう、もらっておきます」
「じゃあ、あなたはこれで一人前のデッキマスターとして、カードを手に入れました。これから手に入れたカードは、あなた自身で、使用するためのデッキに組み込まなくてはいけません」
「うん、解った」
「よろしい。じゃ、次の相手に行くわよ」
 サラはこともなげにさらりと恐ろしいことを言ってのけた。
「え?」
「あなたはカードの基礎を覚えたに過ぎないの。相手がただの冒険者だった場合は、今のままでも大丈夫。でも、相手がデッキマスターの場合は同かしら? 召喚したモンスターは戦い傷ついてくる。それを見極めてモンスターを守ってあげるのも、
あなたの役目よ。モンスターはあなたの奴隷じゃなくて、仲間なんだから」
 確かにそのとおりだった。相手もカードを使ってきた場合、その状況状況に応じて対応しなければならない。モンスターに指示を与え、戦わせるのは僕なのだから。そして、モンスターは僕のために戦ってくれるのだから。
 サラはテーブルの水差しに白い手をしなやかに伸ばすと、中の水を透明のガラスコップに注いだ。溢れるぐらいに、ガラスの口まで張られた水の水面に、うっとりするような唇からため息混じりの息を吹きかける。
 水は見る見るうちに凍っていき、氷の結晶となった。そしてその結晶をガラスから取り除き、細くて整った掌に載せて、やさしく指を折って握り締めた。たいした力を込めたようには見えなかったが、氷とまるで意志が通い合っているのか、
バリバリと砕ける音が立った。
 細やかに砕けた氷はまるで煙のように空中へと舞い上がり、人間の女性の形をかたどった。
「寒い……あなたが私を慰めてくれるの? 私の名前は、ニキータ。私を……抱いて……」
 カードは使った様子はまるっきりなかった。それでもこれだけの魔法が使えるのは、やはりサラが偉大なる魔術師だからだろうか。
 サラの使った魔法に見とれていた僕は、彼女の声を完全に聞いていなかった。
「あなたが、私を暖めてくれるの?」
「え……暖めるって、そんなこと僕には」
 今度こそ彼女の言葉に狼狽した僕を見て、満足そうにニキータは笑った。
「ふふふ、赤くなっちゃってかわいい子ね。じゃあ、行くわよ」


305 :ロゴスルート:2006/06/29(木) 11:39:06 ID:f1BFnaZI
「ホントに男の子ってすぐに強くなってしまうのね」
「ありがとうございました。ニキータさん」
「やっと名前で呼んでくれた。ふふふ……なぜかしら? 懐かしいわ」
 ニキータは左手の人差し指を噛むしぐさをして意味深な笑いを浮かべている。何か話を交えるべきだろうかと僕は思うも、なかなか適当な言葉が見当たらずに口を閉口させる。少しの沈黙が続くと、彼女は急に足をガクガクと震わし、カタカタと歯と爪をこすり合わせはじめた。
「気に入ったわ……あなたは、とっても激しくって……」
「ニ、ニキータさん!?」
 何か病気の症状でもと思った僕は声高に驚き、うつむき加減だった彼女の顔をうかがった。ところが――
「はい、この子をあげる……私だと思って、大切に……」
「は、はい」
 差し出されたカードを、僕は思わず返事して受け取った。ニキータの身体は何ともない様子だが、大丈夫なのだろうか。単なる発作……?
「ありがとう。慰めてくれて……じゃ、またね」
ニキータは何か達成感めいたほほ笑みを浮かべながら、燭台の明かりに溶け込み、消えていった。その様はまるで朝の霜のように、そして恋人の別れのように、さびしげな雰囲気を作っていた。
その場景を一緒に眺めていたサラが口を開く。
「よろしい、かなりカードが解ってきたようね。もう、あなたも理解していると思いますが、確認しましょう。カードには四つの種類があります。【スペルカード】魔法をカードより解き放ちます。【モンスターカード】モンスターをカードから召喚します。
【アイテムカード】アイテムをカードから召喚します。召喚したアイテムは使用することで、さらに特別な効果を得ることができます。【フォーメーションカード】そしてまだ、あなたの知らない最後のひとつです。そしてすべてのカードには属性があります。
【火・水・土・風】そして【無】。さらにもうひとつ。ふたつの性格の対立を忘れてはなりません。【ロゴス】と【パトス】。すべてのカードは、すべてこの形で表されるのです」
「難しいんだね」
「相性だと考えることです。簡単に言えば、モンスターの意思。いくら自分を従える力があるからといっても、他人のために命を張るなんて、モンスターでも嫌に決まっている。モンスターは人より知能が足りない反面、本能的に従者関係はシビアに見極めます。
従いたくもない相手のために力を出してくれるなんてこと、誇り高い彼らから簡単に思わないほうが良いわよ」
「相性か……」
「大丈夫、慣れてくればすべて身体で理解できるようになるから」
「身体で理解?」
「生きるために必要なんだから、歩くことは忘れないでしょ?」
「そうだね」
「次は、これよ」
 サラは指につけていた赤いリングを外して、テーブルの上にそっと置いた。宝石は一時的に光を帯び、一抱えもする玉となって光がしぼむ。魔法ならもはや何でもありだと気づいた僕は、静かに一連の動きに見入っていた。どうも光の玉は卵らしい。
卵の殻を破って中から精霊がゆっくり顔を出した。
「きゃーははははは。サラさまぁ、おっひさしぶりぃー」
 現れたのが恐ろしく陽気な精霊だったので、かなりのギャップだった。つかみ所のない間の抜けた話を一方的にぶつけると、自ら話に介入する荒業を見せ付けた。
「そういえば、ともだちのぶらうにいずがよろしくっていってたよぉ」
 それでもサラは気にした様子もなく、にこやかに受け答えをしていた。
「そう。よろしく言っておいてね」
「うーん」
 冷ややかな態度が基本だと思っていた僕は、気さくなサラを見て、唖然とする。相手によれば、こんな表情もするんだ……
 そんな僕の視線に気づいたサラは、ごまかすためにあわてて咳払いをした。他人には見られたくない一面だったのだろうか。
「解っているわね?」
「うん」


306 :ロゴスルート:2006/06/29(木) 11:47:19 ID:f1BFnaZI
「じゃ、がむばろー」
 元気よく陽気な精霊は右腕を高々と突き上げた。
「がむ……がんばるって……これって戦いじゃないの? それも命懸けの」
「そっだよー」
 単に能天気なだけ?
「そっ、そっですか……ああそうですか……じゃあいきますよフーア……さん」
「フーアでいいよー」


307 :せがた七四郎:2006/06/29(木) 13:18:55 ID:kX8+Pi+7
>304
いきなり2週目かよ!

308 :ロゴスルート:2006/06/29(木) 13:26:06 ID:f1BFnaZI
どこらへん? ぶっちゃけ、もう最初のは忘れたw

309 :せがた七四郎:2006/06/29(木) 14:00:42 ID:kX8+Pi+7
>俺のことはサンダーさんって呼べ。そっちのほうがしっくりくる。なぜかは解らんがな
1週目は「サンダーさんありがとう」→「俺のことはサンダークラップさんと呼べ」だったはず

310 :ロゴスルート:2006/06/29(木) 17:12:55 ID:f1BFnaZI
んじゃ、そこはそういう感じで訂正。っつーことは、ニキータのとこも修正する必要あるな。
でも、ちゃんと見てくれてる人がいてくれて安心した。これからも指摘頼む。

311 :せがた七四郎:2006/06/30(金) 02:18:48 ID:h2lQ1ImA
ニキータさん エロかわいいよ ニキータさん

312 :ロゴスルート:2006/06/30(金) 12:15:50 ID:dbLAlChN
「えへへへへ、まけちった。きみつよいねー」
「ごめん大丈夫かい? フーア」
「うん! ふーあだいじょーぶ! きみやさしーんだねー」
 だいぶカードの戦いに慣れてきた僕は、倒れている精霊に手をかざして立ち上がるのを手伝ってあげた。見た目どおりの軽やかな体重が僕の腕に乗り、ふわっと灰色のワンピースが舞う。
「うーん。もうちょっと遊びたいなぁ……」
「駄目です」
「ぶー」
 横目でサラを見つめていたフーアは唇を尖らせて、プイッとそっぽを向いた。後ろに両手を回してる姿が、何か様になっていてかわいらしい。
「じゃあかえるー。あ、そーだ。これあげる」
 ひらひらとカードが舞い、フーアは一瞬にして宝石に帰っていった。
「『きゅあ』と『ふれっしゅ』と『すとーんなっこー』だよ。じょーずにつかってねー。そんじゃーねー」
 陽気な言葉を残して。
「……これで終わり?」
 僕は気を取り直してサラに向き合った。
「ええ。カードの技術に関してはもう伝えることはないわ」
「良かった……これで一人前のデッキマスターになれたんだ」
 この世界を生きるものであれば絶対的に、そして冒険者たちにとっても憧れの的であるデッキマスターになれた喜びで、僕はここまでの道のりを思い出していた。
 母さんの遺品を整理しているとき、僕はそこに父さんの黄金に輝くデッキマスターシンボルを見つけた。
 僕がまだ子供の頃、家に母さんを残して黙って出て行った父さん。思い出はもちろん、顔ですらろくに覚えてはいないけど、僕がこのシンボルを見つけたとき、僕は父さんに会いたくなった。
 母の手ひとつで育てられてきた僕にとって、村と結べる関係なんてほとんどない。だから、母さんが死んでしまった今、僕がこの村で生活する理由は……ひとつもなかった。
 考えて、考えた。
 残された僕が、何をするのかを。
 やっぱり……父さんを見つけたい。
 そのためには力がいる。僕の手に残されたもの、デッキマスターシンボル。
 母さんが死んだ。村にいる理由はない。父さんを見つけたい。デッキマスターシンボルがある。色々な可能性を考えても、選択肢は限られていた。
 僕は旅立つことを決め、その手始めにデッキマスターの最高峰として一目置かれている、火吹き山の魔法使いサラに師事することにしたんだ。
 思いのほか順調に力の使いかたを学んだ僕は、これで資格を手にしたことになる。やっと、父さんを捜しに旅立つことができるんだ。
「ありがとうございました、サラさん」
「ちょっと待ちなさい。あなた、人を捜そうとしているんでしょう?」
 僕と目線が一致しなければ、とても僕に向けられた言葉だと判断しなかっただろう。だが、サラの言葉は確かに僕の胸を狙っていた。
 それまでずっと放置されていた赤いリングを再び指にはめようと動くサラの姿から、目が離れない。
「知ってるわよ」
「え?」
「あなたのお父さん」
「ど、どうして何も聞かずに……」


313 :ロゴスルート:2006/06/30(金) 12:17:11 ID:dbLAlChN
 魔法使いは人の心でさえも読み取れる力があるのだろうか。あまりにも的確に言い当てるものだから、そんな馬鹿なことでさえ信じてしまいそうだった。
 サラは自分の予感が当たったことには何も反応せず、やはりと軽くつぶやいてため息を漏らしていた。
「その腕輪……そのデッキマスターの証は、十年前にここをたずねてきた男がしていた証。そう、あなたに雰囲気がとてもよく似ていた……」
「それで、その男の人……父さんはどこに行ったんです!!」
「あなたのお父さんのことを教える前に、あなたへの最後のレッスンを行います。すべてのカードを使い、あなたはデッキマスターとしては一人前になりました。でも、一流のデッキマスターの前では赤子同然です。
すべての局面を理解して、適正な行動を指示するのが、あなたのマスターとしての役割なのです。相手の行動を確認しなさい。相手が何をしようとしているか理解しなさい。相手の弱点を判断しなさい。カードの使いかたはひとつじゃありません。
すべての動きを理解して、相手の隙をつくのが、一流のデッキマスターです。その【戦略】を使いこなせれば、あなたのお父さん捜しも楽になるでしょう」
「解りました。【戦略】ですね……」
 すでに試されているのだろうと思った僕は、慌てふためくさまを一瞬で押し殺し、冷静さを取り戻していた。状況に流されず、冷静に判断すること。それも【戦略】のひとつ。
「そう、そしてこれが最後のテストです。【戦略】は本当に理解できたかしら?」
 今しがた再び右の中指にはめた赤いリングを、再度取り外し、サラは立ち上がった。そして二歩三歩進んで、火の衰えた暖炉の中にリングを投げ入れた。
 サラの瞳は、さっきまでの冷酷な視線を取り戻し、リングは暖炉の中で激しく弾けて一気に熱を助長するエサとなった。火は炎となり暖炉の外にまで吹き上がると、黒い噴煙で辺りを覆いつくした。
「最後に、この世界の理について教えておくわ。『火は土に従い、風を従え、水と相克す』『風は火に従い、水を従え、土と相克す』『水は風に従い、土を従え、火と相克す』『土は水に従い、火を従え、風と相克す』。これが世界の摂理。
これを絶対忘れないで。忘れると、いくら強いカードでもただの紙切れになってしまうわ」
「うん」
「そしてあなたは今まで、『風の稲妻』『水の氷結晶』『土の宝石』と戦ってきました」
「そうか、じゃあ最後に……」
サラが息を吹きかけただけで、すさまじい突風が吹き付け、黒煙をぬぐいとった。そして煙が晴れて仁王立ちしていたひとりの女性。
 今までの精霊たちと違い、背が高く、そして攻撃的な鋭い視線。炎をそのまま使ったような髪を振り乱し、ライダースーツに身を包んだ、見ているだけでまぶしい、そんな表現が本当にぴったりだと思う。
「そう、私。『火の煉獄』ファイアー・ピカロと戦ってもらう。ボウヤ、私の業火でお眠りなさい。今までの三人のように、私は甘くないよ。すべての力でかかってきな!!」
 彼女の熱気だけではない何かに反応し、僕のこめかみから一筋の汗が流れ落ちた。
「さあ、我に隙があるなら、即! かかってくる! 黒こげ確定! ここからは甘くない!!」


314 :ロゴスルート:2006/06/30(金) 12:17:54 ID:dbLAlChN

「何と強い男かあー!! 燃えたわー。私をここまで燃えさせるなんて悪い男ね。じゃあ、また会いましょう」
 デッキマスター同士の戦いに死力を尽くした僕に、優しい言葉をかけることもなく、ファイアー・ピカロは颯爽とリングに吸い込まれていった。今まで赤い赤いと思っていたリングは火の煉獄が抜けたことによって緑と青と黄色に染まっていたが、再び燃える赤が強くなる。
「あなたのお父さんはね」
 何とか勝利し、激しくなった呼吸を整える僕に、サラはその赤いリングをねぎらうようやさしく撫で回しながら言った。
「西に向かって行ったわ」
「西に?」
「ええ。何か大事なものを探しに行くといってね。だから、あなたがお父さんの証を手に現れたときは驚いたわ。そして、悲しかった……どうする? それでも、お父さん追いかける?」
「はい。そこに何があるのか解らないけれど、父さんが見つからなければ、父さんが探していた物を僕が見つけてみせる」
 父さんが見つからなければ何を探しているのかさえまったく見当がつかないと言うのに、僕は今後の旅が不透明にならないよう強がってみせた。
「そう……解ったわ。西にブラックオニキスという街があるわ。『震える闇からの咆哮』という名の迷宮を持つ、変わった街。あなたのお父さんは、多分その迷宮の街に向かったはずよ」
 旅立ち。
 師事したサラに背を向けて、扉に手を伸ばしていた僕に、最後の言葉が投げかけられた。ゆっくりと振り返る。窓から外の景色が見えた。いつの間にか雨は止んでいる。
 サラは冷酷ではない、何か一抹の戸惑いを持っていることを与える不自然なほほ笑みを向けていた。だが今の僕には、それが巣立ちをする息子に向けたただの不安であるとしか思っていなかった。
 僕は強くうなずき、扉を開けた。
 思いも受けない太陽のまなざしに、目を細める。数々の戦闘で時間の感覚がなかったので、もう世界は朝を迎えていることに驚きつつも僕は光の指す方向に向かって歩き出した。
 振り返り、何度も何度も魔術師サラの館に頭を下げながら……

次章予告

*忘れたw
 誰か書いてw

315 :ロゴスルート:2006/06/30(金) 14:45:41 ID:dbLAlChN

 僕が本を読み終えると、腕輪と本から光が失せた。
 腕輪はするすると腕を這いながらゴトリと床へ落ち、分厚い本はまだ序盤に差し掛かったページのところでパタンと音を立てて閉じた。
 いつの間にか椅子に腰掛けていたボクは、呆然と天井を見つめていた。
 夢なのか何なのか理解できない。
 肘にもたれつつ、周りを見渡してもすべては元のまま。ボクが雨宿りのためにもぐりこんだ館は、その古ぼけた何ひとつ姿を変えずにそのままだった。
 唯一違うのは、床に転がる腕輪と机の上にある本。
 どの程度の時間は解らない。けど、確かにボクは本を読んでいた……いや、本を読んでいたというよりも、体験していたんだ。
 暖炉の薪がパチッと弾けて、ボクはゆっくりと視線を移した。いつから薪に火をくべたのかは解らなかったが、少なくとも数分だけの時間ではないということが証明された。ひょっとしたら数時間と経過しているかも知れない。
 初めての不思議な感覚に、呆然として頭はまともな思考を働かせようとしてくれなかった。不意に、今までとは違う違和感がした。誰もいなかったはずの部屋で、背後に人の気配がしたのだ。
「どうしたね。ぼうっとしてから……」
 フードをかぶってはいるものの、声質はおばあさんのようだった。
「すいません。勝手に雨宿りしてました」
 あわてて暖炉のそばで乾かしていた服を手に取った。やっぱり服はすっかり乾ききっている。そのまま服を着ようとあわてていたボクは、足元に転がっていた腕輪を踏んでしまい仰々しく転んでしまう。
 あまりにも見事に転んでしまったので、ボクは元凶の腕輪を恨めしそうに見つめる。そのボクの行動をじーっと見ていたおばあさんは、ゆっくりとフードを揺らした。
「坊や……その腕輪を大事にしておくんじゃ。いつも肌身離さず持っておれ……必ず本と一緒にな」
「おばあさん! この本のことを、腕輪のことを知っているの! これは……これは、ボクの父さんの形見らしいんです」
 目深にかぶったフードからは口はおろか顔すら良く見えないので、ボクが驚いて問い詰めても、そこから読み取れるものは何もなかった。
「知っている……とも、知らんとも言えるのう」
「ボクの父さんのこと、もしかして知っているんですか!」
「それも……知っているとも、知らんとも言える。ただ、今言えるのは、おぬしはその本を読まなければならないということ、そしてこの本はここでしか読めんということじゃ」
「そんな……そんな馬鹿な話、あるわけが……」
「その馬鹿な話を、一番良く理解しているのは坊やじゃろう?」
「それは……」
 それを言われてしまったら返す言葉もない。ボクは本を開こうとするが、今はぴくりとも開く気配すら見せてくれない。いったい、何だというのだろう……。
「また明晩、ここにくるがええ。すべてはその本が語ってくれるじゃろう。坊やが知りたいこと、知らなければならないことを」
 ボクは釈然としないまま、そのおばあさんに雨宿りの礼と、無断で入った非礼を告げ、館を後にした。
 雨はもうすっかり上がっていた。



316 :せがた七四郎:2006/06/30(金) 14:47:11 ID:t7vQoMh7
結局、コウがサラに師事したのは一晩だけなのだろうか?

317 :ロゴスルート:2006/06/30(金) 14:52:36 ID:dbLAlChN
ちょうど休みと重なって一章だけ一通りやってみたけど、やっぱあれだな。あかんたれやな。
大雑把な単なる描写しかかけてないし、普通の小説のようには書けんな。
でも、実際書いてみると、原物の表現の少なさは後々のストーリーを隠すためでもあったんだと解る。そういう意味ではゲームだからなしえたといえそう。ノベル版はもっと細かい描写を足すことになるから、文章自体を煮詰めたほうがいいのかも。
とりあえず、一章書いたってことで、続き書いてくれる人に頼む。

318 :ロゴスルート:2006/06/30(金) 14:55:20 ID:dbLAlChN
>316
物語の流れ上、それが一番理にかなってるかな。ま、本来なら一年や二年かかる修行を経った一晩でクリアできたことも、才能って言葉でごまかしたんだけどねw

319 :せがた七四郎:2006/07/04(火) 17:17:04 ID:fymSjvSb
こういう感じで十分だと思うよ。不愉快には感じなかったし

320 :せがた七四郎:2006/07/07(金) 13:28:17 ID:Uh86nJUI
地獄を見るにゃage

321 :せがた七四郎:2006/07/12(水) 14:44:36 ID:jr99ynok
ごめん自演w

322 :せがた七四郎:2006/07/13(木) 14:50:13 ID:OI76QYBt
なんかエンセクをターン製にシタ感じ…戦闘なんて見た感じそっくり

323 :せがた七四郎:2006/07/13(木) 20:07:00 ID:+4BSPr6z
なにが

324 :せがた七四郎:2006/07/14(金) 08:47:54 ID:UUrKwfyf
はうあ!リソク貼り忘れてた!
携帯のカルドセプト
http://g3.b.nu/g300/G300Srv;jsessionid=EB37A87430FD78F6921DEE59E0CACA26?uid=NULLGWDOCOMO&p=culdcept/index.jsp&ref=top

325 :せがた七四郎:2006/07/20(木) 12:30:01 ID:k0ltKfz6
エンセク誰か書き直してくれないかなー

326 :せがた七四郎:2006/07/20(木) 23:28:06 ID:qv7xX33S
特にイヴリース@ユニット絵w

327 :せがた七四郎:2006/07/25(火) 14:50:52 ID:ubjXxqBz
保守

328 :せがた七四郎:2006/07/26(水) 10:35:39 ID:a2iggzuf
ここは名だたる絵師は見てないの?

329 :せがた七四郎:2006/07/26(水) 18:55:51 ID:TONiOFDP
誰かオリジナル小説キボン… ☆ チン
.☆ チン ∧_∧
.___\(\・∀・)
.\_/⊂ ⊂ )
./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~| |
|      |/
コピペでもいいからなんかない〜?

330 :せがた七四郎:2006/07/26(水) 19:13:09 ID:NcQU9Mi6
なんでニキータさんだけ1回しか出てこないんだ(´・ω・`)

331 :せがた七四郎:2006/07/27(木) 14:52:27 ID:uhQyE6oP
>329
よし暇そうなおまいが書くんだ!

332 :せがた七四郎:2006/08/01(火) 22:00:55 ID:Xl2Lh58r
タロットを扱ってるのが限界を示してしまっているのかもしれない

333 :せがた七四郎:2006/08/01(火) 22:54:04 ID:EvZwD2q6
つ小アルカナ

334 :せがた七四郎:2006/08/02(水) 18:54:13 ID:5sMm1woi
エンセクが小アルカナまであったらと思うだけで嬉しくなるw

335 :せがた七四郎:2006/08/06(日) 16:08:12 ID:Y6S9WhBS
 舞台は現代日本とほぼ変わらない町。主人公は中高生くらいの少年。
  火曜日。学校帰りに雨に降られ、普段は通らない公園を通りぬけようとした主人公は
  公園の奥に佇んでいた洋館へ迷い込む。その洋館で雨宿りしていた彼は、ふと、自分の荷物の中にあった
  行方不明の父親の形見「腕輪」と「開くことができない本」が光り出すのを見る。
  腕輪を手にはめ、本に触れると、本が開き、主人公を不可思議な世界へ誘う…


336 :せがた七四郎:2006/08/06(日) 16:09:06 ID:Y6S9WhBS
【1:The Magician 勇気は瞳に燈る】
魔法や幻想生物が実在する世界。主人公の少年は、母親の死の直後、行方不明の父親が
カードを使って魔力を行使する「デッキマスター」であったことを知り、父の足跡を求めて旅立つ。
まず彼は、父の形見の腕輪を使って自らがデッキマスターとなるため、火吹き山の魔法使い
(ここで思わず吹き出した方も居るかと思われるが、原文ママである)サラ女史の館を訪れる。
サラが主人公に課したのは、カードを使って、サラが召喚する四大の精霊と(ぶっつけ本番で)デュエルする試練。
個性的な精霊たちと戦いながら、なんとかカードの使い方を覚えていく主人公。
主人公にデッキマスターとしての適性有りと認めたサラは、ずっと以前に主人公の父親も
この地を訪れていたことを明かす。彼が西に向かったとの情報を得て、主人公は父を追う旅へと踏み出した。
  ふと気が付くと、本は閉じ、主人公は再び現実へと戻っていた。いつの間にか現れた老婆が
  夜になったらまたこの館にきて本の続きを読むように告げる。
  水曜日。再来週の文化祭に向けて準備を進める。
  主人公は、片思い中のクラスメート、ミティのことが気になって仕方ない。
   【1:The Magician】で火の精霊に勝った→Aルート【2:The High Priestess】へ
                         負けた→Bルート【4:The Emperor】へ


337 :せがた七四郎:2006/08/06(日) 16:09:36 ID:Y6S9WhBS
【2:The High Priestess 思い出と絶望と憧れと】
大ダンジョンを観光名所とする町「ブラックオニキス」に辿り着いた主人公は、女戦士ティフェレトと知り合う。
この町に住んで長い彼女は楽しげに街を案内してくれるが、なぜか肝心のダンジョンは案内してくれない。
買い物をしたり、ごろつき相手に喧嘩をしたりして、主人公とティフェレトは親しくなっていく。
夜になって、宿屋で相部屋となった主人公に、ティフェレトは自分の過去について話す。
かつて迷宮の深部で恋人を見失って以来、彼女はダンジョンに入ることも、町を去ることもできずに居るのだ。
その時、行方不明だった恋人の亡霊が彼女の部屋に現れた。恐怖で動けぬティフェレトに代わり、主人公は亡霊と戦う。
翌朝、主人公が目覚めると既にティフェレトの姿はなく、ただ出立を告げる置手紙だけが残っていた。
彼女が新たな人生の一歩を踏み出したことを確信し、主人公はダンジョンへ向かう。

  木曜日。体育の授業で跳び箱に挑戦して玉砕。
  憧れのミティさんに笑われなかったのがせめてもの救いだった。

338 :せがた七四郎:2006/08/06(日) 16:11:03 ID:Y6S9WhBS
【3:The Empress 最も小さな王国】
ブラックオニキスの中心であるダンジョン「震えし闇よりの咆哮」。そこで主人公は一人の少女が魔女と戦っているのを見る。
魔女を追い払うと、少女は王女ファーニャと名乗り、主人公を自分の騎士に任命してしまう。
主人公は彼女に引き回され、怪しげな「願いの井戸」を訪れたり、街の地下に潜んでいた大ダコと戦う羽目に。
やがて主人公は、ファーニャの故国がすでに滅んでおり、彼女の目標が秘宝の獲得による王国再建であると知る。
主人公とファーニャは、ダンジョンの隠し部屋を見つけ出し、そこにある宝物を狙う。だがそこに現れたのは
先日の魔女…ファーニャの妾腹の姉、フォーナだった。秘宝の横取りを企み、宝物に手をかけるフォーナ。
だがその宝は偽物だった。魔力の暴走によって発狂したフォーナを、主人公は戦って倒す。。
秘宝の手がかりを失いながらも、王族のけじめとして本物の秘宝を探し出すと宣言し、ファーニャは去っていく。


339 :せがた七四郎:2006/08/06(日) 16:11:49 ID:Y6S9WhBS
【4:The Emperor 独りぼっちの皇帝】
ある村のシャフル(デッキマスターの組合店)で、主人公はゴブリン退治の依頼を受ける。
早速、ゴブリンが居るという遺跡へ向かった主人公が見たのは、一人で遺跡に佇むガストンという名のゴブリン。
このガストン、実は山奥にあるゴブリンの集落の王だったが、ライバルに陥れられて王位を追われたのだ。
彼に協力して王位を取り戻し、ゴブリン達を平定させるか、あるいは依頼通りゴブリンを殲滅するか。
いずれにせよ、争いによってゴブリンの集落は大きな被害をこうむることになる。
王の座を巡る争いで命を落とすゴブリン達、そして、孤独なまま王としての責務を果たそうとするガストン。
全ての仕事を終え、ゴブリンを倒すのは正しいことだと自分を納得させようとしても、主人公の心にはしこりが残る。

  木曜日。体育の授業で跳び箱に挑戦して玉砕。
  憧れのミティさんに笑われなかったのがせめてもの救いだった。


【5:The Hierophant ブリキの紋章】
旅の途中、名も無い村を通り掛かった主人公は、村を襲撃していた魔術師を撃退する。
助けられた村人の依頼により、主人公は村を襲う魔術師の首領を退治することになってしまう。
魔術師の潜む遺跡へ赴いた主人公は、遺跡に眠っていた「意思を持つ剣」を入手。
遺跡の中に残された魔力を止めねばならないと告げる剣に案内され、遺跡の奥へと進む。
そこにいたのは、遺跡の魔力に憑りつかれたピエールと名乗る魔術師であった。
強大な魔力を操るピエールに、主人公は一騎打ちをんで倒し、遺跡の魔力を停止させる。
倒されたピエールに止めを刺すかは主人公の心次第だが、彼が身をゆだねた遺跡の魔力が失われた以上
ピエールの余命もそう長くはない。助けられた村人たちは主人公を英雄とたたえるが
力に翻弄された男の末路は、主人公に暗い影を投げかけるのだった。
 【6:The Lovers】へ


340 :せがた七四郎:2006/08/06(日) 16:15:01 ID:Y6S9WhBS
  金曜日。下校のときに不良にからまれる。本を盗られそうになったが、食い下がってなんとか守り抜いた。
  あわやというところで先生が駆けつけて来た。どうやらミティさんが先生を呼んでくれたらしい。

【6:The Lovers 追いかけなくちゃ】
旅の途中、キャラバンが盗賊団に襲われている現場に行き会った主人公。
盗賊にさらわれた少女が、村に残してきた幼馴染みの少女、ミティに似ていたのに気付いた主人公は
盗賊団を追って、彼らの拠点である砦へと潜入する。
盗賊達をカードで蹴散らし、ついに盗賊団の首領すら倒した主人公は、少女の捕えられた部屋へ飛び込む。
とたんにぶっ放される攻撃魔術。すわ敵襲と思いきや、脱走のチャンスを狙っていた少女の仕業だった。
捕まっていた少女は、やはりミティだった。こっそり村を出た主人公の後を追うために
カード魔法を習得してデッキマスターになり、主人公の後を追ってきたのだった。
あっけにとられている主人公に向かって、今後はいっしょに旅をするとミティは宣言する。
 
  ……本の中のヒロインが、クラスメートとそっくりなのは何故なんだろう?
  土曜日。昨日、先生を呼んでくれたのはやはりミティさんだった。
  喧嘩の傷を心配してくれる彼女は、本の中のミティにとても良く似ていた。
 【6:The Lovers】終了時に性格がロゴス(理性)寄り→ロゴスルート【19:The Son】へ
                          パトス(感情)寄り→パトスルート【18:The Moon】へ
                          ネイチャー(中道)→ネイチャールート【17:The Star】へ


341 :せがた七四郎:2006/08/06(日) 16:15:45 ID:Y6S9WhBS
主人公とミティは、西に広がる「運命の森」を抜けるために宿場町で旅支度をする。
一夜開けて、森へ入った二人がであったのは、黒マントの東洋人、ジュウベイなる男だった。
彼に悪意は感じられず、二人は彼と同道することになる。だがその夜、一行の前に怨霊が現れ襲いかかってくる。
ジュウベイは、かつて主君を裏切ったために呪いをかけられ、日に当たることのできない不死の体となり
毎夜、自分そっくりの姿をした怨霊と戦いつづけている迷い人であったのだ。
やがて主人公達とジュウベイの前に、ジュウベイと瓜二つの怨霊が現れ戦いとなる。乱戦の末
片方のジュウベイがもう一方を倒し、主人公に襲いかかる。勝ったのは亡霊のほうか、と迎え撃つ主人公。
だが最後の瞬間、彼、本物のジュウベイは刀を引き止めを受け入れた。他者に殺され、開放されることが彼の望み。
満足げな表情で絶命するジュウベイから、彼の愛刀“風溜り”を譲り受け、二人は運命の森を抜ける。

  日曜日。文化祭の準備で登校した主人公は、ミティさんと一緒に仕事をすることになる。
  お弁当を一緒に食べたりして和気藹々と時間が過ぎるが、帰り際、主人公が持っている腕輪を見て
  ミティさんはひどく驚いた表情を見せていた。

【16:The Tower 黒き殺戮の刃】
砂漠の中の塔「黒き殺戮の刃」。異国の剣豪、我羅が住まうその塔を、父が訪れたと聞いて主人公とミティは塔へ向かう。
だが、強者たちが我羅へ挑戦すべく集うという噂とは裏腹に、塔は覇気のない戦士と卑劣な罠で埋め尽くされていた。
やがて、塔の上階へ登った二人はこの塔の正体を知る。この塔自体が人間の「欲望」を食べる生命体なのだ。
我羅は、自らの我欲と、集まってくる戦士たちを塔に捧げることで、不敗の強さを得ていたのである。
傷つく度に、塔から力を得て復活する我羅。だが、主人公とミティの強い意思の前に、ついに彼は負けを認める。
新たな主となるよう主人公に乞う塔を否定すると、塔は崩壊し、ただ瓦礫だけが残った。
ミティは、塔と共に逝った我羅を哀れむが、主人公は、彼が死ぬ間際に道を得たことを確信していた。


342 :せがた七四郎:2006/08/06(日) 16:17:02 ID:Y6S9WhBS
  月曜日。ミティさんはなぜか学校を休んでいる。
  放課後、いつぞやの不良がお礼参りに来るが、主人公は機転をきかせて不良を追い払う。

【8:The Strength 古代帝国の遺産】
自称天才発明家・チャペック博士の助手を引き受けることになった主人公とミティ。
博士は、心を持つゴーレムを作り出すための知識を求め、古代遺跡を調査してくれと指示する。
博士の指示に従い、遺跡に入った主人公とミティは、時間移動の魔法によって古代の街へ飛ばされてしまう。
この時代でも、チャペック博士の先祖がゴーレム研究をしており、心を持つゴーレム「ロビィ」を半ば完成させていた。
ゴーレムに最後の心「愛」を入力するためと称して、妙な実験に付き合わされる二人。
その時、悪の魔導師が街に現れ、魔獣ベヒモスを召喚して町をつぶそうとする。この襲撃こそが
町を壊滅させ、遺跡へと変えてしまう原因になる事件であった。
主人公は魔導師を倒すが、ベヒモスは止められない。そのときベヒモスの前に立ちはだかったのはロビィだった。
学んだばかりの「愛」の心によって、体を張ってベヒモスを止めたロビィは、町を守って崩壊する。
町は無事に守られ、チャペック博士はゴーレム研究を続けることを誓って主人公達を現代へ送り返す。
現代に戻った二人が見たのは、ロビィの末裔たる心を持つゴーレム達が、人間と共存する村の姿だった。

  火曜日。ミティさんはまだ学校を休んでいるが、担任の先生いわくただの風邪とのこと。
  彼女の家にお見舞いに行った主人公は、彼女が本の中のミティと同じ首飾りを持っているのに気付いた。
  【8:The Strength】終了時に性格がロゴス寄り→ロゴスルート【7:The Chariot】へ
                          パトス寄り→パトスルート【13:The Death】へ


343 :せがた七四郎:2006/08/06(日) 16:18:03 ID:Y6S9WhBS
【18:The Moon 奪われた旋律】
主人公とミティは、西に広がる「運命の森」を抜けるために宿場町で旅支度をする。
森の村で主人公は、森の奥の渓谷で月夜に踊りつづける奇妙な踊り娘がいる、との話を聞かされ
彼女が何者なのか調べ、もし良くないものであれば止めてほしいと依頼される。
森に入った主人公とミティは、風変わりな森の住人たちに翻弄されつつ目的の渓谷へ向かう。
そこでは、確かに一人の踊り娘が月をバックに踊っていた。話し掛けても、正気を失っているようで要領を得ない。
実はこの奇妙な光景の裏には、邪悪な魔術儀式を企てる悪の魔術師が潜んでいた。
魔導師を倒すと踊り娘ホトホルは正気を取り戻し、今後は亡き恋人の為に踊りを続けると語る。

  日曜日。文化祭の準備で登校した主人公は、ミティさんと一緒に仕事をすることになる。
  お弁当を一緒に食べたりして和気藹々と時間が過ぎるが、帰り際、主人公が持っている腕輪を見て
  ミティさんはひどく驚いた表情を見せていた。

【9:The Hermit 十二夜】
旅を続ける二人は、ある土地でそこの領主、少女セレニアをゴブリンから救う。
彼女は、事故によって両親と自らの片足を失い、若くして領主の地位を継いだという人物である。
領主を救った英雄と称えられ、セレニアにも慕われる主人公を見て、ミティは不満そうな表情。
だが、間もなく旅立とうとした二人にさまざまな邪魔が入り、ついにミティが行方不明になるという事件が起きる。
セレニアが主人公を想っているのに気付いた執事が、主人公を引きとめるためにミティを監禁したのだ。
不穏な空気を察した主人公は、ミティを隠した執事や兵士たちをなぎ倒し、彼女を救出する。
勢い余ってセレニアまで殺しそうになった主人公は、危ういところでその手を止める。セレニアも自分の部下が
仕出かした行為に謝罪し、主人公とミティは旅に戻るが、主人公はミティに対する己の感情に戸惑っていた。


344 :せがた七四郎:2006/08/06(日) 16:19:02 ID:Y6S9WhBS
  月曜日。ミティさんはなぜか学校を休んでいる。
  放課後、いつぞやの不良がお礼参りに来るが、主人公は奮戦して不良を追い払う。

【15:The Devil 純情・可憐・悪魔】
山麓の村に立ち寄った主人公とミティは、人懐っこい子供たちに取り囲まれる。一緒に遊ぼうとせがむ子供たちに
ミティは付き合って山の中にあるという遊び場へ向かい、主人公は村へ向かった。
だが、村で「山の祠には良くないものがいる。近づいてはいけない」と聞いた主人公は、不安になりミティの後を追う。
山の中で、主人公は子供たちの出入りする屋敷を発見する。だがそこの子供たちは、カードで主人公を攻撃してきた。
子供たちを退けながら、主人公はミティを捜して屋敷の奥に踏み込んでいく。
奥の広間にいたのは、熊のぬいぐるみを抱えた少女。彼女が、子供たちを操っている騒動の元凶であった。
少女はミティを人質にとって戦いを挑んでくる。主人公は、カードを使ってなんとか少女を取り押さえた。
大人を敵視して騒動を起こした少女を、ミティはやさしく諭し、大人を憎む必要が無いことを悟らせる。

  火曜日。ミティさんはまだ学校を休んでいるが、担任の先生いわくただの風邪とのこと。
  彼女の家にお見舞いに行った主人公は、彼女が本の中のミティと同じ首飾りを持っているのに気付いた。
  【15:The Devil】終了時に性格がロゴス寄り→ロゴスルート【7:The Chariot】へ
                        パトス寄り→パトスルート【13:The Death】へ


345 :せがた七四郎:2006/08/06(日) 16:20:06 ID:Y6S9WhBS
【17:The Star 星屑の記憶】
主人公とミティは、西に広がる「運命の森」を抜けるために宿場町で旅支度をする。
森の中で二人が出会ったのは、隻腕の戦士ゼン。彼は「この先の村には近づくな」と警告する。
しかし、休息のために村に入った二人は村人たちに「星祭り」の主賓に祭り上げられてしまう。
この村には、四年に一度隕石が降ってくるので、デッキマスターがカードでその隕石を受け止めるのだ。
主人公が祭りの主賓になったと知って怒るゼン。彼は先年の祭りで星を受けそこね、雪辱の機会を求めていたのだ。
偶然村に現れた主人公に星祭り主賓の座を奪われたことに怒り、勝負を挑んでくるゼンを主人公は退ける。
そして夜。振ってきた隕石は例年よりも大きく、主人公は耐え切れず屈しそうになるが
ミティの声援を受け、見事に星を受ける。ゼンも「未だ自分には足りないものがある」と悟って去っていった。

  日曜日。文化祭の準備で登校した主人公は、ミティさんと一緒に仕事をすることになる。
  お弁当を一緒に食べたりして和気藹々と時間が過ぎるが、帰り際、主人公が持っている腕輪を見て
  ミティさんはひどく驚いた表情を見せていた。


346 :せがた七四郎:2006/08/06(日) 16:21:07 ID:Y6S9WhBS
【14:The Temperance 鐘の音よもう一度】
森を抜けた二人は、草原の真ん中で道に迷い、小さな村へ辿り着く。
宿屋も無い村で、二人は教会を管理するシスター・マリアに会い、協会に留めてもらうことになった。
だが、村の様子はどこかおかしい。子供たちは、正義の剣士が魔王に負けるお芝居に興じ
シスター・マリアは、毎夜主人公達に、悪魔を称える教義について熱心に語る。
実はマリアは、悪魔を崇拝する(ただし我欲や悪意でなく、人々を真に救えるのは悪魔だという信仰から)人だった。
地下墳墓で主人公とミティと対峙したマリアは、二人の前で悪魔を召喚し、悪魔信仰を強要してくる。
主人公がマリアを倒すと、彼女は僧服だけを残して消滅してしまう。
翌日、村を出る二人の耳に、鳴らす者などないはずの教会の鐘の音が聞こえてきた…。

  月曜日。ミティさんはなぜか学校を休んでいる。放課後、先日の不良のお礼参りに会い、館へ行きそびれる。
  火曜日。ミティさんはまだ学校を休んでいるが、担任の先生いわくただの風邪とのこと。
  彼女の家にお見舞いに行った主人公は、彼女が本の中のミティと同じ首飾りを持っているのに気付いた。
  【14:The Temperance】終了時に性格がロゴス寄り→ロゴスルート【7:The Chariot】へ
                             パトス寄り→パトスルート【13:The Death】へ


347 :せがた七四郎:2006/08/06(日) 22:34:50 ID:McJ8k4yK
そういえばヤコブが出てくるシナリオでとうとうコウはDOUTEIを捨てれたんですね・・・

348 :せがた七四郎:2006/08/08(火) 08:25:53 ID:mBO/Zljo
>>347
いや、ペレ様のところじゃないか?





(;´Д`)ハァハァ・・・

349 :せがた七四郎:2006/08/08(火) 15:11:18 ID:yzFxHgDL
いや、ティフェレトのところじゃないか?

(;´Д`)ハァハァ・・・

350 :せがた七四郎:2006/08/09(水) 17:15:11 ID:yYQM7WSo
いや、案外サラ様かも…


(;´Д`)ハァハァ・・・

351 :せがた七四郎:2006/08/09(水) 23:17:04 ID:ycdtOwU0
タンデリックたんかも…


(;´Д`)ハァハァ・・・

352 :せがた七四郎:2006/08/10(木) 13:26:09 ID:Y97L4DCE
ティフェレトのネタ、使わせてもらった。
おいでおいで、最高〜!!

353 :せがた七四郎:2006/08/11(金) 18:23:27 ID:GrumYyHV
誰か優秀な絵師はおらんのかいの?
そういうシーンが見てみたいが。コミケにエンセクの同人とかあるだろうか?

354 :せがた七四郎:2006/08/11(金) 21:09:46 ID:VK+GMOM0
優秀じゃないが、エンセクのクローン作るなら何枚か書いてやらんことも無い

355 :せがた七四郎:2006/08/12(土) 03:00:48 ID:zZxPKisU

ちょっと待て!
恐らくコウはミティとのキャンプで捨てたはず・・・

356 :せがた七四郎:2006/08/12(土) 10:31:36 ID:Q7SN80mc
>354
その心意気が優秀というのです!!
ぜひ楽しみにしてるぞ!!!

357 :せがた七四郎:2006/08/12(土) 12:00:01 ID:Pq+EreZd
>>354
見たい……凄い見たい。

しかし、俺のミティ…もといエンセクを汚さないで欲しい…気持ちもある(´・ω・`)

358 :せがた七四郎:2006/08/12(土) 13:13:57 ID:Q7SN80mc
顔かたちだけそっくりで性格がまったく違うという同姓同名さんということでw

359 :せがた七四郎:2006/08/12(土) 14:15:16 ID:nOeA4lCb
(;´−`)。oO(今更カード絵だと思ってたなんて言えない…どうしよう)

360 :せがた七四郎:2006/08/12(土) 16:49:57 ID:UpBCbQZK
でも今から東進の自習室で11時まで勉強しても、5時間ちょいしかできないなぁ・・


361 :せがた七四郎:2006/08/12(土) 18:57:05 ID:Q7SN80mc
細かいことはどうでもいいと思う

362 :せがた七四郎:2006/08/18(金) 08:53:25 ID:dlKeiz5B
まーだー?

363 :せがた七四郎:2006/08/19(土) 12:41:33 ID:vgCWMXy/
エンセクがMMOになったらいいなぁー。

364 :せがた七四郎:2006/08/19(土) 17:54:30 ID:z4pXoBNW
何でもかんでもMMOにすればいいってもんじゃない。

365 :せがた七四郎:2006/08/21(月) 04:14:00 ID:qvYUFpXo
対戦はやってみたいけど
協力プレイとかも捨てがたい

366 :せがた七四郎:2006/08/21(月) 10:17:50 ID:vD5QYvVi
>>364
じゃあダンジョン探索RPGだ!

震える闇からの咆哮
〜地下85階〜

モンスターハウスだ!
コウはウィンドスパークレインのカードを唱えた…
しかしウィンドスパークレインのカード呪われていた。
アンティゴマーイはマインドブラストを唱えた。
コウは混乱した。
コウは混乱している…
コウは絆の刃+82を外した
爆炎の大巨人の攻撃
コウは21のダメージを受けた
用心棒ハンの攻撃
コウは10のダメージを受けた
マリアは様子を見ている
シグルドは燃え盛る炎を噴いた!
コウは30のダメージを受けた。

コウは混乱している…
コウはジュウベイのマント+75を外した
爆炎の大巨人の攻撃
ミス!
用心棒ハンの攻撃
コウは38のダメージを受けた
マリアの呪い攻撃!
大回復薬は呪われた!
シグルドは燃え盛る炎を噴いた!
コウは30のダメージを受けた。

コウは混乱している…
コウはファイアーボールのカードを投げた!
爆炎の大巨人は分裂した!爆炎の大巨人1の攻撃
コウは69のダメージを受けた
爆炎の大巨人2は力を溜めている…
用心棒ハンの攻撃
コウは40のダメージを受けた
伝説のムサシの攻撃
痛恨の一撃!!コウは94のダメージを受けた
コウは力尽きた…

367 :せがた七四郎:2006/08/21(月) 11:56:15 ID:23axKT/Y
なんか、そんなゲームマジであった希ガス

368 :せがた七四郎:2006/08/22(火) 21:11:17 ID:dc4nPMsS
>>367
風来のシレン、トルネコ、ヤンガス等

369 :せがた七四郎:2006/08/30(水) 09:17:25 ID:BxTsHl7R
保守のカード

370 :バジリスク:2006/09/02(土) 12:57:31 ID:q7c/xEBS
     __ , _
  q´。。ー'O)ヽ,
  (-===ー- )!、
   `ヽ:::::::::::ヽ, -ー--、
   /ヽ:::::::::::::` ̄彡ノ
  /ノ´  ヽ::::::::::::ヽ ヽ
 ヽミ   丶:::::::::::::ヾヽ
       ヽ、;;;::::::::ヽ ゝ、_, 、
        / ,へ、;;;;;::`ー-ノjjj!
        /ノ   ゙ヽ::::ヽ,\
      彡ij      ヽ:::ヽ、ヽ、_
                 ゙'''ー-‐'''''~`


371 :せがた七四郎:2006/09/02(土) 16:46:59 ID:Ht23cnTT
beelzebub has a devil put aside for me,for me,for me.

372 :せがた七四郎:2006/09/09(土) 11:20:26 ID:ehWKN1C3
試したことはないんだが、3周目のNルートまで
ビガロにひたすら勝ち続けて(負け続けて)て進めると、
タロットマスター全員集合のシーンで
ピエール&ガストン(ティフェレト&ファーニャ)が誰これ状態になるんだろうか。
恋人以後の3分岐も、その気になれば特定ルートだけ通ってLNP制覇できるし。

373 :せがた七四郎:2006/09/10(日) 19:25:05 ID:Re9stli/
なるね。おれはガストンピエール誰? 状態だったが

374 :せがた七四郎:2006/09/24(日) 10:28:14 ID:sbiNdnJw
保守タル

375 :せがた七四郎:2006/09/26(火) 12:30:52 ID:5dpCSU6R
何か同人作ってるらしいな。
ここでも南下しようぜ。

376 :せがた七四郎:2006/09/26(火) 13:52:15 ID:vXZarpVG
ていうかその話kwsk

377 :せがた七四郎:2006/09/27(水) 13:35:25 ID:j6vwbx2n
総合掲示板にまんま書いてあるぜ。ここでも同人作るかw?

378 :せがた七四郎:2006/09/27(水) 14:01:48 ID:ednm2vz+
総合掲示板って何よ
メルブレ?

379 :せがた七四郎:2006/09/27(水) 14:09:01 ID:n14R3ZXI
>>378
エンセク総合掲示板、でググれ

380 :せがた七四郎:2006/09/27(水) 15:34:38 ID:ednm2vz+
見た。が、なんか、アクセス制限で部外秘になってるし
ここで作るのも面白そうだが、スキルもちいるんか?

381 :せがた七四郎:2006/09/27(水) 16:31:11 ID:j6vwbx2n
先に言っておくが、オレはないw!

382 :せがた七四郎:2006/09/27(水) 16:38:22 ID:mfe+ZLDA
オンライン化できないのかな?
豆っぽく

383 :せがた七四郎:2006/09/30(土) 10:27:57 ID:B1dPBEqF
割りとエンドセクターっぽいシステムのTCGのフリゲーなら
ゲ製作板で見た事あるよ。
結構オモロカタ

384 :せがた七四郎:2006/09/30(土) 13:35:18 ID:LBoFv1mh
TCGじゃなあ。やっぱあれの続きがやりたか

385 :せがた七四郎:2006/10/01(日) 22:49:12 ID:/iQzu4eN
”リアルタイムカードゲーム”って
アナログじゃ不可能なんだよね
特に計算が必要ならなおさらコンピュータならでは
トランプのスピードってゲームくらいかリアルタイム性あるのは

386 :せがた七四郎:2006/10/02(月) 00:02:19 ID:F6x+EE7z
とりあえず、アレを再現するにしても、ランダム性が強いのと、強カードの狂いっぷり(ドミ先生とかー)を是正した方が良いな。
たとえば、ファランクス(だっけ?殴ると凍る奴)は火土モンスターだけ凍らせられるor準備時間増加とかのほうがいいと思うな。どちらかというと後者の方がスマートか。

387 :せがた七四郎:2006/10/03(火) 10:07:03 ID:Gztjj14V
同時ターン性でも面白いとオモ。
ストーリーはいじりようかないから、テキストノベルじゃなくて、ワードノベルにパワーうPして欲しいw

格ゲーでも可

388 :せがた七四郎:2006/10/03(火) 17:19:31 ID:VdpD4L4U
フーラバってまだ活動してんのかね?
エンセクファンサイト最後の砦って感じなのだが…

389 :せがた七四郎:2006/10/04(水) 10:04:29 ID:o6pNUZ+x
>>388
ネタや熱意がないので放置中だとオモ…

390 :せがた七四郎:2006/10/05(木) 09:28:08 ID:yl9uMcFk
フーラバにやってほしい事とかある?

391 :せがた七四郎:2006/10/05(木) 16:07:50 ID:cFMXtwqh
格ゲー作れw

392 :せがた七四郎:2006/10/05(木) 22:11:35 ID:x0Bsu5Qn
>>390
・初心者も安心のストーリーモード完全攻略手引き
・対人戦のノウハウ(このスレの話題作りにもなるかも?)
・お絵描き掲示板(ドット絵師現れる可能性もあるので、ファイルうpできる環境もあればディ・モールトいい)
・名台詞人気投票CGI(誰でも新項目を加えられる)
・TDMとナレーションで綴るウェブドラマ
・「こんな次回作を希望!」コーナー(ネタをメールや掲示板で受け付ける)
・↑出来そうな企画があったらメンバー集めて作ってみる
考えればまだありそう

>>391
あなた・・・『覚悟して来てる人』・・・ですよね
人に格ゲー作らせようとするって事は
逆に「自分がドット絵師に任命されるかもしれない」という危険を
常に『覚悟して来ている人』ってわけですよね・・・

393 :せがた七四郎:2006/10/06(金) 00:13:34 ID:RHw+ODbz
カウンター系カードがほしい

394 :せがた七四郎:2006/10/06(金) 00:20:18 ID:GcJs0ZeC
>>392
ゴゴゴゴゴゴゴ
SRCのデータなら少々…

395 :せがた七四郎:2006/10/07(土) 10:38:53 ID:NYQAqkce
よし、それでいこう

396 :せがた七四郎:2006/10/07(土) 11:43:19 ID:JlB3GTGu
>>391
あなた・・・『覚悟して来てる人』・・・ですよね
人にデータ類作らせようとするって事は
逆に「自分がシナリオとスクリプトに任命されるかもしれない」という危険を
常に『覚悟して来ている人』ってわけですよね・・・

397 :せがた七四郎:2006/10/07(土) 11:44:08 ID:JlB3GTGu
395に直し忘れたorz
しまらないねえ…

398 :せがた七四郎:2006/10/07(土) 14:07:23 ID:cZvcQ7DL
SRCのデータってあのすごくちっちゃいドット絵のこと?

399 :せがた七四郎:2006/10/07(土) 16:59:33 ID:JlB3GTGu
数値データ。unitとかpirotとか

400 :せがた七四郎:2006/10/07(土) 19:56:50 ID:chZU1uf2
・・・・・・。( ゚д゚ )

401 :せがた七四郎:2006/10/08(日) 02:42:19 ID:XUNNhTJ9
こっちみんな

402 :せがた七四郎:2006/10/27(金) 10:09:21 ID:GvTjbO0j
これやってから、リアル学園祭のときは胸に温かい何かが込み上げてくる。
結局なにもおきんかったけど…

403 :せがた七四郎:2006/10/27(金) 18:49:02 ID:I0807crz
解る。解るぞー

404 :せがた七四郎:2006/10/29(日) 10:41:05 ID:b+2ePJEu
エンジェルスかわいいっ!

405 :せがた七四郎:2006/10/29(日) 18:01:39 ID:WGBTJyST
「天からの助けですぅ」

406 :せがた七四郎:2006/10/30(月) 02:15:21 ID:aHifnN0W
イブリースは新手の詐欺

407 :せがた七四郎:2006/10/30(月) 22:12:53 ID:fMKUqd77
エンドセクターのスレをハケーン!
取りあえず記念カキコ〜

エェェェンド!セクタァァァ!

ネイティブ発音が懐かしいぜ

408 :せがた七四郎:2006/10/31(火) 16:06:09 ID:Sjd3uj/k
うお懐かしい!
双子の弟とよく対戦したな

409 :せがた七四郎:2006/10/31(火) 16:07:22 ID:eU9UwEbj
ファーニャとフォーナ?

410 :せがた七四郎:2006/10/31(火) 23:22:06 ID:UErbnGvG
マーニャとミネアはファーニャとフォーナのパクリ

411 :せがた七四郎:2006/11/01(水) 01:02:22 ID:Dxsp/ze9
マナカナも

412 :せがた七四郎:2006/11/06(月) 17:25:45 ID:QD4v5POC
携帯アプリのカルドセプトやり始めたが、なんかエンセクを彷彿とさせる

413 :せがた七四郎:2006/11/10(金) 13:36:33 ID:tk7uAWxR
ところで、俺のお気にはガブリエルだ
技名も見た目もカコイイ
相手がタマでもトドメはよくコイツで決めていた

おまいらの好きな(思い入れのある)カードを教えてくれ
アイテムやスペルでも可

414 :せがた七四郎:2006/11/12(日) 12:55:53 ID:Tv3AmQ9j
ザノンかな。
見た目、グラフィック、ともに許せる。強いし、台詞も粋で格好よい

415 :せがた七四郎:2006/11/12(日) 14:34:48 ID:KgzKgo6T
イブリース

なにあの詐欺

416 :せがた七四郎:2006/11/13(月) 21:05:42 ID:9uqRHUEs
地獄を見るにょ

417 :せがた七四郎:2006/11/13(月) 21:48:37 ID:WflyL3RJ
アイアンゴーレム

なにあの、なに?

418 :せがた七四郎:2006/11/14(火) 15:22:56 ID:PrK9HwPX
>>415
ヤな思い入れだな!w

>>417
Nルートの主人公には心強い壁だったな

419 :せがた七四郎:2006/11/15(水) 07:22:24 ID:UmBeBBFh
>>413
アイテム・風溜り:思い入れの品
スペル・福音:絵が綺麗、ミティが使うシーンはインパクトあった(効果が全然違うケド)
スペル・ストーンナッコー:すとーんなっこーだよー

420 :せがた七四郎:2006/11/15(水) 10:54:35 ID:D11v/r+y
>>413
ウィルオーウィプス
強い、早い、なぜかロープを結べて燃えない。

421 :せがた七四郎:2006/11/15(水) 13:36:52 ID:q9iafeco
思うに
アイテム関係のイラストレータの3人の方が
よほど巧いんじゃないかってのが多かったな。
モンスターイラスト。

422 :せがた七四郎:2006/11/15(水) 13:51:20 ID:t8p/Q2iN
とりあえず思ったこと
「ふでのぐりぐりって誰よ」

423 :せがた七四郎:2006/11/15(水) 15:57:24 ID:3TcIacq0
あのカオス感が売りなのではないのか

424 :せがた七四郎:2006/11/15(水) 17:50:34 ID:t8p/Q2iN
でも、100倍はいくらなんでもやっつけすぎだと思う

425 :せがた七四郎:2006/11/17(金) 22:59:32 ID:y4W+4h8I
レトロゲームのまんまっぽいしね

426 :せがた七四郎:2006/11/18(土) 05:54:34 ID:gud9XdYY
しかし、カルドといい、なぜ外人に無駄にアツいシャウトをさせたがるのだろうか

427 :せがた七四郎:2006/11/18(土) 12:56:12 ID:mFuhZ4Ya
日本人には珍しいからじゃね?

428 :せがた七四郎:2006/11/20(月) 12:21:20 ID:Usrxf1Mb
そういえば、以前のぼってた同人のゲームはどうなったのだろうか?

429 :せがた七四郎:2006/11/22(水) 04:22:45 ID:gaWMlyUr


430 :せがた七四郎:2006/11/22(水) 09:49:20 ID:dP+1i7uX
進んでるんじゃないか?

431 :せがた七四郎:2006/11/22(水) 14:05:36 ID:X1zXBIkE
アイ・オブ・ジャッジメントのシステムのエンドセクターやりたい


432 :せがた七四郎:2006/11/29(水) 09:06:53 ID:Fb6Zc7yp
みんな最高取得経験値はいくつくらい?

433 :せがた七四郎:2006/11/29(水) 10:38:06 ID:j3e6CgJy
3200

434 :せがた七四郎:2006/12/03(日) 23:20:04 ID:bUy1A5qS
ザノンの名台詞は、なんかのパクり?それともオリジナル?
どっかで聞いたことあるような…

435 :せがた七四郎:2006/12/04(月) 11:11:54 ID:hTrQoGpr
男なら、危険をかえりみず、
死ぬと分かっていても
戦わなくてはならない時がある。
負けると分かっていても
戦わなくてはならない時がある

――『銀河鉄道999』

436 :せがた七四郎:2006/12/04(月) 23:00:02 ID:rtdgz38K
へえ! 知らんかった

437 :せがた七四郎:2006/12/05(火) 11:37:00 ID:UZJHQkMJ
( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー

438 :せがた七四郎:2006/12/12(火) 17:58:05 ID:0M7VmXIW
シルフ
ウンディーネ
サラマンダー


ノーム・・・モンク・・・?

439 :せがた七四郎:2006/12/12(火) 19:09:03 ID:mhEXc/nf
スカラーのこと、ときどきでいいから(ry

440 :せがた七四郎:2006/12/14(木) 02:11:00 ID:rKvM/NAQ
ノームスカラーの科学力はァァァ世界一ィィィ!!

じゃなくて、何でノームがモンクやスカラーやってんだよ。
他のエレメンタルと違って・・

441 :せがた七四郎:2006/12/14(木) 11:45:54 ID:PYlStdjV
ノームは種族っしょ?
エルフやドワーフと一緒

442 :せがた七四郎:2006/12/14(木) 22:13:59 ID:mkIJG0yv
スカラーって何?

443 :せがた七四郎:2006/12/14(木) 23:07:18 ID:WwfLBTKB
ノームスカラー先生に会ったことないのか?

444 :せがた七四郎:2006/12/15(金) 00:43:31 ID:34ngv5j+
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC
ちょっとは自分で調べようとしようよ。

445 :せがた七四郎:2006/12/15(金) 01:19:50 ID:U4LqhIBV
ノーム → ノームモンク → ノームイチャモン → ノーム抗議
→ ノームスカラー → ノームベクトル → ノームテンソル → ノーム注意報 → ノーム警報

446 :せがた七四郎:2006/12/29(金) 16:43:17 ID:Lf7S7ui1
エンセクは永久に不滅にゃー!

447 :せがた七四郎:2007/01/05(金) 14:08:00 ID:2deQ1x6X
コウはサラの修業一晩でDMになったことでFA?

448 :せがた七四郎:2007/01/05(金) 21:00:03 ID:BKKdOXfu
こう言っちゃなんだが、コウは才能あったんだな

449 :せがた七四郎:2007/01/05(金) 21:26:23 ID:KMbXce7A
才能あったというより元々スペシャルな存在でしょ

450 :せがた七四郎:2007/01/06(土) 00:42:39 ID:t3mOK6lC
でしょ♪

451 :せがた七四郎:2007/01/06(土) 11:33:29 ID:00TwPa1c
そこを大っぴらにしなかっただけでも中々おもしろいな

452 :せがた七四郎:2007/01/06(土) 20:57:33 ID:D56k/txe
しかし、スターダストメモリーなんてちょろっと名前に使うだけでも大目玉食うんだねえ

453 :せがた七四郎:2007/01/09(火) 00:19:45 ID:JzMtgkC+
しかし神龍はOK
ところでヤコブの天空城の天使で、最後にでてきた奴はなんか元ネタある?
コウがそれとなく反応したけど…

454 :せがた七四郎:2007/01/09(火) 00:26:29 ID:VL0iXShG
コウってなに?

455 :せがた七四郎:2007/01/09(火) 11:18:59 ID:uVmAHq6t
どんな文章だった?

456 :せがた七四郎:2007/01/10(水) 11:14:16 ID:iyyBw4Lc
>>455
私は人間を越えたうんぬん…
天使「わが名はヒトシ」
コウ「何だって…やつは今なんて言った?」

て感じでした

457 :せがた七四郎:2007/01/16(火) 20:56:12 ID:nJTVvTvI
アーマードコアやパワプロみたいに、システム周りを殆ど変えずにステータス調整版とか出ないかなあ

特にドミニオンとゴルゴンとリターンモンスターを下方修正
他はだいたい相対的に上げて、モンスターの特技の威力や装備の詳細を書いて欲しい

回復モンスターも少ないよなー


458 :せがた七四郎:2007/01/17(水) 00:47:39 ID:w611eWmt
とりあえずタイムストップ修正なw

459 :せがた七四郎:2007/01/24(水) 13:43:21 ID:DvmkJMiv
思い切って格ゲーやらシミュレーションで出してほしいな

460 :せがた七四郎:2007/01/29(月) 19:19:37 ID:QwAC9mtn
リアルタイムだとコンボ発生させるの難しいな

461 :せがた七四郎:2007/02/10(土) 23:05:19 ID:XgGAS0fG
hoshu

462 :せがた七四郎:2007/02/13(火) 14:56:09 ID:wA24Qcml
当時は「カードゲームでカードの能力が成長するなんて」とか固い事考えてました

463 :せがた七四郎:2007/02/16(金) 07:02:31 ID:rq832gzj
いや、ぶっちゃけ成長は良くなかったと思う。

464 :せがた七四郎:2007/02/19(月) 20:04:40 ID:Xpz/p7Ts
成長そのものがゲームにもたらす「不確実性」は
カードゲームの乱数性やこのゲーム特有のリアルタイム性の中では
どうでもいい程度のもんだったと後で気づく
数値的な成長や蓄積そのものはプレイ中は嬉しいもんだしな
納得できない人はリアルのTCGにかぶれすぎなんだろう

465 :せがた七四郎:2007/02/19(月) 22:03:40 ID:8jsGUH0/
ミティの声優ってか声を当てている人を検索したら…AV女優だったんだが…気のせいだよな?orz

466 :せがた七四郎:2007/02/20(火) 01:39:46 ID:urO0ZE2m
未定はかないみかだろ?そういえば、最近結城の声聞かないな。
このゲーム、成長も宗だが、効果がランダムってのが多いのがよろしくないな。ギャンブルカードはファンデッキ息だぜ、大抵のTCGなら

467 :せがた七四郎:2007/02/20(火) 11:44:19 ID:hALN8a5F
>>466
いや、かないみかじゃなかったと思う。

468 :せがた七四郎:2007/03/12(月) 17:12:34 ID:OQL+wOuI
ほしゅ

469 :せがた七四郎:2007/03/14(水) 22:56:45 ID:uEbku9nR
セレニアのところで出てくるトリニティってキャラの声優誰か分かる人いる?
他に同作中に出てくるっけ?

470 :せがた七四郎:2007/03/15(木) 15:07:33 ID:nzZuRCKn
>>469
そこら辺の雑魚キャラは他のでも使い回してるんじゃないか?
ED見れば声優のってるんだけど…

471 :せがた七四郎:2007/03/24(土) 11:17:05 ID:hS+VpSB2
ミティとキスしたあと、影が重なるっていう表現に、いらぬ妄想をしてしまう

472 :せがた七四郎:2007/04/01(日) 17:37:08 ID:cBrkVVn7
>>469
久しぶりに新規で始めてみたけど
トリニティはセレニアの章ではでてきてないぞ?
ヒトシ君の章で出てきてた。
どうでもいいがw

473 :せがた七四郎:2007/04/02(月) 00:10:47 ID:z5kbDnK6
やこぶだっしょ

474 :せがた七四郎:2007/04/04(水) 21:33:26 ID:ejxzlWxC
>>465-467
さっきスタッフロール見たら須藤和江って人だった

475 :せがた七四郎:2007/04/05(木) 02:56:54 ID:IlfzmKgd
カード絵の統一感の無さは異常

476 :せがた七四郎:2007/04/05(木) 09:50:29 ID:Va6YkwUo
それもエンセクの味だと思うけど。

477 :せがた七四郎:2007/04/05(木) 11:14:37 ID:IlfzmKgd
100倍と幻想のやっつけぶりは異常

478 :せがた七四郎:2007/04/05(木) 23:45:18 ID:eGI6z2Bl
「キュア」や「いやしのなぎ」をはじめ、魔法は絵がショボイのが多いな

479 :せがた七四郎:2007/04/05(木) 23:51:46 ID:kBmIyHMD
ショボイ絵の人は魔法でいいが、うまいのに魔法って人がもったいない

480 :せがた七四郎:2007/04/06(金) 01:38:33 ID:NrafN9ou
ふでのぐrぐりはあれで気合入れて書いて僧だから困る
ていうか誰

481 :せがた七四郎:2007/04/11(水) 09:18:58 ID:QjeDPgKE
しかしああいうカード絵は嫌いじゃない。
ドラクエの昔の攻略本みたいな感じ。

482 :せがた七四郎:2007/04/11(水) 12:48:06 ID:/cDLUtFu
もーちょい予算あれば第二のカルドになれたかもしれないのに…

483 :せがた七四郎:2007/04/11(水) 15:04:34 ID:77t3W2T3
というか、もう少し賢い人間が多ければ売れただろうな

484 :せがた七四郎:2007/04/11(水) 20:45:48 ID:hBp1LyOy
いや単純に続編を数年で連作してれば十分だったろう

485 :せがた七四郎:2007/04/12(木) 13:56:47 ID:EjP1Tbys
名作だった
単発にするには非常に惜しい
DSで出して欲しい

486 :せがた七四郎:2007/04/12(木) 18:13:26 ID:HhAbQra6
今だったら売り込みとか出来るのかな? DS

487 :せがた七四郎:2007/04/14(土) 17:51:32 ID:SMJ7t48r
DSを持ってるのは大人世代にも多く、サウンドノベル全盛期にあたる上に、若い世代に馴染み深い対戦カードバトル要素もある。

タッチペンを利用しより快適になったストーリーモード、ワイヤレス通信による対戦やカード交換は多くのデッキマスターを魅了するだろう

488 :せがた七四郎:2007/04/14(土) 20:20:55 ID:sX/Aiahx
・一部スキルのバランスがよろしくない
・カードの能力にメリハリが無い
・ストーリーモードの文章におかしな部分がある

ということでベタ移植ではないエンドセクター・エキスパンションを希望。
そのままはちと辛いものがー

489 :せがた七四郎:2007/04/15(日) 01:44:47 ID:CuMzbN+D
あと、イブリース詐欺とルキフグスの声も直してくれw

490 :せがた七四郎:2007/04/15(日) 09:12:07 ID:x30ycB0G
ボタン押しっぱにして話飛ばしても、選択肢で止まるようにして欲しい。

491 :せがた七四郎:2007/04/15(日) 21:34:28 ID:KO79LV17
久々に315からの続きを書こうかな

492 :せがた七四郎:2007/04/20(金) 15:26:28 ID:FkGeaWCo
いま作成しているらしいエンセク同人ゲームが、ディアボロのダンジョン並の出来だったら脚光を浴びる

493 :せがた七四郎:2007/04/20(金) 16:34:05 ID:vysSZCcg
>>492期待させていただきます

494 :せがた七四郎:2007/04/26(木) 10:18:38 ID:kld80jaB
面白そうだったので買ってきたよ。

495 :せがた七四郎:2007/04/26(木) 22:50:06 ID:UDtnfSfY
残念。面白くて今まで買わなかったこと後悔するよ

496 :せがた七四郎:2007/04/28(土) 02:02:10 ID:sgDCrneM
>>494
レポよろ。新鮮な意見を聞きたい

497 :せがた七四郎:2007/04/30(月) 22:30:41 ID:sEdRFbGC
ちょっw
誰だよ、ようつべにOPをUpしたのww
ナツカシス

498 :せがた七四郎:2007/05/01(火) 00:39:13 ID:mQbq+2kg
俺も見た。
思わず泣いたw

499 :せがた七四郎:2007/05/01(火) 04:39:36 ID:rc6gQvQ6
対戦シーンとかムービーで配信できる時代になったんですね
見たいなぁ

500 :せがた七四郎:2007/05/02(水) 16:57:42 ID:v1XYrbiB
ムービーみたらうずうずしてきたw
>>487みたいにDSでだしてくれないかなー。完全新作で

でもカードグラフィック集めるだけで金かかりすぎるか…

501 :せがた七四郎:2007/05/02(水) 17:27:57 ID:BzH0cbtu
フリーで集めようぜw

502 :せがた七四郎:2007/05/03(木) 01:53:40 ID:QRHxjirl
そこで公募ですよ
100倍が許されるならクオリティはとわれんだろう

503 :せがた七四郎:2007/05/03(木) 20:25:56 ID:okB00Zg9
>>501-502
いいですね
カードは絵師さんの名前も載るし、クリエーター希望の人なら協力してくれるかも

504 :せがた七四郎:2007/05/04(金) 12:35:10 ID:VX6X/jL4
ABCDというフリーのカードゲームがあってな。
投稿されたカード絵の盗作騒ぎでずいぶん荒れたそうじゃ。

エンドセクター2(仮称)が程よく売れたところで「実はこのカードの絵はココからパクったものでした」と発表したら、会社にとってはさぞかし大打撃じゃろうのう…

505 :せがた七四郎:2007/05/08(火) 10:09:02 ID:KcLrdp9D
悟りを開いてしんぜよう

506 :せがた七四郎:2007/05/08(火) 19:24:33 ID:bXVvdebL
唸れ、炎の鞭!

507 :せがた七四郎:2007/05/08(火) 23:00:37 ID:ZKcgIxPV
にゃあ〜!

508 :せがた七四郎:2007/05/09(水) 00:58:49 ID:mVw0oo02
来たよぼくマーマン

509 :せがた七四郎:2007/05/09(水) 01:19:06 ID:o6QLN/Xt
殺されたいの〜?

510 :せがた七四郎:2007/05/09(水) 02:28:44 ID:oOegoLuK
ちんこーん

511 :せがた七四郎:2007/05/09(水) 07:07:03 ID:P1egg+cX
ビィヤッコォ

512 :せがた七四郎:2007/05/09(水) 17:06:53 ID:UQn12kyO
パズスが頭に手をやったぞ?
何をする気だ?
パズスが角をパズス(外す)!


爆笑した。

513 :せがた七四郎:2007/05/09(水) 20:09:12 ID:oOegoLuK
どうでもいいが、なんだってバン先生水なんだろうな

514 :せがた七四郎:2007/05/10(木) 03:24:49 ID:hJR2sW0C
>>513
戦いとは間合いだ

515 :せがた七四郎:2007/05/11(金) 16:26:25 ID:ZWD+9sID
最近はじめました戦闘面白いですシナリオとかすっ飛ばしてるけどおもすれー

516 :せがた七四郎:2007/05/11(金) 18:41:22 ID:YixU5PA/
シナリオは読むべきだと思う。戦闘こそ適当でもいいかと。

517 :せがた七四郎:2007/05/11(金) 23:21:14 ID:Cn2/zAiX
シナリオを好きにならないやつはオレはエンセクマスターとは認めない

518 :せがた七四郎:2007/05/11(金) 23:50:04 ID:ZpvdWPbL
んだんだ

519 :せがた七四郎:2007/05/12(土) 02:28:14 ID:QNGEQcSn
もったいないな。どっちも美味しいのに

520 :せがた七四郎:2007/05/12(土) 03:26:20 ID:AmZ4G66h
話の展開は面白いんだけど、文が稚拙なのがたまにキズ

521 :せがた七四郎:2007/05/12(土) 17:22:09 ID:4n9+OJJb
書き直したらネ申

522 :せがた七四郎:2007/05/12(土) 17:38:33 ID:NUSFXv+U
一部の絵もな…

523 :せがた七四郎:2007/05/12(土) 18:38:04 ID:QNGEQcSn
久々にやったら文字と背景のドットの荒さに目がドット疲れた

524 :せがた七四郎:2007/05/12(土) 18:48:29 ID:NUSFXv+U
だれがまずいこといえと(ry

525 :せがた七四郎:2007/05/13(日) 14:11:35 ID:QLweGeaR
ヒトシが何なのか結局わからんかった

526 :せがた七四郎:2007/05/19(土) 22:50:36 ID:/eK8FuF7
ひさびさにクリアした。
ひさびさに泣いた。
何やってんだ俺

527 :せがた七四郎:2007/05/20(日) 16:05:30 ID:YLM5w04q
>>526俺ガイルw
俺も昨日クリアしたんだけどw
奴がジェノサイドで自爆して一瞬で勝ったよ

528 :せがた七四郎:2007/05/20(日) 23:37:18 ID:ojV5QWMG
その心をわすれったら終わりだと思う

529 :せがた七四郎:2007/05/24(木) 02:46:32 ID:ncK0xA8P
カルドと比べて悪いが(カルドはやってない)
エンセクも売れてたら、携帯アプリになってお前らと対戦できたかと思うと……目から汗が。

ドミニオン・ゴルゴンは禁止な!
てめえドワーフばっかり入れてるんじゃねえよ!
(´・ω・`)


530 :せがた七四郎:2007/05/24(木) 03:00:01 ID:LLI080dd
パラライズデッキやめれー!

あれ、おいらも目から汗が…(つД`)

531 :せがた七四郎:2007/05/25(金) 00:47:01 ID:JAu7onbq
公式サイトがポイント引き換え制のサービスを始めたり…

フルサイズのカード画像にボイス、着メロフルのダウンロードができたら…

532 :せがた七四郎:2007/05/25(金) 01:28:09 ID:4PVkL3UT
ゲーム自体が月額525円で、カード買うのも金取られ……
地獄を見るにゃ


533 :せがた七四郎:2007/05/25(金) 23:45:32 ID:XcwQaXME
めるぶれはそんな会社じゃないぽ

534 :せがた七四郎:2007/05/26(土) 00:09:20 ID:GyHbqI6h
しかしエビが…

535 :せがた七四郎:2007/05/26(土) 17:00:08 ID:9vkKDqaY
完全攻略本は欲しい

エンセクの公式ガイドブックは持ってるけど、カードリストとシークレットの情報だけじゃなくて、タロットデッキマスター1人1人のプロフィールくらい欲しかった

536 :せがた七四郎:2007/05/27(日) 06:51:29 ID:O/HSVmbA
そんな会社じゃない=道楽で運営できるほどの金がある、ってことじゃ。
めるぶれはそんな金持ちじゃ…

537 :せがた七四郎:2007/05/27(日) 08:12:18 ID:2c4eLadQ
>>536
少なくとも、ネットワーク対戦がメインなんだから、月300〜500は相場。サーバ維持費とかかかるし。
カードは基本的に相手から入手、イベントで入手以外に、「買える」って言うのは選択肢として、嬉しいしあり得る。
会社としてどうか?よりも、最近の傾向としてね。

所詮は妄想('A`)


538 :せがた七四郎:2007/05/28(月) 00:31:17 ID:+lr/VxFw
ならオレが自主出版しる

539 :せがた七四郎:2007/05/30(水) 19:02:42 ID:VQa8S/IB
>>538 おうガンガレ

540 :せがた七四郎:2007/05/31(木) 19:47:36 ID:3Y4m1J3C
エンセクがメジャーになるのは嬉しいような淋しいような…

541 :せがた七四郎:2007/05/31(木) 21:33:18 ID:r1zLOdWz
俺は布教したい
この素晴らしいゲームをみんなに知ってほしい

542 :せがた七四郎:2007/05/31(木) 23:00:00 ID:ccVSERs6
ガンダムもこんなもんなのかな? って最近思うようになった

543 :せがた七四郎:2007/05/31(木) 23:42:07 ID:bsPcNllx
ガンダムのどこがどうこんなものなんだ?

544 :せがた七四郎:2007/06/01(金) 16:21:41 ID:iWXjLGpp
オタクと見られるような流れが。一般人には理解されない

545 :せがた七四郎:2007/06/02(土) 09:30:56 ID:/EFOEcAK
ティフェレトのおいでおいでには引いた

546 :せがた七四郎:2007/06/02(土) 10:26:12 ID:B5nnspwq
イブリースの(ry

547 :せがた七四郎:2007/06/02(土) 16:44:10 ID:/zTY65is
エンセクやりてー

548 :せがた七四郎:2007/06/03(日) 00:49:52 ID:yvMZQIny
PS壊れたし、PS2盗まれたし、PS3買う余裕ないから、PCSX使ってる。bios無くても動く。
実家に帰れば弟のサラ&ドワーフデッキと対戦できる。弟も買ってたのにびっくり。


549 :せがた七四郎:2007/06/04(月) 21:00:21 ID:xcbi5iev
通信対戦は必須だな

550 :せがた七四郎:2007/06/09(土) 21:24:47 ID:APrl55cE
PSP用にリメイクして

551 :せがた七四郎:2007/06/11(月) 18:30:50 ID:Euif5vGi
ベタ移植でも、対戦が手軽だったりで良いかも。
明らかなバグさえ取ってくれたら、PSPごと買いそうだ。


552 :せがた七四郎:2007/06/11(月) 22:56:46 ID:hVubfTM1
オレもPSPほしいんだよね。エンセク出るなら100%買うw
ソニーがんばってくれw

553 :せがた七四郎:2007/06/12(火) 22:31:07 ID:oUWpxL75
ドキッとする時の効果音「ギュン!」
あれは心臓麻痺で死んだんじゃないかと思った

554 :せがた七四郎:2007/06/22(金) 06:41:23 ID:DmOVGifX
マリアの長話を聞いていると洗脳されそうになった

555 :せがた七四郎:2007/06/22(金) 09:33:18 ID:9rhjamSR
エンドセクター
俺の屍を越えてゆけ

このどちらかの続編が出たらPSP買う

556 :せがた七四郎:2007/06/23(土) 01:00:21 ID:ubLsvJVt
>>555
もし出たら俺も買う(^ω^)

557 :せがた七四郎:2007/06/23(土) 16:28:54 ID:RvGDioDK
もちろんおれも

558 :せがた七四郎:2007/06/23(土) 19:24:57 ID:oRWoIojg
俺屍続編は桝田が何回かプレゼンしてるが
SCEが悉く却下してるらしいな

559 :せがた七四郎:2007/06/24(日) 08:35:32 ID:Jt0/m06K
枡田さん本人がもう作らないだろうなぁみたいな事書いてなかったっけ?
作るとしてもほとんど面影が無いくらい変わってるだろうとか。

560 :せがた七四郎:2007/06/27(水) 10:53:24 ID:pnbpQgVF
エンセクはプレゼンしてるのか?

561 :せがた七四郎:2007/06/27(水) 18:09:36 ID:/Mluu6py
エンセク同人進んでるみたいだな
ttp://www3.journey-k.com/~escapism/


562 :せがた七四郎:2007/06/29(金) 00:13:18 ID:59/SpPHC
ほんとに作ってたんだ。興味歩けど、コミケ行かない品

563 :せがた七四郎:2007/06/29(金) 04:06:32 ID:PDWP1eIb
「普通に無料DLできる」にアンティ五枚

564 :せがた七四郎:2007/06/30(土) 10:22:13 ID:R+4nOK/1
>>366
ディアボロの大冒険やってると、エンドセクターはローグライクそのまま行けそうな気がしてきた。
システム的にはポケモンかアザーライフみたいにお供を連れて行けるみたいな。

問題は属性の概念……武器と防具とアクセサリが別の属性なら、それぞれの装備に属性値つけて、対抗・弱は打ち消し優は変化なし……かな。
マナの概念も難しい。折角なら取り入れたい。ハラヘリは……何か食べ物あったかな?


565 :せがた七四郎:2007/07/01(日) 10:54:34 ID:oYHDOcPc
>>563
アンティゴ・マーイ?

566 :せがた七四郎:2007/07/01(日) 16:28:08 ID:rRL8AQB1
PSPでエンセクってできるの?

567 :せがた七四郎:2007/07/02(月) 16:54:11 ID:cvWhYhZP
>>565
アンティ=賭け札
対戦の時、ランダムで相手に渡す枚数

>>566
出来る
パソコン、デーモンツール、公式エミュ、メモステ


568 :せがた七四郎:2007/07/04(水) 21:17:40 ID:6g+lpV/Q
>>567
よもや大魔道の名を忘れたとは言わせん。

569 :せがた七四郎:2007/07/08(日) 04:21:10 ID:gVGVbsld
ロビーvsベヒモス

あれは笑ったw

570 :せがた七四郎:2007/07/11(水) 20:55:56 ID:G1Pt5SvR
ロビーの話が一番ノホホンとしてて楽しかったw

571 :せがた七四郎:2007/07/11(水) 21:45:16 ID:/jQjsv3u
EDP=EDプレイヤー


572 :せがた七四郎:2007/07/15(日) 09:32:11 ID:KPv/j41f
ファンタジー映画とか観るとエンセクもこんなに壮大な世界だったらなぁ、て思う。
大陸を横断する話だし…

573 :せがた七四郎:2007/07/17(火) 01:34:00 ID:lkX6CW1J
>>572
現代の科学力で妄想を爆発させたエンセクをつくりあげるのじゃ!

574 :せがた七四郎:2007/07/18(水) 18:05:47 ID:klFU3lYA
ロードオブザリング並みの映像クオリテイで三部作…見てぇ!!

575 :せがた七四郎:2007/07/27(金) 02:24:11 ID:LBo1orO8


576 :せがた七四郎:2007/07/28(土) 00:33:20 ID:8+zQM1PR
なつかしい…http://www8.atwiki.jp/storyteller/pages/75.html?PHPSESSID=b0d0bbb55b3903ed2419b205a9f38665&flag_mobilex=1

577 :せがた七四郎:2007/08/05(日) 01:55:24 ID:JVwHWvNw
>>576
GJ
とても懐かしい…

もう何周やったかな…
1024枚たまってから捨てても捨てても増えてちょっと大変…

578 :せがた七四郎:2007/08/08(水) 11:14:21 ID:PQNzhQKQ
誰だ、にこ動に全話upしてるのはwwwwwwwww

579 :せがた七四郎:2007/08/08(水) 19:29:10 ID:YPrOFx8P
いやぁ、暑い暑い

580 :せがた七四郎:2007/08/16(木) 22:00:54 ID:S7TXGupW
イブマヤのルポを一話一話更新したらネ申

581 :せがた七四郎:2007/08/16(木) 23:58:23 ID:C5kIOP4Y
ヤヴァいネタが盛り沢山だからな

582 :せがた七四郎:2007/08/17(金) 23:05:54 ID:AYl4lem1
ペガサスは分かりやすかった
それにしても、分からないネタが多すぎる

583 :せがた七四郎:2007/08/19(日) 21:42:24 ID:4bUUtk12
これがオレのコスモだーw

584 :せがた七四郎:2007/08/24(金) 22:13:13 ID:G2YlwGTl
次回作はマケイヌとイブマヤの旅というのはどうだろう?

585 :せがた七四郎:2007/08/24(金) 23:20:25 ID:lzQN8o82
どうでもいいが、なんで師匠こんな名前なんだ

586 :せがた七四郎:2007/08/25(土) 05:15:42 ID:2JS9036+
さすがに「負け犬」じゃないと信じたい

伝説シリーズが好きだったなぁ……
コウメイが全体回復+魔法無効だったら良かったのに
オヅヌ?うん、そんな奴もいたね

587 :せがた七四郎:2007/08/26(日) 21:09:51 ID:Mu7zMJWK
日々、修行なり。は名言

588 :せがた七四郎:2007/08/26(日) 22:50:12 ID:kK8aSb1Y
酒を満たしたグラスに、コインを順番に沈めていく。酒を溢れさせた方の負けだ。
こんな静かな賭けは嫌いかい?
byサガ

ジョジョからもインスパイアされてたのね

589 :せがた七四郎:2007/08/27(月) 09:49:59 ID:OfdieFyn
>>588
でもボイスは「しねーーーーーー」

590 :せがた七四郎:2007/08/27(月) 10:34:17 ID:qWROmXfC
このゲームのボイスは絶対打ち合わせせずに録られたに違いない。

591 :せがた七四郎:2007/08/27(月) 19:56:26 ID:7YijeenX
声とキャラがあってるのってニキータやフーアくらいじゃね?

どっぺるげんがー戦がワールドの次に苦労した件について

592 :せがた七四郎:2007/08/27(月) 20:04:47 ID:cxZdd5Rw
アナベルのセリフ

どうしようってんだい?
子猫ちゅわーゃん

「ゃ」はミス?

そしてボイス

しねーーーーーーーー

もうわけわからん。

593 :せがた七四郎:2007/08/27(月) 20:18:37 ID:T5zUg1tA
>>590
ルキフグスとデスカトリポカか…
まあ、イブリース詐欺に比べたらかわいいか

594 :せがた七四郎:2007/08/29(水) 14:15:13 ID:Z1mT+Ld4
地獄をみるにゃ

595 :せがた七四郎:2007/09/05(水) 13:39:22 ID:qYoZTVEF
ミティの声の人を検索するとAV女優が出てくるのは偶然だよね

596 :せがた七四郎:2007/09/08(土) 08:25:13 ID:v8K+vQhC
ミティなら今俺の朝御飯作ってくれてるよ

597 :せがた七四郎:2007/09/08(土) 19:45:44 ID:215k8i3O
しむらそれイブマヤ

598 :せがた七四郎:2007/09/08(土) 19:55:59 ID:u8NbmTFt
勝負はこれから!

ttp://imepita.jp/20070908/716950

599 :せがた七四郎:2007/09/10(月) 21:54:13 ID:2TRz+jcb
このページを作って二年が経過したか……
まだ600なんだなorz

600 :せがた七四郎:2007/09/11(火) 17:17:01 ID:5UA/YMlo
箱 保留すると、次の箱にいいのが入ってる確率あがるらしいけど
次、ってどこまでの事だ?
一回箱開けたら終わり?それともこれからの箱全部?

601 :せがた七四郎:2007/09/11(火) 18:19:39 ID:fE/699au
>>600
一回開けたら、終わりだよ…
終わりなんだよォォォォーーーっ!!

602 :せがた七四郎:2007/09/11(火) 23:30:05 ID:oyzU1t1N
>>600
600ゲトおめ。

宝箱を開けなかったらグレードは+1される。
最大+4(四回)まで溜められる。

あと、対戦相手の性格と相性の合う範囲の性格のカードが現れる。
(相手がPLならPL〜N。PPならN〜PP)

細かく言うともっと複雑な計算があるけど、本気でコンプリートさせたかったらまた聞いてね。

603 :せがた七四郎:2007/09/12(水) 01:28:38 ID:vZDBoHl2
箱からすでに持ってるのばっかり出てくるな
試練場の最後を目当てにいくしかないのか…

特殊な事しないと取れないカードってあるの?

604 :せがた七四郎:2007/09/12(水) 11:02:03 ID:DQPNcXjW
>602
すげー。初耳情報多し。知らんかった

605 :せがた七四郎:2007/09/12(水) 22:00:41 ID:nNFdjhr4
>>603
ある。
魔法とアイテムがいくつも。

モンスターは、「鉄生ル者」を進化させるのがもったいない
(進化させたのはイベントで強制的にもらえる)
だけで、そいつを進化させなければ全部そろう。

試練場使えばイベントカード以外は大体そろえられるね。
70%は集まるんじゃないかな

>>604
公式攻略本持ってるから^^

606 :せがた七四郎:2007/09/14(金) 12:13:54 ID:+DVa3A7I
確かキリンも手に入りにくいんじゃ無かったかな?
ベルゼブブやヒノカクヅチも選択肢でしか手に入らないとか
基本的に、進化させないと手に入らないモンスター以外は進化させない方向で、何枚でも手に入るカードは自由に進化させる、ってのが多分楽

607 :せがた七四郎:2007/09/14(金) 13:45:57 ID:X/j5ECge
でも、最初はそんなのわからんしなあ

608 :せがた七四郎:2007/09/15(土) 00:07:17 ID:f39JmJ9t
>>606
うん、ベルゼブブとヒノカグツチは選択肢だけだね。

キリンは、「死神」をクリアしてあれば、「星」を通る時に必ずもらえるよ

609 :せがた七四郎:2007/09/16(日) 16:04:29 ID:k33PJKc7
モンスター固有の能力にストーン化無効100%とかあるじゃない?
で、アイテムは装備するだけでストーン化したりするのもある
これを組み合わせて、石巨人+悪鬼デッキを作ったりした
が、石巨人が案外レアカードで困る

610 :せがた七四郎:2007/09/16(日) 20:04:11 ID:7xbPwFbp
>>609
Earth Giantはレア度(15段階中)4だから、そんなにレアでもないよ。

逆に宝箱開けまくった方が出やすいかも

611 :せがた七四郎:2007/09/16(日) 22:14:32 ID:k33PJKc7
>>610
それは良いことを聞いた
大量にムカつかれて来ます

612 :せがた七四郎:2007/09/18(火) 16:01:57 ID:NcS7Lii4
カードが増えてきたら、デッキ構築の画面で×ボタン→SEARCHかSORTで並び替えするといい感じだね

613 :せがた七四郎:2007/09/19(水) 04:05:45 ID:vxvjZRS+
ランク4が消え去ったんけど何?
せっかくシヴァ進化させたのに

614 :せがた七四郎:2007/09/19(水) 07:44:33 ID:GXXlLs1a
>>613
最後のワールドに負けたら、ザノン、ルキフェル、シェンロン、ペレが手に入る
買っても負けても、戦闘終わったら失う(確かワールドも)

どうでも良いけど、ムカついてるのは火巨人だったな……

615 :せがた七四郎:2007/09/19(水) 17:37:37 ID:BI58O8EY
>>614
何周もやったけど、アレはショックでかかったよ…

616 :せがた七四郎:2007/09/21(金) 17:39:50 ID:9riEM+mB
わざと負ける必要があるイベントってなかなか気づかないよね。

1章でファイアーピカロに負けなきゃいけないって、攻略本を買って初めて知ったよ。

>>614
ワールドは大丈夫。

617 :せがた七四郎:2007/09/23(日) 10:46:00 ID:NHse5M9e
誕生日おめでと〜!!!!!!!!!!!!!!

618 :せがた七四郎:2007/09/23(日) 11:06:01 ID:zC0eZC2t
>>617
ありがとう(〃▽〃)

619 :せがた七四郎:2007/09/23(日) 21:58:11 ID:naoa7LUP
どちら様?

620 :せがた七四郎:2007/09/24(月) 02:06:57 ID:DqN/qXFQ
オレ、オレ

621 :せがた七四郎:2007/09/24(月) 22:08:57 ID:nZ1RoLyZ
>>620
DqNってwww

622 :せがた七四郎:2007/09/25(火) 20:12:05 ID:cV98nENn
同人ノリの激しいゲームだったな…
当時はそんなピンクに汚染された世界を知らなかったから、純粋に楽しんだもんだ

623 :せがた七四郎:2007/09/26(水) 14:46:01 ID:icHWZZk2
>>617
エンセクの発売日?


そういや同人のエンセクはまだ完成してないのかな?
結構期待して待ってるけど美少女萌の要素が乱舞しないことを祈りたい

624 :せがた七四郎:2007/09/27(木) 16:34:33 ID:KqSFi+bh
萌え要素なんて余計だよな!
カッコイイストーリー展開に出てこられても迷惑!邪魔!








…でも全然いなくても寂しい

625 :せがた七四郎:2007/09/27(木) 21:40:17 ID:rXeYh1pa
タンデリック・マクホミン様はガチ

626 :せがた七四郎:2007/09/28(金) 12:29:26 ID:eMq2/VhR
一番影の薄いタロットは月

627 :せがた七四郎:2007/09/29(土) 04:09:59 ID:HzLAzDLF
アイスアーマーはある意味エンセクで一番危険なカードだよな

628 :せがた七四郎:2007/09/29(土) 06:22:17 ID:VJB1m+Jk
絵が好みじゃない。俺にとっては妖精環の方が危険だな。
使いやすいからついついデッキに入れてしまうし

629 :せがた七四郎:2007/09/29(土) 11:23:05 ID:Sr9dpAvO
ファランクスハメはガチ

630 :せがた七四郎:2007/09/29(土) 13:43:53 ID:Ip0BTmWb
エンセクのコスプレしたい

631 :せがた七四郎:2007/09/29(土) 19:40:59 ID:HzLAzDLF
>>630
うpうp!w

ちなみに誰に似てる?

632 :せがた七四郎:2007/09/29(土) 22:26:32 ID:EtCkFdXS
>>630
いきなり何を言い出すんだよ
日記でやれよ、キモイよ・・・

633 :せがた七四郎:2007/09/30(日) 00:58:21 ID:I1KVsnub
ふと思っただけだよ。コスプレしようにもめぼしい服とかないし。
コスプレイヤーになるなら、ほかのゲームのコスするぐらいなら、エンセクのをしたい。

634 :せがた七四郎:2007/09/30(日) 02:03:10 ID:bjxadp6L
タンデリックさまでよろ

635 :せがた七四郎:2007/09/30(日) 02:44:34 ID:XWI1bVeZ
ミティにパラライズジャマーを付加し、
バキュームで衣服を吹っ飛ばし、
尻穴へ受刑者のメイスを突っ込みたい。

思ったことを言ってみただけですが、何か?

636 :せがた七四郎:2007/09/30(日) 05:15:30 ID:zo/E8b7O
ヤコブかヒューマンベガーあたりなら簡単だな

637 :せがた七四郎:2007/09/30(日) 11:27:53 ID:I1KVsnub
一番コスチュームっぽいのはイブマヤ

638 :せがた七四郎:2007/09/30(日) 13:33:42 ID:zo/E8b7O
>>637
イブマヤ出すって事は女の子?
じゃあ王道のミティとか。
ガブリエルとかシンプルでカッコイイよね

639 :せがた七四郎:2007/09/30(日) 14:48:12 ID:qD8520E/
もちろん羽の下は全裸だな?

640 :せがた七四郎:2007/09/30(日) 16:11:30 ID:I1KVsnub
個人的にはジュウベイが一番楽そうだよね。あと♂だから

641 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2007/09/30(日) 17:38:47 ID:lbyEDSc6
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!  ////   |      ////   |ヽ i  !

642 :せがた七四郎:2007/09/30(日) 17:38:50 ID:zo/E8b7O
一番楽と言ったらラスボスでしょ
コスプレにならないけど

643 :せがた七四郎:2007/09/30(日) 21:15:56 ID:I1KVsnub
コスプレ会場とかでエンセクのコスプレしても、誰もわからなかったりしてw

644 :せがた七四郎:2007/09/30(日) 22:05:37 ID:zo/E8b7O
絶対わからないって…
オリジナルと思われるか見向きもされないだろうね

元が異常に美形だったら別だろうけど

645 :せがた七四郎:2007/10/01(月) 19:57:57 ID:cW9So1BS
ゼン・ペニテンサーのごついマスターシンボルをすれば注目の的間違いなしw

646 :せがた七四郎:2007/10/03(水) 13:37:50 ID:Oo+sf7qh
昔、全カードをそろえたメモカが壊れたときはショックだったな…

2年前からちょっとずつ0からやり直して、もうすぐ70%。
今度は全DMと全種類のモンスターをLV16にするまで頑張るぞー

647 :せがた七四郎:2007/10/04(木) 15:54:43 ID:PvWV6XgE
対戦してー。
DSかPSPで復活してよアスキー

648 :せがた七四郎:2007/10/04(木) 20:13:21 ID:jwMURKG9
アスキーとメディアワークスが合併へ
ttp://www.itmedia.co.jp/news/articles/0709/27/news088.html

649 :せがた七四郎:2007/10/04(木) 20:32:41 ID:6fpe5Vlx
ということは文庫化かかかかかかかかっかk

650 :せがた七四郎:2007/10/06(土) 22:53:37 ID:pJim/M+4
サウンドノベル+カードバトルができるのはエンセクだけ!

171 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)