2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

村上春樹的アーケード板2

1 :ゲームセンター名無し:04/12/15 03:20:55 ID:???
村上春樹的にアケ板で語ってみるスレ


オーケー認めよう。僕は今なら断言できる。
このスレは僕にとって必要なんだ。


村上春樹的スレガイドライン
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1045924385/
前スレ
村上春樹的アーケード板(html化待ち)
http://game4.2ch.net/test/read.cgi/arc/1081001288/

2 :ゲームセンター名無し:04/12/15 03:22:15 ID:???
−−−−−−−−−− ここまで読んだ −−−−−−−−−−−

3 :ゲームセンター名無し:04/12/15 03:22:27 ID:G1WUtjkB
↑って言うじゃなーい!

    でも

↓ですから!残念!!!!!!!

4 :前スレより:04/12/15 03:26:39 ID:???
「あなたは本当に対戦で勝つ気があるの?」
彼女が真剣な目で僕を見ていた。
「どうだろう、よく分からないな。正直なところ、僕にはさしあたって勝たなければならない理由が無いんだ」
途端に彼女の表情が険しくなった。
「どうして?」
「金があるからさ。たとえ負けても乱入すればいつかは勝てる」
「対戦が終わってお金が無くなったらどうするの?弱キャラ使って負け続ければすぐに対戦は終わってるわ。
それに、一日中ギャラリーとして見てばかりのようなあなたに一体何が出来るっていうのよ?」
彼女の言うとおりだった。僕は彼女と目を合わさないようにビールを一口飲んだ。
「やれやれ」
「今度『やれやれ』なんて言ったら殺すわよ」


・・・・・・やれやれ。


5 :ゲームセンター名無し:04/12/15 03:35:17 ID:???
前スレがまだhtml化待ちなんで、
前スレ参考にしたい人はキャッシュから強引に読むべし

前スレの全キャッシュ
http://www.google.co.jp/search?q=cache:OmAdXjyEdxYJ:game6.2ch.net/test/read.cgi/arc/1081001288/-89+%E6%9D%91%E4%B8%8A%E6%98%A5%E6%A8%B9%E7%9A%84%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%89%E6%9D%BF&hl=ja

http://www.google.co.jp/search?q=cache:h31zce_U_DkJ:game6.2ch.net/test/read.cgi/arc/1081001288/45-+%E6%9D%91%E4%B8%8A%E6%98%A5%E6%A8%B9%E7%9A%84%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%89%E6%9D%BF&hl=ja


6 :ゲームセンター名無し:04/12/15 16:51:11 ID:???
>>1待ってた


7 :ゲームセンター名無し:04/12/15 17:37:05 ID:zc695E+t
支援してみる

8 :ゲームセンター名無し:04/12/16 18:00:23 ID:???
待ってるよ

9 :ゲームセンター名無し:04/12/16 18:48:02 ID:???
:ゲームセンター名無し :04/04/05 21:37 ID:???
「ところで、あなたの最高連勝数は?」
「3」と僕は言った。
「そりゃ少ない。」とウメハラは表情も変えずに言った。
「実に少ない。」そしてまた耳を掻いた。




10 :ゲームセンター名無し:04/12/16 19:20:06 ID:???
かっこう


11 :ゲームセンター名無し:04/12/16 23:20:44 ID:tqCNeKO6
あげ四円

12 :ゲームセンター名無し:04/12/18 08:39:52 ID:???
ダンス・ダンス・ダンス・レボリューション

13 :ゲームセンター名無し:04/12/19 14:46:03 ID:???
闘劇予選の結果はどうだったんですか?と僕は聞いてみた。
「余裕でした。」と梅原さんは何でもなさそうに答えた。
「あんなの普通にやってりゃ勝てるんだよ。GGXXだとかスパ2Xだとかね。
モアでヌキに勝つのと変わりゃしない」
「じゃあまあ余裕だったわけですね」と僕は言った。「本戦はいつなんですか?」
「十月のはじめ。もし優勝したら、美味いもの食わせてやるよ」
「ねぇ、闘劇の本戦ってどんなですか?梅原さんみたいなひとばかりが戦いにくるんですか?」
「まさか。大体は雑魚だよ。雑魚じゃなきゃあ暴れだ。闘劇に出ようなんて人間の95%までは屑だもんなあ。
これ嘘じゃないぜ。あいつらめくり投げにすらろくに対応できないんだ」
「じゃあどうして梅原さんは闘劇にでるんですか?」
「色々と理由はあるさ」と梅原さんは言った。
「昇竜が好きだとか、いろいろな。でも1番の理由は敗北を知りたいってことだよな。
どうせ知るなら1番強い相手で試してみたいのさ。つまりは決勝だよ。
この馬鹿でかい日本のなかで自分を負かせることができる人間がいるのか、
対等な対戦ができるのか、そういうのを試してみたいんだよ。わかるか?」


14 :ゲームセンター名無し:04/12/19 14:57:46 ID:???
「なんだかドラゴンボールみたいに聞こえますね。」
「そうだよ。ドラゴンボールみたいなもんさ。俺には権力欲とか金銭欲とかいうものは殆んどない。
本当だよ。俺は下らん身勝手な男かもしれないけど、そういうものはびっくりするくらいないんだ。
いわば無私無欲の人間だよ。ただ好奇心があるだけなんだ。そして広い世界で自分の力を試してみたいんだ」
「そして理想というようなものも持ち合わせていないんでしょうね?」
「もちろんない」と彼は言った。
「格闘ゲームにそんなものは必要ないんだ必要なものは理想ではなく駆け引きだ。」
「でも、そうじゃない対戦もいっぱいあるんじゃないですかね?」と僕は聞いた。
「俺のようなゲーマーは好きじゃないか?」
「よしてくださいよ」と僕は言った。
「好きも嫌いもありませんよだってそうでしょう、僕は闘劇本戦に出られるわけでもないし、
小足を見てから昇竜できるわけでもないし、スカルティングの3段目をガードキャンセルできるわけでもない。
格ゲー界から崇拝されてるているわけでもなきゃ、バースト読んでDループを続けられない。
筺体に10分程度しか座ってられない。僕に何がいえるんですか?」


15 :ゲームセンター名無し:04/12/19 15:02:01 ID:???
「じゃあ俺の人生がうらやましいか?」
「うらやましかないですね。」と僕は言った。
「僕はあまりに僕自身に馴れすぎていますからね。
それに正直なところ、闘劇にも世界大会にも興味がない。
ただひとつうらやましいのは、2チャンに素敵なスレッドを持ってることぐらいですね」

16 :ゲームセンター名無し:04/12/19 15:15:07 ID:???
彼はしばらく黙って食事をしていた。
「なぁ>>1.」
と食事が終わってから梅原さんは僕に言った。
「俺とお前はここを出て十年だか二十年だか経ってからまたゲーセンで会いそうな気がするんだ。
そして何かのゲームで対戦しそうなきがするんだ。」
「まるでディッケンズの小説みたいな話ですね」といって僕は笑った。
「そうだな」と彼も笑った。
「でも俺の予感って良く当たるんだぜ」
食事の後で僕と梅原さんは二人で近くの蟹スポにSTGしに行った。
そこで9時過ぎまでそこで共同プレイをしていた。
「ねえ梅原さん。ところで貴方の対戦の駆け引きって一体どんなものなんですか?」
と僕は訊いてみた。
「お前、きっと笑うよ」と彼は言った。
「笑いませんよ」と僕は言った。
「紳士であることだ」
僕は笑いはしなかったけれどあやうく一機落としそうになった。
「紳士ってあの紳士ですか?」
「そうだよ、あの紳士だよ」と彼は言った。
「紳士であることってどういうことなんですか?
もし定義があるなら教えてもらえませんか?」
「自分が昇竜したいときに昇竜するのではなく、昇竜すべきときに昇竜するのが紳士だ」
「あなたは僕がこれまで会った人の中でいちばん変わった人ですね」と僕は言った。
「お前は俺がこれまで会った人間のなかでいちばんまともな人間だよ」と彼は言った。
そして火蜂を落としてくれた。

17 :ゲームセンター名無し:04/12/19 16:20:45 ID:???
妙にマッチしてるな

18 :狼忍聖GT-尺ver.V:04/12/22 02:26:52 ID:sMRVDmeM
とりあえず>>13がノルウェイの森っぽいことはわかった。

19 :ゲームセンター名無し:04/12/22 03:00:14 ID:TRsbZzV7
場末の街と
 ゲームセンター・レジャーランド

20 :ui:04/12/22 13:57:24 ID:uN3q1Sng
yui

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)